【移住おすすめ】全国で一番人口が少なくのびのび自然豊かな暮らしができる北海道・歌志内市の魅力
  • 更新:2021年12月28日

【移住おすすめ】全国で一番人口が少なくのびのび自然豊かな暮らしができる北海道・歌志内市の魅力

歌志内市は、北海道のほぼ中央に位置し、人口が約2,930人と全国で一番人口が少ない市です。周囲を緑あふれる山並みに囲まれ、狭い山間を山岳地帯に源を発するペンケウタシュナイ川が東西に貫流し、この両岸に続く平坦地と斜面が歌志内市のたたずまいです。

都会の喧騒から離れて緑に癒されたい・・・
そんな方々におすすめなのが歌志内市!
リモートワークが浸透した近年は、自然豊かな田舎を求めて移住する若年層が増えています。歌志内市は、自然豊かで暮らしやすいだけではなく、定住奨励金の支給や無料で受けられる子育て支援など生活をサポートする制度が充実していることでも注目されているのです。この記事では、

・移住のメリット
・実際に都心から移住した方の声

を中心に地方への移住を検討している人、自然豊かな場所でワーケーションをしたい人向けに魅力をお伝えしていきます。

U-bokuは行政メディアとして100行政以上と連携して記事制作をおこなっています。
また、Yahooニュースや時事通信にも取り上げていただきました。
こちらの記事も実際に行政様へヒアリングをおこない、記事の確認後、公開しています。
透明性の高い記事となっていますので、ぜひ参考にしてみてください。

歌志内市の概要

緑あふれる山並み

面積55.95平方キロメートルの歌志内市は、その約75%を森林が占め、ペンケ山を主峰とする東部と南部は、他の600メートル前後の山々を境として芦別市に接し、北部は赤平山、かもい岳を境として赤平市に接しています。また、西南部から西部は、次第に拓けて砂川市と上砂川町に接しています。美しい秀峰や自然に恵まれ、めぐる季節ごとに表情を変えて、住む人、訪れる人々を魅了する緑の大地です。

自然アクティビティが楽しめる

市内を縦断するサイクリングロードがあり春ごろはサイクリングロードを包み込む桜のトンネルができます。かもい岳は年中通して登山が、冬季はかもい岳スキー場で雪遊びを楽しめます。温泉は遊び疲れを癒すチロルの湯がオススメです。

炭都として栄えた歌志内

郷土館ゆめつむぎでは、炭鉱長屋のくらしや採炭現場の移り変わりを見ることのできる炭鉱シアターなどの映像展示に加え、炭鉱で実際に使われたコールピックなどの採炭機材から、手宮・幌内間開通後、道内で二番目に開通した鉄道 歌志内線の資料ほか、白黒テレビや電気洗濯機、ちゃぶ台ほか生活用具の数々など、昭和30年代タイムスリップしたかのような懐かしさを体験することができます。

札幌や旭川まで車で約1時間

車があれば、札幌や旭川までの通勤やお出かけも便利です。
札幌・・・道央自動車道経由で約60分(奈井江砂川インター下車)
旭川・・・道央自動車道経由で約50分(滝川インター下車)

郷土料理「なんこ」

産炭地で食べられていた料理で、馬の腸をやわらかくなるまで煮込んで、味噌で味付けしたものです。これに、こんにゃく、竹の子、たまねぎ、ごぼうなどの具を入れる調理法もあります。具の種類や隠し味(ショウガ、にんにくなど)などの違いが、それぞれの「家庭の味」を作り出しています。

野菜が美味しい

特産品のチロルレタスはみずみずしくて味にえぐみがなく、芯まで柔らかいため、野菜が苦手な方でも食べやすいのが特徴です。

移住者すると受けられる支援が充実

最大500万円の奨励金

市内に住宅を取得された方に対し奨励金を交付します。特に市が分譲・販売している住宅用地を購入する場合は、最大500万円を交付。詳しくはこちら

新築だと・・・

最大300万円をプラスするには・・・

充実した子育て支援。無料で受けられる支援も豊富

全て無料!

・18歳までの医療費
・認定こども園保育料とその給食費
・学校給食費
・修学旅行費

一部助成

・高等学校等就学支援金(3年間毎月1万円)
・子育て用品レンタル費用
・不妊治療費
・各種検診・予防接種等

お試し移住を兼ねたワーケーションをしてみませんか?

