鳥取市でワーケーション!コンパクトな都市と自然が共存するまち

鳥取市でワーケーション!コンパクトな都市と自然が共存するまち

アイキャッチ画像提供:鳥取市 協力:(一社)日本ワーケーション協会

鳥取市は、官民で連携して設立した「とっとりワーケーションネットワーク協議会」を運営するほどワーケーションに力を入れているまちです。

日経新聞の「多様な働き方が可能な条件がそろう」ランキングでは第2位に選ばれており、コンパクトな都市環境を活かしたワーケーションを進めていると高評価。

題名のとおり、コンパクトな都市と海や山などの自然が共存するこのまちでは、以下のようなワーケーションを楽しめる要素が揃っています。

砂丘×ワーケーション
鳥取砂丘をとことん堪能
温泉×ワーケーション
城下町を散策しながらのんびり温泉巡り
民藝×ワーケーション
美術館やクラフト館などで、民藝の美にふれる
市街地×ワーケーション
観光、温泉、自然、体験とオールマイティーに

この記事では、いろんな体験をしながら充実したワーケーションをしたい人に向けて鳥取市の魅力をお伝えしていきます。

鳥取市ってどんなところ?

提供:鳥取市

人口は185,000人程度の中核市で、有名な観光地「鳥取砂丘」のあるまち。

海と山の両方が近く、気分に合わせてキャンプやサイクリング、海遊びなど自然アクティビティを楽しめるのもポイント。

海を堪能したいなら砂丘が永遠と続く海岸「鳥取砂丘海水浴場」がおすすめです。その他、海岸スポットは市内に点在しています。

特に温泉が多く、鳥取駅から歩いて10分程度の場所に鳥取温泉があります。

県庁所在地で駅からこんなに温泉が近いところはあまりありません。

「西いなば」まで行けば城下町の趣があるエリア、ローカル感溢れるエリア、レトロな街並みが広がるエリアが存在し、それぞれのエリアで違う雰囲気の温泉巡りが楽しめます。

提供:とっとりWorkationNetwork協議会

また、「食のみやこ鳥取」と謳うほど食の資源も有しており、カニが地域グルメの代表です。

その他には梨、ラッキョウ、鳥取和牛などが主に生産されています。
提供:鳥取市

そんな鳥取市は関東・関西からのアクセスも良く、羽田空港からは飛行機で70分、京阪神からは、車や電車を使って2時間30分ほどで到着します。

鳥取市で体験できるワーケーションを紹介

こちらでは個性豊かな鳥取市のワーケーション体験について5つ紹介していきます。

①砂丘×ワーケーション

提供:とっとりWorkationNetwork協議会

鳥取のシンボル「砂丘」を眺めながらワーケーション
鳥取を代表する観光地「鳥取砂丘」。鳥取砂丘自体は鳥取市福部町岩戸から鳥取市白兎にかけて千代川の東西約16㎞に広がっています。早朝の観光客の少ない時間には、流れるように砂が崩れ落ちた砂簾(されん)や、風によって形作られる風紋(ふうもん)と呼ばれる美しい模様が砂丘を彩ります。せっかく鳥取でワーケーションをするなら、鳥取のシンボルでもある「砂丘」を拠点にしてはいかがでしょうか。

砂丘ヨガ
提供:とっとりWorkationNetwork協議会

季節や時間でさまざまな表情を見せる鳥取砂丘を舞台にヨガ。

ヨガ初心者の人でも難易度別でプログラムを選択でき、安心して参加することができます。

砂ゲレンデを「サンドボード」で滑る
提供:とっとりWorkationNetwork協議会

板に乗って砂丘の斜面を滑り降りる、スノーボードのようなオーストラリア生まれのアクティビティ!

