【移住おすすめ】都会と田舎の良さをあわせ持つ豊かな街「千葉県・茂原市」の魅力

【移住おすすめ】都会と田舎の良さをあわせ持つ豊かな街「千葉県・茂原市」の魅力

千葉県のほぼ真ん中に位置し、東京からは特急で53分と都心へのアクセスが良好。自然あり市街地あり!普段の買い物にも便利で、休日には自然の中でアクティビティやドライブが楽しめます。「まち」と「いなか」をバランスよくいいとこ取りをしながら生活できるのが魅力。また、気候も温暖で過ごしやすく、茂原市を起点として、周辺地域には人気のゴルフ場が多く点在します。

都会の喧騒から離れて、自然に癒されながら自分らしい暮らしがしたい・・・。
そんな方々におすすめなのが茂原市!
テレワークが浸透した近年は自然豊かな田舎を求めて移住する若年層が増えています。
この記事では、

・移住のメリット
・実際に都心から移住した方の声

を中心に茂原市の魅力をお伝えしていきます。

U-bokuは行政メディアとして100行政以上と連携して記事制作をおこなっています。
また、Yahooニュースや時事通信にも取り上げていただきました。
こちらの記事も実際に行政様へヒアリングをおこない、記事の確認後、公開しています。
透明性の高い記事となっていますので、ぜひ参考にしてみてください。

茂原市の魅力

あふれる緑と広がる田園、彩り薫る四季の花々。
「いなか」を感じる豊かな自然と「まち」の利便性を併せ持つ房総の中核都市「茂原市」。
勤める、お店を開く、農業する、作品創作する、子育てを楽しむなど、ここでの暮らしは十人十色。

自分色のカラフルな暮らし方ができるから、気持ちにも余裕が生まれみんながナチュラルに・・・それが「もばら」の魅力です。

魅力その① 東京から特急で53分!通勤・通学やお出かけに便利

市内にはJRの3つの駅があり、東京駅から特急で53分と好アクセス。また、市内を通る圏央道の3つのIC(インターチェンジ)により、都心や空港へのアクセスも一段と便利に。

魅力その② 自然に恵まれている

子どもも大人も一緒にお出かけを満喫できる自然スポットがたくさん!

ピクニックやお散歩に最適 茂原公園


春には桜が満開に咲き乱れ、たくさんの観光客で賑わう茂原公園ですが、そのほかにもつつじやリンドウなど四季折々の植物が楽しめます。近頃は、茂原公園に咲く白つつじの花酵母を使ったパンが誕生!そのパンで作ったマリトッツォが密かなブームになっているとかいないとか・・・!?

子どもが喜ぶアトラクション満載の萩原公園

本物そっくりの信号や横断歩道があり、自転車や三輪車・カートなどの乗り物(無料貸し出し)で楽しく走り回っているうちに、いつの間にか交通ルールが身についちゃう!?
小さいお子様連れに大人気の公園で、公園中央にはあの大人気アニメの列車のモデルになったといわれる8620形蒸気機関車が。映えスポットを探して、親子で、カップルで楽しんでみてはいかが?

魅力その③ お買い物に便利な繁華街や、有名作品のロケ地も!



市の中心地である国道128号沿いはショッピングセンターや大型店舗、飲食店が立ち並び、生活用品を一通り買い揃えることができます。また、茂原駅周辺や県道14号(通称:茂原街道)沿いにも地域ならではの美味しいお店が立ち並んでいます。

また、茂原市は映画やドラマの撮影を積極的に誘致しており、ロケ地には撮影にまつわる「ロケ地パネル」を設置しています。ここ「榎町商店街」では、ワルシャワ国際映画祭にて邦画初となる最優秀アジア映画賞や日本アカデミー賞を受賞した映画「浅田家!」など、多くの作品のロケ地になっています。
茂原を観光するなら「ロケ地マップ」を手にロケ地巡りを楽しんではいかがでしょうか。

魅力その④ 楽しいイベントやお祭りが盛ん!

茂原七夕まつり
毎年7月下旬に市内商店街で開催される茂原の夏の風物詩。関東屈指の七夕まつりとして知られ、開催中は竹飾りをはじめ、七夕飾りで埋め尽くされます。
鼓笛隊パレードやもばら阿波おどり、YOSAKOIおどり、子供みこしなどがおまつりを盛り上げ、また、まつりの中心にあるフェスタ会場ではダンスや歌のステージなど数多くのイベントが催され、大きなにぎわいを見せています。


茂原桜まつり
茂原桜まつりは「日本さくら名所100選」にも選ばれた桜の名所。満開の桜と朱色の弁天堂の組み合わせはまさに絶景で、ドラマのロケ地にも使われています。また、夜間は桜がライトアップされ幻想的な雰囲気に。春の麗らかなお日様に包まれた桜、月光に照らされ艶やかな桜、あなただけの絶景スポットを探してみてはいかが?

