2拠点生活の拠点は  リゾートアイランドとして人気の高い「宮古島」にしませんか?

2拠点生活の拠点は リゾートアイランドとして人気の高い「宮古島」にしませんか?

テレワークがどんどん浸透し、「働き方」や「生き方」に対する価値観が変化しています。そんな時代だからこそ、南の楽園との“2拠点生活”をスタートしてみませんか?
日本屈指のリゾートアイランド宮古諸島には、美しい自然はもちろん、昔から変わらない独特の伝統や文化が溢れています。
非日常を体感できる場所でありながら、『テレワークの楽園』を目指した取り組みも充実している宮古島。
ワーケーションやプチ移住、2拠点生活の拠点の地としてもぴったりです!
オフィスに縛られずに働ける“今”こそ、楽園に新しい拠点を作る絶好のチャンス♪
今回はそんな南の楽園・宮古島の魅力について、「ワーケーション」「2拠点生活」の視点からご紹介していきます。

宮古島市の魅力って??


宮古島は沖縄本島から南西へ約300㎞。九州から台湾へと連なる南西諸島のうち、比較的台湾に近い場所に位置する離島です。
人口は55,000人ほど。平均気温は23度と1年中過ごしやすい気候であり、観光地・リゾートアイランドとして高い人気を集めています。
そんな魅力たっぷりな宮古島について、厳選した「3つの魅力」をチェックしていきましょう!

直行便あり!意外と便利なアクセス面


2拠点ライフやワーケーションで欠かせないのが、都心部とのアクセス面ですよね。沖縄本島からさらに約300㎞なんて聞くと、「不便じゃない?」と心配になる方も多いでしょう。
安心してください。
意外にも? 宮古島は都心部からの直行便が出ており、島と本土との往復には便利な場所!
空港も2つ「宮古空港(羽田・関空・名古屋発着)」と「みやこ下地島空港(羽田・成田/東京・関空・神戸発着 ジェットスターとスカイマーク)」があります。
東京ー宮古島間なら約3時間
大阪・名古屋ー宮古島間なら約2時間半
しかかからずに、南国リゾートに到着します。
空港へのアクセスにも困らず、ノンストレスで都心とリゾートアイランドを行き来できる!
まさに2拠点生活の拠点や、ワーケーションにピッタリですね!!

とにかく海がキレイ!!

宮古島といえば、何といっても美しい海・ビーチが魅力です!!
沖縄ならではの突き抜けるようなブルーと、対比するように輝くまっ白な砂浜――。

中でも「与那覇前浜ビーチ」は“東洋一美しい”と評されるほどの人気スポットであり、日本のベストビーチにも毎年選出されています。
日常では考えられないような絶景を目の前に、ゆったりとした時の流れの中で仕事と向き合えたら――。
考えるだけで、胸が高鳴りませんか?

ONとOFFの切り替えがしやすい


リゾートアイランドである宮古島には、心と頭のスイッチをカチッと「OFF」にしてくれる癒しのパワーがあります。
一方で、心地いい海風を感じながらリフレッシュした状態で仕事に向かうことで、集中力も創造性も高められる「ON」のスイッチも。
非日常的な空間だからこその絶妙なONとOFFの切り替えが、これまで以上にクリエイティビティを高めてくれます。
まさに、ワーケーションや2拠点ライフの“良さ”だといえますね!
宮古島ならではの環境や魅力がたっぷりと詰まっている点はもちろんのこと、「宮古島×ワーケーション」「宮古島×2拠点生活」がイチオシな理由は他にもあります!

『テレワークの楽園』宮古島×お仕事環境

宮古島では、地域全体で「テレワークの楽園化」を目指す様々な取り組みが行われています。
企業向けのサテライトオフィスの誘致活動や、島の環境やオフィス候補地を巡る視察ツアーなどを実施しているほど。
『宮古島×テレワーク』がいかに相性のいい環境なのか、イチ押しポイントをピックアップしてご紹介いたします。

普段と変わらない仕事ができる環境


宮古島には光ブロードバンドネットワーク環境の整備がされています。島内のメインワークスペースでもある『宮古島ICT交流センター』の中には、
・Wi−Fi環境
・電源を完備したコワーキングスペース
・ミーティングルーム
などがフル完備!

海の見えるワークスペースを利用して、離島でも普段と変わらない環境で仕事に取り組めます。

通勤ストレスから開放してくれる環境


コワーキングスペース『宮古島ICT交流センター』は、宮古島市街地から車で約15分走った先、与那覇湾を望む静かな環境に位置しています。
集中できる環境でありながら、生活圏からのアクセスも抜群。移動時間を軽減し、“通勤”にかかるストレスを最小限まで抑えることができます
無駄のないコンパクトなライフスタイルを実現できるので、単身の方はもちろん、ファミリーでのワーケーション・プチ移住にも最適な環境です。

心身ともに癒やしてくれる環境


ワークスペース内では普段と変わらず仕事に集中。しかし、たった一歩外に出れば、南国リゾートの空気を胸いっぱいに感じられる非日常空間――。
そんな贅沢すぎる環境がここにはあります。
「OFF」の時には宮古島の観光スポットを訪れ、地元食材をたっぷり使った料理を堪能し、宮古ブルーの海と白い砂浜に酔いしれ、全身で”宮古島”を味わいましょう。
そんな時間を過ごすからこそ、心身ともに日頃の疲れをスーッと浄化でき、より一層の仕事の質を高めてくれますよ!
「宮古島×ワーケーション・2拠点生活」という視点から、島の魅力をご紹介しました。

ただし!!
島にはワークだけではない、観光名所や美味しいグルメ、地元の人の温かさ、日本古来からの伝統、豊かな自然などなど、この記事だけでは伝えきれない魅力がまだまだたくさんあります!
まずは一度、自分自身で宮古島の地を訪れて、「ON」も「OFF」も存分に体感してみてください。
きっと、人生を豊かにしてくれる、かけがえのない時間と経験を手にできますよ!

\いざ!楽園へ!/
このページには書ききれない“宮古島の魅力”は、「宮古島Style」にて、詳しく紹介されています!
テレワークの動きが高まり、今後も「働き方の自由な選択」や「オフィスの在り方」はどんどん変化していくでしょう。
だからこそ、企業も、個人も、変われるチャンスです。
憧れだったリゾートアイランドでの2拠点ライフ、ワーケーション、移住――。
少しでも興味があるなら、“今”が挑戦のタイミングかもしれません。楽園の地・宮古島で、理想のワークスタイルを体感してみてはいかがでしょうか?

2拠点生活の拠点は  リゾートアイランドとして人気の高い「宮古島」にしませんか?
最新情報をチェックしよう!
WRITER