静かな海でゆっくり。グルメも観光も楽しめる沖縄県・八重瀬町の魅力!

静かな海でゆっくり。グルメも観光も楽しめる沖縄県・八重瀬町の魅力!

各方面へのアクセスが良好◎

八重瀬町は、沖縄県本島の南に位置し、町の東側は南城市、西側は糸満市、南側は太平洋、北側は豊見城市に接しています。那覇市に近い北部については都市化が進展しており、田園と都市が共存するまちとなっています。県都那覇市に近接し、交通至便な位置にあります。

→南城市についてはこちら
→豊見城市についてはこちら

また、通勤や経済活動等の幹線道路として国道507号が具志頭交差点から那覇市まで町の中央を南北に縦断し、沖縄本島南部観光の主要なる道路である国道331号が町の南端を東西に横断しています。さらにそれらの国道と連結する形で県道が8路線走っています。また、那覇空港自動車道南風原南インターチェンジが町域に近接するなど、各方面へのアクセスが容易です。

野菜や果物・海鮮類・畜産物が豊富◎


都市化の傾向にある一方、都市近郊型の農業振興地域として農業が盛んに営まれております。八重瀬町で収穫できる野菜と太平洋の海で採れる魚介や畜産物をご紹介します。

ぐしちゃんピーマン


「ちぐさ」という品種で地域ブランド「ぐしちゃんピーマン」として県内外に出荷している、全国的にも上位の出荷量です。苦味が少なく、リンゴのような甘みが特徴的。

ぐしちゃんいも


https://www.town.yaese.lg.jp/yaese_sight/shun/
優しい甘みの「ちゅら恋紅」をはじめ「ちゅらまる」「備瀬」など具志頭では色々な芋が作られています。水はけのいい島尻マージという土が、甘みのある芋を育んでいるのです。

マンゴー


八重瀬のマンゴーはジューシーで柔らかく甘さと酸味が絶妙です!

ぐしちゃんいい菜


ぐしちゃんいい菜とは、沖縄の島野菜として昔からあるカンダバー(イモの葉)を品種改良した葉野菜です。これまでより柔らかく食べやすいので、家庭や学校給食でも活躍しています。

グァバ


白い果肉のグアバは糖度が高く、ピンク色の果肉は豊かな香りが特徴的。

トビウオ


初夏にはアゴ出汁などに使われる大きめのトビウオが、そして初秋には脂の乗った小ぶりのものが旬を迎えます。淡白な味わいは、刺身はもちろん、唐揚げにしても美味しいですよ。

マグロ


マグロは港川に伝わる伝統の「石巻落とし漁」で釣りあげています。通常マグロだと2〜3日は漁に出ますが、港川では日帰りが基本。だから、新鮮なマグロを市場に出せるのです。

アグー豚


もともと600年ほど前に中国から伝わってきたのがアグー豚です。白豚より旨み成分を3倍以上も含み、なおかつコレステロールが4分の1。美味しくヘルシーな豚肉です。

8つの特産品を詳しくはこちらでご覧ください。

観光に最適!ビーチや歴史ある名所、ショッピング施設

八重瀬公園


八重瀬公園は元々、中世の古城・八重瀬城跡があった場所で、今は広々とした公園になっています。高い場所にあるので、園内の休憩スペースからは八重瀬の町並が良く見渡せます。
毎年、2月の第1日曜日に八重瀬公園内で開催される「やえせ桜まつり」では、地元産の農産物や加工品の物産展が催されたり、町内の伝統芸能が披露されるなど町内外から多数の行楽者が訪れます。

玻名城の郷ビーチ


人で混雑することが少ないビーチで、静かに過ごしたい方におすすめです。

人工的に囲まれた子供でも安心して遊べる穏やかさ
透明度が高く、シュノーケリングで「お魚鑑賞」が楽しめる
魚釣り初心者さんにオススメ。比較的安全にインリーフでの釣りが楽しめる

具志頭(ぐしちゃん)浜

陸地には人よりも大きい巨岩がゴロゴロ。岩の形が形なだけに、「ボルダリング」の遊び場として活用できるのでボルダリング好きの中で有名な穴場ビーチとなっています。

富盛の石彫大獅子


八重瀬町の中心部にある「富盛の石彫大獅子」は、石獅子作りで知られている八重瀬町(旧東風平町)のシンボルとも言える石彫大獅子。大獅子の高さは約1.5mとかなり大きく、沖縄で有名なシーサーの中でも県内最大・最古のシーサーと言われています。さらに八重瀬町を火事や火山などの災害から守る神として知られています。

西部プラザ展望台


高さ15mの西部プラザ展望台からは、周辺の小城や好天時は慶良間諸島まで見渡すことができます。展望台をくだると、150年ほど前に建てられた「ニーセー石」と呼ばれる石獅子があり、青年を栄えさせる守り神として今も存在しています。

南の駅やえせ


特産品や畜産物、鮮魚、工芸品など、町内で生産される商品の数々が揃う販売所として観光客や地域の人々から愛されています。

施設内には飲食店舗も併設。地元の食材を使った「南の駅 やえせ」だけでしか食べることのできないお食事や贅沢スイーツ、冷たいお飲み物などなど。旅のひと休み、地域の方々とのふれあいに、ぜひご利用ください。

八重瀬町青年エイサー祭り

毎年10月に八重瀬町の風物詩、青年エイサー祭りが開催されます。
まつりには、旧盆の伝統行事として行われているエイサーや棒術、獅子舞など多彩な演技が披露され、躍動感あふれる演舞で観衆を魅了しています。

八重瀬町でワーケーションしてみませんか?

仕事を終えたら目的のビーチへすぐお出かけできるので移動に時間をあまり割かずワーケーションを充実させることができます。それではおすすめのワーケーションプランを紹介していきます!

午前中
ホテルや民宿で仕事

PM12時
昼食は純琉球様式のカーラヤー(瓦屋)が特徴のお店「屋宜家(やぎや)」で名物沖縄そばを堪能。沖縄で取れるアーサー(あおさ)そばがおすすめ!

PM1時
ぐしちゃん浜でボルダリングをして隣にある玻名城ビーチでシュノーケリングを楽しむ。

PM4時
海辺近くのカフェで仕事

PM6時
八重瀬町の特産・農産物を使用した料理や沖縄のお酒に舌鼓を打つ(お店:風庵)

PM8時
星が綺麗に見える夜の海辺を散歩

南の駅やえせではワーケーション帰りにお土産を買うのもおすすめです。
ワーケーション中の食料調達にもピッタリです!

八重瀬町は観光名所や美味しい特産・農産物がギュッとつまったコンパクトな街

特に、人混みのないビーチでゆっくりのびのびと過ごしたいのなら八重瀬町のビーチはオススメです!美味しいとワクワクがつまった八重瀬町に一度足を運んでみませんか?

静かな海でゆっくり。グルメも観光も楽しめる沖縄県・八重瀬町の魅力!
最新情報をチェックしよう!
WRITER