魅力その⑤ 新鮮な野菜が毎日手に入る


茂原市は温暖な気候に恵まれているため、コメや秋冬ネギのほか、トマト、イチゴ等の施設園芸が盛んです。また、地元の消費者に安全安心で新鮮な農産物を提供する地産地消の拠点として、農業者経営による農産物直売所「旬の里ねぎぼうず」が地元でも人気のお店となっています。

魅力その⑥ 移住・子育てなど生活の支援制度が豊富

生活や育児に必要な資金を助成する制度の一部を紹介します。

・0歳〜中学3年生までの医療費を一部助成

通院1回、入院1日につき300円、調剤は無料。
詳しくはこちら

・産前産後サポートセンター


市では、安心して妊娠・出産・育児ができるよう、妊産婦さんの切れ目のない支援のため、市保健センター内に「産前産後サポートセンター」を開設しています。
母子の総合相談窓口(母子健康包括支援センター)として、保健師や助産師等の専門職が相談に応じ、関係機関と連携して必要なサービスへとつなぐなど、ワンストップで対応します。来所できない方は、助産師等が訪問することもできます。詳しくはこちら

・おめでとう赤ちゃんセットの配付

「出産のお祝い」として、提携店舗で使用できる子育て応援チケット(金券)と茂原市マスコットキャラクターのモバりんグッズ(エコバック・ハンドタオル・コップ)を配付しています。
詳しくはこちら

・ファミリー・サポート・センター

会員同士が、子どもの預かりや塾などへの送迎を行う相互援助活動の手助けを行っています。
詳しくはこちら

・おむつ用ごみ袋の無償配付

0~3歳のお子様のいる世帯を対象として、おむつごみ用に可燃物ごみ袋(20ℓ)を年間50枚無償で配付しています。
詳しくはこちら

・茂原市三世代同居等支援事業補助金

親及び子の世帯のいずれかまたはその全部が市内へ転居し、親・子・孫の三世代で同居または近居をする方に、住宅取得等の費用の一部を補助します。
工事費等の住宅取得費用の2分の1を対象に、新築・購入の場合は上限80万円(市内業者による場合は100万円)助成。増築は上限30万円(市内業者による場合は50万円)の助成あり。
詳しくはこちら

・空き家バンク制度

茂原市では、市内にある空き家を有効活用を通じて、移住・定住の促進による地域の活性化を図るため、「空き家バンク」を実施しています。
移住・定住用の住居としての利用のほか、サテライトオフィスなどのテレワーク拠点としても活用できます。
詳しくはこちら

・空き家バンク登録物件リフォーム補助金

茂原市空き家バンクに登録された空き家の売買、賃貸借に伴うリフォーム費用について最大50万円を補助します。
詳しくはこちら

茂原市はワーケーションに最適なまち!

午前中はコワーキングスペースでお仕事したら、午後は家族や友達とロケスポット巡りをしたり、ちょっと足を伸ばして海や森で遊んだり。そして夜は市内の多種多様な飲食店で舌鼓を打つなど、充実した日々を送ることができます。

コワーキングスペース 市民センター

場所:総合市民センター3階(茂原市町保13-20)
開設時間:8時30分~19時00分
利用料:無料
設置期間:令和4年3月末まで

もばらワークステーション

場所:茂原ショッピングプラザ・アスモ(茂原市高師1735)
開設時間:10時00分~20時00分
利用料:1日500円(支払いは現金のみ。アスモひめはるポイントが付与されます。)
設置期間:令和4年3月末まで

茂原市へのアクセス

電車を利用する場合

・JR東京駅からJR茂原駅まで特急列車で約60分。
・市役所へはJR茂原駅から路線バス「長南方面行き(1,4,6番乗場)」に乗り、「西町」バス停を下車・徒歩5分
・市民バス「南部「五郷」コース(6番乗場付近)」に乗り、「市役所」バス停を下車すぐ

車を利用する場合

・新宿~東京湾アクアライン~圏央道「茂原長南IC」「茂原長柄SIC」まで約60分
・新宿~京葉道路・東関東自動車道~千葉東金道路~圏央道「茂原北IC」「茂原長柄SIC」まで約60分
・新宿~京葉道路・東関東自動車道~千葉東金道路「大宮IC」~県道67号~千葉外房有料道路「終点」まで約60分

高速バスを利用する場合

・横浜駅から羽田空港、アクアライン経由で約100分
バス時刻表(別ウインドウで開く)

都心から茂原市へ移住した人へインタビュー

東京で営業職だった男性と保育士だった女性。
夫婦で移住を考え始めたのは7〜8年前のこと。

移住のきっかけは?

奥様:カフェの開業を目指していました。そこで、カフェを開く場所は「自然と街とのバランスが程よい場所、古民家」をイメージしていました。探し求めていたところ「茂原」にたどり着きました。それからは、古民家の再生のために自分たちの力でコツコツとDIYし移住した2年目の年にお店をオープンさせました。

カフェの仕事はどうですか?

奥様:コーヒーの焙煎もスイーツ作りも面白いから、カフェの仕事は楽しい。100円でもコーヒーが飲める時代。その4倍以上の値段をいただくには、お客様に選ばれる工夫が必要。人との繋がりから学ぶことはとても大きいです。

茂原の暮らしやすさはどうですか?

旦那様:勤務先は車で15分。通勤のストレスもないです。自然も人も街も近くにあり、無理をしなくていい暮らし。「刺激が欲しくなる時もありますが、そんな時は約1時間でいける東京へ。この距離感もちょうどいいです。」

茂原市でのんびり自然豊かな暮らしをしてみませんか?

ファミリー世帯も、単身世帯ものびのびとした環境で生活できる良い環境です。
一度、茂原市へ遊びに足を運んでみませんか?

移住のご相談については企画財政部企画政策課までお気軽にお問い合わせください!

【移住おすすめ】都会と田舎の良さをあわせ持つ豊かな街「千葉県・茂原市」の魅力
最新情報をチェックしよう!
WRITER