多彩な魅力があふれる兵庫県香美町で自分らしい移住ライフをスタートしませんか?

多彩な魅力があふれる兵庫県香美町で自分らしい移住ライフをスタートしませんか?

海・山・里の3つの魅力と出会えるまち・兵庫県香美町で、自分らしい移住ライフをスタートしませんか?

広大な日本海から美しい里山まで、豊かな自然の恵みに包まれたこの町は、自分だけの輝き”を叶えられるフィールドが整っています!

そこで今回は兵庫県香美町での移住ライフについて、自分の旗(=信念)を掲げて香美に暮らす若者のリアルな声とともに、魅力をたっぷりと解説していきます。

兵庫県香美町ってどんな町?

香美町は日本海に面する兵庫県北部に位置しています。日本海から山間部にわたっているため、夏は暑く、冬は積雪もあり寒い、一年を通して四季を感じられる自然豊かな地域です。

海・山・里の3つのエリアがあり、関西では香住漁港でしか水揚げされない「香住ガニ」、神戸牛や松坂牛の素牛となる「但馬牛」など食の魅力が多い土地でもあります。

 

“何もないけど何かある”町

香美町は、漁業や農業などの町を支えてきた「伝統的な暮らし」と、ゲストハウスやカフェ、オルタナティブな場所を巡る「若い世代を中心としたコミュニティの暮らし」が混ざり合う場所。

スキーやマリンスポーツ、キャンプなど自然を感じるアクティビティも豊富で、”自分らしい何か”を探して活躍できる場所。

そんな、「何もないけど何かがある」町が、香美町の魅力です。

 

アクセス面:隣接する中都市へ通勤圏内

隣接する中都市の豊岡市や、隣県の鳥取市までは通勤圏内。昼は都市で働き、夜は静かな暮らしへ帰るベッドタウンとしても便利です。

そのほか、中都市との2拠点ワークにもアクセス面で非常に良好。自分らしい自由なはたらき方を選択できます。

⇒詳しいアクセス情報はコチラ

 

ココが魅力!香美町のイチ押しポイント

四季の変化や自然を身近に感じながら、ゆったりと、自分らしく活躍できる。

そんな暮らしが待つ香美町の魅力について、『子育て・暮らし・仕事』の3つの側面からチェックしていきましょう!

 

【魅力その1】小さな町だからこそできる充実した子育て環境

香美には、都会では得られない豊かな子ども時代の過ごし方が待っています。

小さな町の小さな学校ならではの、チャレンジングで独自性の高い教育環境が整っています。例えば…、

・学校間スーパー連携チャレンジプラン

小規模校のまま統廃合せず、町内の学校を連携することで、仲間づくりと手厚い学習指導体制を実現。

・土曜チャレンジ学習事業

地域資源を活かしたアウトドアや環境体験をなどを通じて、自然や地域の人々とのつながりを実現。

子どもたちにとって豊かで有意義な「土曜日」に。

などなど、貴重な子ども時代に、学年や学校の垣根を超えて学び合える環境が整っています。

さらに、独自のカリキュラムを取り入れた高等学校も大きな魅力のひとつ。町外からの入学希望者も多く、香美町ならではの教育を象徴しています。

 

【魅力その2】安心感バツグンな移住支援制度

地方移住で欠かせないのが、安心して暮らせる「住まい」。香美町では、空き家バンクと移住支援制度がタッグを組み、新しいライフスタイルの構築をがっちりサポートしてくれます。

~「住まい」×移住支援制度まとめ~

  • 空き家バンクでぴったりな住まいが見つかる!
  • 移住相談なら現地への交通費最大3万円支給!
  • お試し暮らしなら最大2.5万円/月の家賃補助(最大12ヶ月)!
  • 空き家バンク住宅の購入で最大50万円も支給!
  • 空き家リフォーム代に最大100万円の助成金あり!

などなど……!