自然が豊かで子育てものびのびしやすい環境が魅力的!
だけどいきなり知らない土地に移住するのは不安・・・

そんな方にオススメなのがワーケーション!

午前中はサイクリングやパウダースノーのスキー体験を楽しみ、午後からはホテルのお部屋でリモートワーク、地元の食材に舌鼓を打つ、なんて過ごし方が可能です。

短期移住生活体験がおすすめ

短期移住生活体験者を募集しています!

歌志内市へ移住又は定住を検討している人必見!
市内の宿泊施設を活用してお手軽に歌志内を知ることができる「短期移住生活体験者」を募集しています。

【対象】
上記の活動を実施するため、施設に連続して2日間宿泊できる方
市外に住所がある方で、原則20歳以上の2名1組
市が実施する調査に協力できる方

【こんなことをしていただきます】
あなたが考えた活動の成果を教えていただきます。
歌志内で4つの体験をしていただき、感想を教えていただきます。
その他調査に協力いただき、ホームページ等に掲載させていただきます。

体験期間:2泊3日
体験方法:体験者の申請による
料金:宿泊費(2泊2朝食)は無料

※歌志内市HPから情報を抜粋

▶︎お申し込みや詳細はこちらから

移住体験をした人の声

歌志内市で移住生活体験をした理由

子ども(3歳)を安心して育てることができる環境を探していました。子どもの発育に有害なものがたくさんある社会なので、少しでもその影響を少なくするために色々な情報を探していましたが、歌志内のポスターを見て名前を知り興味を持ちました。
子育てに色々と取り組んでいることが最も興味があります。安心して外で遊ばせたり学習に取り組めるところ、例えば幼稚園でスキー学習を取り入れたり、ALTの先生が幼稚園に来て英会話を教えてくれるなどに興味を持ちました。そのほかにも子育てに色々と力を入れていて、子育てに対する出費が少なく済みそうな感じがしています。

歌志内の魅力はどんなところでしょうか?

なんと言っても自然ですね。そこで採れる新鮮野菜も魅力です。朝食で食べたトマトなどの夏野菜、とてもおいしかったです。それと子育てをするにあたって、自分が育ってきた時代になかったものに対する不安があります。大気汚染が懸念される場所に不安を感じるため、できるだけ子どもにはそのような環境にいてほしくありません。歌志内は都会などにある環境とは違い、私を含め、このような認識を持った方の子育てにはぴったりと感じました。

最後に、歌志内に対してアドバイスやメッセージがありましたらお願いします。

子育て支援の内容を聞いて、とても魅力を感じています。幼児の段階からALTによる英語教育をしてくれるのは特徴的だと感じました。学習面で英語教育に力を入れているのはアピールできる点だと思います。英会話や英検受験など、幼稚園や小学校でもっと英語教育に特化すると特徴のあるマチになるのではないかと考えます。山の中の小さな市で、しかも公立の幼稚園や小学校で英語に特化した教育をしてくれるなんて魅力的だと思います。歌志内で知り合った方すべてがやさしくいい方達でした。自然が壊されずに残っているのは魅力です。これからもこの自然を大切にしてほしいです。私も移住を決めたときにはお世話になりますので、そのときはよろしくお願いします。

▶︎他の移住体験者の声を見る

歌志内市でのんびり自然豊かな暮らしをしませんか?

ファミリー世帯も、単身世帯ものびのびとした環境で生活できる良い環境です。
一度、歌志内市へ遊びに足を運んでみませんか?
また、移住を検討しているがいきなり移住するのはちょっとハードルが高い・・・という方は、企画財政課企画広報グループまでお気軽にご相談ください!

お問い合わせ先
歌志内市 企画財政課企画広報グループ
〒073-0492
北海道歌志内市字本町5番地
TEL:0125-42-3214

歌志内市へのアクセス方法

【東京から飛行機で】
東京-札幌:1時間30分
東京-旭川:1時間35分

【札幌・旭川から歌志内市まで】
車で
札幌から道央自動車道経由で約60分(奈井江砂川インター下車)
旭川から道央自動車道経由で約50分(滝川インター下車)
バスで
滝川駅前から砂川経由で約60分
赤平駅前から約20分

\歌志内市PR動画/

【移住おすすめ】全国で一番人口が少なくのびのび自然豊かな暮らしができる北海道・歌志内市の魅力
最新情報をチェックしよう!
WRITER