【ワーケーション・UIJターン移住おすすめ】港町の自然豊かな風情あるまち京都府・舞鶴市の魅力

【ワーケーション・UIJターン移住おすすめ】港町の自然豊かな風情あるまち京都府・舞鶴市の魅力

舞鶴市は京都府北部にある、日本海に面する港町です。
また、便利なまちなか、自然豊かな農村漁村地域と住みたい地域が選択できます。
都心部までのアクセスが良く交通の整備が整っているのも市の魅力の一つ。
目の前には海と青空。振り返れば、色彩豊かな野山と田園が広がり自然豊かなまちです。

都会の謙遜から離れて海や緑に癒されながら暮らしたい・・・
そんな方々におすすめなのが舞鶴市!

リモートワークが浸透した近年は、自然豊かな田舎を求めて移住する若年層が増えています。

この記事では、

・移住のメリット
・実際に都心から移住した方の声

を中心に舞鶴市の魅力をお伝えしていきます。

U-bokuは行政メディアとして100行政以上と連携して記事制作をおこなっています。
また、Yahooニュースや時事通信にも取り上げていただきました。
こちらの記事も実際に行政様へヒアリングをおこない、記事の確認後、公開しています。
透明性の高い記事となっていますので、ぜひ参考にしてみてください。

舞鶴市の魅力

その① 京都市まで1時間30分、大阪や神戸までも2時間で行けるアクセスの良さ

その② 海も山も田園もある自然豊かなまち



その③ 特色ある観光スポットが豊富で子どもと一緒に休日を楽しめる

舞鶴港めぐり
護衛艦や造船所など海軍にゆかりのあるスポットを遊覧船でめぐります。

五老スカイタワー
近畿百景第1位に選ばれた舞鶴湾の美しいリアス式海岸や舞鶴湾の景色を360度一望できます。

ノスタルジーな世界に誘う赤レンガ倉庫
7棟の赤れんが建築が連なる倉庫群を改装した施設で、建物は重要文化財に指定されている。カフェや展示施設が入る2、3号棟のほか、4、5号棟では不定期でライブイベントやアートフェスタなども開催している。

その④ 新鮮な海産物や農産物がすぐ手に入る


道の駅舞鶴港とれとれセンターではかに・岩ガキ・とり貝などとれたて海産物が手に入る「海鮮市場」と四季折々の新鮮な農産物が手に入る「ファーマーズマーケットあぐり」があり、どちらも地元民から観光客まで多くの人々で賑わいます。

その⑤ 市内の町別に合った移住制度が充実◎

農漁村エリア向け補助制度(加佐地区、池内地区、大浦地区対象)
田舎暮らしが楽しめる農漁村地域を集約するために指定。
・市外からの移住者に180万円を上限に給付(移住促進住宅整備事業)
・空き家の取得または改修に必要な資金調達を目的とした融資に係る金利負担を軽減(移住者金利負担軽減事業)

まちなかエリア向け補助制度(JR西舞鶴駅周辺・JR東舞鶴駅周辺)
エリア内の空き家対策の為に指定。ここにある住宅地は歩いて暮らせることが特徴です。
・空き家の改修工事費用の一部補助(舞鶴市まちなかエリア定住促進空き家再生事業)
購入した場合最大100万円の補助、賃貸を契約した場合最大60万円の補助あり。

その⑥ 子育て世帯に嬉しい制度や施設が整っている

支援制度
・小学生までの医療費が入院・外来それぞれ、1か月1医療機関につき200円自己負担
(処方される薬剤は無料、中学生は条件につき一部の医療費を補助。詳しくはこちら
・住宅リフォーム工事代や住宅購入・賃貸にかかる仲介手数料を一部助成
詳しくはこちら(子育て世帯住宅リフォーム支援事業)

あそびあむ

個性的な遊具で遊び、ママ友で賑わう子育て交流施設です。
市内在住の方は無料で利用できます。

わくわく充実したワーケーションを体験しよう

舞鶴市は他地域から来るワーカーを受け入れる体制が整っています。リモートワークをしているならパソコンを1台もってくればすぐ仕事ができます。午前中はコワーキングスペースで仕事、午後は街並みを散策し舞鶴の新鮮な食材に舌鼓を打つ・・・なんて過ごし方が可能です!そんな方々に向けた施設を紹介していきます!