自由で多彩な、香美町ならではの暮らしを豊かに叶えるために、経済面での強力なバックアップ体制が整えられています。

⇒詳しい支援内容はコチラ

 

【魅力その3】若者をサポート!充実した起業支援制度

移住に欠かせないもうひとつの要素が、「働く」という仕事面ですよね。多様な自然、伝統、生き方、魅力が混ざり合う香美町なら、自分らしく働ける場所が見つけられるチャンス大。

そんな若者の未来をサポートするべく、香美町全体をあげて、就労や起業・創業を支援してくれます。

~「仕事」×支援制度まとめ~

  • 空き家の活用・起業に最大200万円以内の助成金支給
  • 町内在住者の創業に最大50万円を助成
  • 空き家を利用したIT関連企業への支援事業あり
  • 町内企業への手厚い就労サポート
  • 企業の魅力を伝えるオンラインフェアの開催

上記以外にも、さまざまな形で若者の「香美で働く」を手厚くサポートしてくれます。

また、香美町にはどんな企業があり、どんな仕事があるかをじっくりチェックできる「企業ガイドブック」も用意されています!

香美の魅力もぎゅっと凝縮された1冊。自分の理想を叶えられるチャンスが見つかるかもしれません♪

⇒「香美町企業ガイドブック」はコチラ

 

【体験談】先輩移住者の声

最後に、自分の旗(=信念)を掲げて香美に暮らす方々のリアルな体験談をご紹介いたします。

好きなことに囲まれて過ごすための、「たった一つの出会いの見つけ方」

森田洋子さん

香住生まれ香住育ち。高校での寮生活を機に香美町から離れ、その後は京都の大学へ進学。2012年に仕事の縁から帰郷し、現在は但馬を拠点に音楽活動を行うバンド「ヌーピーズ」のキーボード担当やカメラ部活動など、「好きなこと」を暮らしにたくさん取り入れている。

「あったらいいな」を自分たちの手で作りあげる

帰郷当初は都会の暮らしが恋しかったという森田さんですが、ある一つの「出会い」が、物足りなさを拭えなかった日々に一石を投じます。それが、現在のバンド「ヌーピーズ」のリーダー、平尾さん。

「そのうち、地元や京阪神のバンドメンバーとどんどん繋がり、アドバイスをもらったり演奏を聞いたりして、いつの間にかハマってしまいました」

ヌーピーズを知らない人とライブで出会い、音楽を通して思いを届けることができたときに大きな喜びを感じるといいます。現在は京阪神各地のライブハウスで演奏するほか、地元但馬では演奏だけでなくイベントのホストも務めています。

あるひとつの出会いが芋づる式に面白い人との出会いに繋がり、森田さんは今、音楽や写真など好きなことを一緒に楽しむ仲間や、暮らし方・働き方が面白いと感じる人たちに囲まれて充実した日々を過ごしています。

網の目状に楽しい出会いが続く、地方ならではの人とのつながり方

「人とのつながり方が都会と地方はちょっと違います。都会なら放射状、地方なら網の目状」

ジャンルも年齢もカテゴリーを問わずに縦横無尽に人がつながっていくのが、地方ならではの人間関係の面白さだと森田さんは話します。

好きなことやワクワクすることを暮らしに取り入れるために大切なのが、人とつながること。一歩踏み出してみることで、見える景色が変わるような素敵な出会いがすぐそこに待っています。

⇒インタビュー全文はコチラ

 

自分らしく輝ける町・香美で、理想の移住スタイルを

広大な海と、山と、自然と、自由と、豊かさと-。

多くの魅力がぎゅっと詰まった場所が、香美町です。

何も無いけど、何かある。自分らしく輝くために、自由に活躍できる自由なフィールドが広がる香美町で、“憧れの地方移住”をスタートしませんか?

 

町役場に空き家バンクや補助制度などに関する相談窓口があるほか、もっとじっくり香美町のリアルな話を聞ける「香美町まちなか移住相談室」もあります!

SNSでリアルな情報も発信されていますので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

⇒SNS情報はコチラ

 

多彩な魅力があふれる兵庫県香美町で自分らしい移住ライフをスタートしませんか?
最新情報をチェックしよう!
WRITER