自然と最先端が共存するまち、島根県美郷町に移住してみませんか?

自然と最先端が共存するまち、島根県美郷町に移住してみませんか?

島根県美郷町は、島根県の中央部に位置する田舎町です。人口は約4000人で、地方移住先の候補として上がるまちの中でも特に過疎化が進むまちです。

しかし美郷町は、自然豊かなまちというだけではなく、ICT教育など時代の最先端を取り入れた町でもあります。移住制度も充実しており、都市部に住む方の移住候補先として注目を集めています。みさと住実(じゅうじつ)暮らし制度という住宅建築、改修費用の補助制度のほか、定住ポイント制度という、移住者向けの面白い制度も特徴です。

山や川に囲まれており、車で少し行けば海もあります。「子供を自然に囲まれた場所で育てたい」という方にはぴったりの場所です。

そこで本記事では、島根県美郷町の魅力について迫ります。地方移住を考えている方、特に子育て世帯の方は必見です。

島根県美郷町の特色

人口密度は東京の400分の1

美郷町の人口は約4000人で高齢化率は47.7%、いわゆる過疎地です。面積282.92㎢のうち250.45㎢が林野面積で、木々がたくさんあります。
そんな美郷町の人口密度は、東京の400分の1です。都市部では、ちょっと外に出るだけで、何人もの人とすれ違います。狭い道をお互いに避けながら通ったりと何かと気を遣いますよね。一方、美郷町では、そんなことを気にする必要はなく、のびのびと過ごせます。移住すれば、日々の散歩が趣味になるかもしれません。
美郷町は、山や川に囲まれた地域です。しかし隣の市まで車を30分ほど走らせれば、海もあります。海では海水浴、海釣りが楽しめます。そして川では鮎釣りも楽しめます。
また美郷町には、美肌効果の温泉(千原温泉、湯抱温泉、潮温泉)もあります。「週末や仕事を頑張った日には温泉でまったり」というのもいいかもしれません。

美郷町での子育ては自然と最先端のいいとこ取り


美郷町は、山や川に囲まれています。「子供は自然に囲まれた場所で育てたい」というのは多くの親が思うことです。一方で「田舎で子育てをすれば、子供が最先端の教育を受けられないのでは?」と心配に思う方も多いのではないでしょうか。
しかし美郷町での子育てでは、その心配は不要です。なぜなら美郷町の教育現場には、最先端のICT教育が取り入れられているからです。美郷町では、小学1年生から中学3年生までの全員にipadが配布されており、授業に活用しています。電子黒板、デジタル教科書を使って授業を行っています。美郷町のICT教育は、時事通信社の教育奨励賞 ICT特別賞を受賞するほど進んでいます。
また美郷町の中学校には、全国的にも珍しいカヌー部が存在しています。まちを流れる江の川で、毎日多くの子供たちが練習しています。
美郷町では自然と最先端が共存した場所で子育てができます。

雲海が見られる

美郷町の野間地区、田之原展望台からは雲海が見えます。以下のYouTube動画で、雲海の24時間ライブ中継が行われています。ぜひ一度動画をチェックしてみてください。そして美郷町に足を運んでみてください。

島根県美郷町からのアクセス


美郷町から広島へは車で約2時間、広島空港までは2時間30分程度です。
関西や関東の都市部へのアクセス頻度が少ない方にとっては、山や川がすぐそばにあり、車で少し行けば海にも行ける最高の場所です。

島根県美郷町に移住するメリット

①住実暮らし新築住宅補助金等

新築住宅建設補助金等

建設費用:10分の1または上限100万円のうち比較して少ない方
子どもが3人の場合は最大250万ポイント支給

基本条件
・町内に住む40歳以下または転入時において過去3年間住民登録されていないUIターンの方
・補助金交付決定後10年以上当該住宅に居住すること

+α加算条件
・〜第3子まで 子一人につき20万円
・第4子子一人につき30万円
・第5子以降 子一人につき50万円
・転入20万円(転入から2年以内)
・3世代同居20万円
・町内事業所活用50万円


上記補助金を活用する場合は、新築住宅建設をする(する方がいる)ことが条件です。

定住者用住宅改修補助金

住宅改修費用:2分の1または上限50万円のうち比較して少ない方
基本条件
・町内に住む40歳以下または転入時において過去3年間住民登録されていないUIターンの方
・住宅の改修費用が30万円以上であること
・改修を行う施工業者が町内事業所であること
・改修は同一物件に対して1回限りとする

他に、民間賃貸住宅建設支援事業補助金もあります。詳しくは美郷暮らし推進課までお問い合わせください。

②定住ポイント制度

美郷町には、定住ポイント制度があります。定住ポイント制度とは、美郷町に5年以上定住する方を対象に様々な条件に応じてポイントを付与する制度のことです。
付与する事象はたくさんありますが今回は一部分だけご紹介します。

  • 結婚:夫婦それぞれに5万ポイント 5万円(50歳以下)
  • 転入:10万ポイント 10万円 (40歳以下)
  • 就職:町内20万ポイント 20万円 町外10万ポイント 10万円(40歳以下)
  • ③若者定住住宅


    都市部で生活をする上で大きな負担になるのが賃料です。美郷町には、若者定住住宅という制度があり、40歳以下の子育て世帯は、家賃3万円の新築一戸建てに入居できます。また20年後には、その建物が無償で譲渡されます。また25年で宅地が無償で譲渡されます。

    空き家バンク制度もあります。農地付き住宅もあるので、就農希望者には特におすすめです。

    ④子育て制度

    美郷町は、子育て支援も充実しています。美郷町では、保育園は第一子から完全無料です。
    また3歳児以上は給食費も無料です。給食の食材費30%が助成されます(1食当たり個人負担 小学校200円、中学校220円)。
    加えて中学までの医療費も無料です。
    美郷町は子育てにお金がかからないまちです。

    島根県美郷町への移住


    移住には不安がつきものです。特に都市部から都市部ではなく、都市部から田舎への移住は不安ですよね。しかし美郷町では、UIターン者に向けて、田舎暮らしコーディネーターが配置されているのでご安心ください。住まいや仕事のことに加えて、田舎ならではのご近所付き合いに関する相談やアドバイスも行ってくれます。
    実際に移住された方のお話をご紹介します。

    移住者の声

    移住のきっかけ

    仕事が忙しく慌ただしい都会での生活。その暮らしを変えたいと地方移住を考えました。

    なぜ美郷町へ?

    長く住むと建物や土地を譲渡してもらえる制度を始めとする移住者支援が充実しています。役場の対応もとても親切です。

    移住してみて

    役場は暮らしを助けるコンシェルジュのようです。ご近所の方はみんな親切で、笑顔で話しかけてくださいます。

    まとめ


    美郷町は、自然と最先端が共存した、子育てにおすすめのまちです。3月には潮温泉の温泉施設「石見ワイナリーホテル美郷」がオープンしました。
    6月にはサテライトオフィスがオープンしました。これからの盛り上がりも必至な美郷町への移住を、是非検討してみてください。

    自然と最先端が共存するまち、島根県美郷町に移住してみませんか?
    最新情報をチェックしよう!
    WRITER