コワーケーションビレッジまいづる
赤レンガ倉庫内にあるコワーキングスペースです。ここを拠点に都市部の企業さんと舞鶴市内の事業者さんとのビジネス交流を図ったり学生さんや、子どもたちの学びや交流の場として様々な取り組みを行っています。


お試し住宅に暮らして舞鶴生活を体感しよう

移住者に安価で市が貸し出す住宅で、空き家を改修して綺麗な空間となっています。
まちなかの空き家活用と居住促進のモデル事業として地元の舞鶴高専の学生らと協働で実施しているものです。

しくみ
・市が市街地の空き家を所有者から10年間借り上げ、改修した上で移住希望者に貸し出す。
・希望者が支払った賃料の一部で改修費を賄う。
・設計は舞鶴工業高等専門学校(以下高専)尾上研究室の生徒が担当し、実際のリフォームに高専生や市の職員も参加しています。


各地からのアクセス方法

電車

JR京都駅より
・直通特急「まいづる号」などで 約1時間40分
JR大阪駅より
・京都駅経由(京都駅より直通特急などで) 約2時間20分
・福知山線(特急)・山陰線(普通)・舞鶴線(普通)経由 2時間40分

高速バス(京都交通)

京都(京都駅)⇔東舞鶴 約2時間
大阪(梅田)⇔東舞鶴 約2時間50分
大阪(なんば)⇔東舞鶴 約2時間10分
神戸(三宮)⇔東舞鶴 約2時間
東京(品川)⇔東舞鶴 約9時間

自家用車

京都より
・京都縦貫自動車道・綾部JCTから舞鶴若狭自動車道
「舞鶴西IC」・「舞鶴東IC」約1時間10分
大阪より
・中国自動車道・吉川JCTから舞鶴若狭自動車道「舞鶴西IC」・「舞鶴東IC」約1時間40分

舞鶴市へ移住した人へインタビュー

お花に囲まれ、大好きなブライダルの仕事‼

大学の農学部を卒業後、ハーブガーデンの仕事を経て、20代は東京・大阪でブライダルフラワー(フラワーデザイン)の会社で働いていました。いつか空気の綺麗な場所に住んで自給自足の生活をしたいと思っていました。

舞鶴市に移住したきっかけ

30代になって大阪で「新農業人フェア」のイベントに参加し、京都府のブースで色々と話を伺い、後日、京都府庁を訪ね移住者の受け入れに積極的な地域として西方寺平を紹介していただき、舞鶴に話を聞きに来たのが、この地域を知ったきっかけです。

地域や移住者の方々との交流や農業体験をさせていただくことで、この場所で皆さんと一緒に暮らしたいという気持ちが強くなりました。また、空き家探しもお世話になり、農地と住居が見つかったのを機に移住しました。

移住後の生活は?

移住後は花屋を経営する近所の花農家さんの依頼でブライダルフラワーが出来る店長としてしばらくお店で働きました。その後、本社が水害に遭いお店を閉店する際に、そのまま店舗を引き継がせてもらい現在に至っています。移住当時、0歳だった子供の桜翼は小学2年生になり、のびのびと元気な子に育ち家の前の水路にホタルを一緒に見に行っています。

これからの夢は?

今までの経験を活かし、家の周りにハーブガーデンを作ることと、自分の花の技術を若い人に伝えていきたいです。

舞鶴市でのんびり自然豊かな暮らしをしませんか?

ファミリー世帯も、単身世帯もびのびとした環境で生活できる良い環境です。
一度、舞鶴市へ遊びに足を運んでみませんか?
また、移住を検討しているがいきなり移住するのはちょっとハードルが高い・・・という方は、移住・定住促進課までお気軽にご相談ください!

\舞鶴市の魅力PR動画/

【ワーケーション・UIJターン移住おすすめ】港町の自然豊かな風情あるまち京都府・舞鶴市の魅力
最新情報をチェックしよう!
WRITER