【2022年最新情報あり】淡路島移住するなら洲本市へ!まちの魅力を紹介

【2022年最新情報あり】淡路島移住するなら洲本市へ!まちの魅力を紹介

淡路島の中央に位置し、山と海に囲まれたほど良い田舎ながら、都会へのアクセスも抜群の兵庫県洲本市。

(↑洲本市PR動画です。クリックすると再生されます。↑)

洲本市は
子供を田舎でのびのびと生活させたい
だけどいきなり何もない田舎に住むのは不安
たまには都会に出てお洒落なお店にも行きたいし・・・
といった方におすすめの移住先です。

総合人材サービス大手のパソナグループが、本社機能を東京大手町から淡路島に移転すると発表したこともあり、淡路島は首都圏に住む方からの移住・ワーケーション先として、今まさに注目を集めています。

洲本市は瀬戸内海気候に属するので、年間平均気温16℃と、1年を通して温暖です。
また雨が少なく、積雪もほとんどみられません。
子供も毎日外に出て、自然と触れ合いながら成長していきます。
休みの日はちょっと海まで散歩したり、京都・大阪・神戸までお出かけしたりと田舎も都会も両方満喫できます。
洲本温泉でまったりするのも良いでしょう。
洲本市にもスーパーやホームセンターはあります。

また明石海峡大橋や大鳴門橋を使えば、大阪まで車で2時間、神戸や徳島までは車でたったの1時間でアクセスできます。
関西と四国、どちらにも気軽にアクセスできるのも洲本市の魅力の一つです。

U-bokuは行政メディアとして100行政以上と連携して記事制作をおこなっています。
また、Yahooニュースや時事通信にも取り上げていただきました。
こちらの記事も実際に行政様へヒアリングをおこない、記事の確認後、公開しています。
透明性の高い記事となっていますので、ぜひ参考にしてみてください。

洲本市の魅力とは?


都市部へのアクセスが良い洲本市ですが、実は洲本市自体にも「移住したい!」と思える魅力がたくさんあります。

【洲本市の魅力 その1】食べ物が美味しい!

洲本市は海の幸も山の幸も一度に欲張れる贅沢な場所です。魚種の多さと味の良さは折り紙付きの淡路島ですが、とれた魚を新鮮な状態で食べられます。
また淡路ビーフとして知られる淡路和牛の畜産も盛んです。
さらに糖度が高く甘い玉ねぎも有名です。

ちなみに洲本市は、兵庫県内のふるさと納税受入額で、4年連続県内1位を獲得しています。
洲本市へのふるさと納税で受け取れる返礼品は、淡路ビーフの切り落としやハンバーグがメインです。

ふるさと納税で洲本市の淡路ビーフを堪能するのも良いですが、洲本市に移住してしまえば、好きな時に淡路ビーフを食べられますよ。

【洲本市の魅力 その2】自然と伝統文化を感じられるまち!


首都圏在住の方が田舎への移住を検討する最大の目的が「自然」です。
普段コンクリートに囲まれた都会で暮らしている方が、数ヶ月や数年に1回田舎に旅行すると、その色の鮮やかさに驚きます。
子供もどこか活き活きして見えるのではないでしょうか。

洲本市には白砂青松が美しい海水浴場、四季折々の花が咲き誇る施設、様々な効能を楽しめる温泉など自然が充実しています。
家から一歩出るとすぐに自然を満喫できます。
海にも山にも囲まれて、憧れの田舎ライフを実現できますよ。

淡路島には伝統芸能や民間信仰などが多く残っており、お祭りも頻繁に開催されます
豪勢な布団だんじりや舟だんじりのほか、阿波踊りが登場する夏に洲本市で催される島祭りなどがあります。
首都圏だと、地域によっては盆踊りがあるかもしれませんが、伝統的なお祭りはなかなかありません。
これまではテレビや雑誌でしか見ることがなかった伝統的なお祭りに実際に参加してみるのは
とっても良い経験になること間違いなしです。

【洲本市の魅力 その3】便利な日常生活と都会へのアクセスの良さ!


田舎への移住で最も困るのが、日常生活です。移住先が田舎すぎると、買い出しをするのに片道1時間、病院に行くには山を越えたり島から本土に渡らなければならなかったりと大変です。
しかし洲本市は、自然に囲まれつつも大手スーパーやホームセンターがいくつも出店しており、日常生活で困ることはありません
洲本市中心部には、ショッピングセンターもあって便利です。

子供の教育に関しても、私立中学校が1校、公立高校が5校、私立高校が1校あります。また看護大学、大学(農学部)、専門職大学院、専門学校もあります。学習塾もいくつもあるので、レベルの高い高校や大学への進学を目指す子供の学習環境も安心です。
関西圏へのアクセスが良いので、子供の大学進学後は、洲本市の自宅から通学しても良いですし、もし関西圏で一人暮らしをしたとしても、簡単に洲本市と行き来ができます。

洲本市は京阪神へのアクセスが抜群というだけでなく、実は首都圏からも便利な場所にあります。
洲本市は神戸空港と徳島空港2つの空港から近いです。
羽田空港から神戸空港までは1時間15分、羽田空港から徳島空港までも1時間15分です。

普段は自然に囲まれてのんびりと暮らしながら、ちょっと用事がある時には、明石海峡大橋や大鳴門橋を経由して本州・四国にアクセスできます。また空港を利用すれば、簡単に首都圏までアクセスもできます。
また地理的に日本のちょうど真ん中辺りに位置するので、どの地方都市へ行くにも、同じくらいの所要時間でアクセスできます。(淡路島は日本のへそと呼ばれています)

2022年最新情報!洲本市の移住支援制度について

通常、移住にはまとまったお金が必要になります。「いつか田舎暮らしをしてみたい」と思いつつも、費用がネックになってなかなか一歩を踏み出せない方は多いです。

そんな方々には、洲本市の移住をおすすめします!

洲本市では市外から移住してきた子育て世帯に対し、最大300万円!すもと新生活スタートアップ支援事業という移住支援を行なっています。

その支援内容はこちら!

新築住宅購入の場合 210万円

中古物件(空き家バンク登録物件)購入の場合、150万円

中古物件(空き家バンク未登録物件)購入の場合、130万円

※新築住宅購入、中古物件購入の場合、中学生以下の子1人につき30万円加算(最大3人まで)

住宅賃貸借の場合、60万円

▶︎詳しくはこちら

また洲本市では、以下のような移住者向けの支援制度も行なっています。

  • お試し移住支援:宿泊費、交通費、レンタカー借上費の助成
  • 企業立地支援:固定資産税補助、雇用補助など
  • 洲本市は「洲本市に移住したい!」と考える方には非常に寛大です。
    移住支援制度をフルで活用して、安心して洲本市へ移住しましょう。

    いかがでしたか?
    洲本市の魅力や移住におすすめの理由についてまとめました。洲本市は田舎と都市が融合した程よい街です。
    ストレスから解放されて、のびのびと生活できますよ。
    ぜひ洲本市への移住を検討してみてください。

    【2022年最新情報あり】淡路島移住するなら洲本市へ!まちの魅力を紹介
    最新情報をチェックしよう!
    WRITER