見た目は難しそうですが対象年齢は10歳からとスノーボード経験者はもちろん、初めてでも気軽に挑戦できるサンドボード。

初心者の人はレッスンも受けられるので安心です。

その他、砂丘をマウンテンバイクで走ったり、パラグライダーで鳥取砂丘を空中散歩したり、セグウェイに乗って砂丘を散策するなど、多様な砂丘スポーツ体験プランが用意されています。

鳥取砂丘の魅力を知り、学ぶ
提供:とっとりWorkationNetwork協議会

鳥取砂丘ビジターセンターでは、鳥取砂丘の魅力を知り、砂丘の歴史や造形を学ぶことができます。

風と砂が生み出す自然の芸術「風紋」が作られる過程を再現できる実験装置や、美しい風景を迫力ある大画面で映すドームシアター等、さまざまな展示があります。

▶︎砂丘ワーケーションプランを見る

②温泉×ワーケーション

提供:とっとりWorkationNetwork協議会

鳥取の温泉郷「西いなば」でまったりワーケーション!
鳥取駅から徒歩圏内の場所にも鳥取温泉が広がり、市街地でも十分温泉を楽しめますが、本格的に温泉を堪能したいなら「西いなば」へ!

「西いなば」には個性溢れる3つの温泉エリアがあります。

【鹿野エリア】城下町の趣がある街並みが広がる
提供:とっとりWorkationNetwork協議会

町の中心である城跡には、劇団鳥の劇場があり、芝居の稽古を見学することができます。近くには鹿野のそば粉を使ったそば打ち道場や牧場のジェラート、天然酵母のパン屋さん、地ビール工場など、県内外に人気のお店が多くあります。

源泉かけ流しの温泉にゆっくり浸かったら、まち歩きをしながらグルメを楽しむといった過ごし方がこのエリアでできます。

【浜村エリア】鳥取市のローカル気分を味わえる
提供:とっとりWorkationNetwork協議会

浜村温泉は住民専用の入浴施設しかないので、日帰り入浴には車で約10分の宝喜温泉館やホットピア鹿野がおススメ。

近くには町屋をいかした焼き菓子店、昔ながらのケーキ屋さん、ミシュラン掲載のラーメン屋さん、駅前、公園には足湯もあり、近所を散策しながら気分転換ができます。

下町が好きな人にはおすすめのエリアです!

【吉岡エリア】昔ながらの宿が立ち並ぶレトロな雰囲気のまち
提供:とっとりWorkationNetwork協議会

県内でも熱い湯として有名な吉岡温泉。

吉岡温泉は小さな宿が十数軒ほど立ち並ぶ落ち着いた雰囲気の温泉街で、静かに観光したい人におすすめです。

近年、若いオーナーの経営するカフェやコーヒーショップがオープンし、温泉街が少しずつ活気づいてきています。

近くのイチゴ農園でイチゴ狩りをして、湖山池と日本海を一望できるトレッキングコースを散策するなど、のんびりと1日を過ごせます。

▶︎温泉ワーケーションプランを見る

③民藝×ワーケーション

提供:とっとりWorkationNetwork協議会

民藝の美とオシャレなお店巡り
鳥取市街地内には、美術館や工芸展、割烹店などが点在します。ここでは民藝おすすめスポットを紹介していきます。アートや工芸に興味のある人は要チェックです!

民藝コーナーで鳥取民藝の美にふれる
提供:とっとりWorkationNetwork協議会

JR鳥取駅から徒歩5分のところに民藝コーナーがあります。

昭和レトロ感が漂う建物が特徴。

鳥取民藝美術館、鳥取たくみ工芸店、たくみ割烹店と3軒が並んでいます。

美術館では日本・中国・西洋などの作品や吉田璋也が当時にコレクションしていた日本・中国・西洋など、世界各国の作品の展示を見ることができます。

提供:とっとりWorkationNetwork協議会

工芸店で民藝品を購入し、隣の割烹店でお食事が楽しめます。

▶︎民藝ワーケーションプランを見る

④市街地×ワーケーション

提供:とっとりWorkationNetwork協議会

コンパクトな鳥取市街地で快適ワーケーション
海と山があって、自然が近いので、都会すぎず、かといって田舎過ぎない、「ほどよさ」が、心地良いポイント。

まちなかに滞在することで、アクセスもよく、生活必需品や食事にも困ることはありません。

温泉、グルメ、観光、仕事がこの市街地で完結できるのが魅力でもあります。

駅周辺に点在する鳥取温泉
提供:とっとりWorkationNetwork協議会

1日の終わりはぜひ銭湯へ。

市内には銭湯がいくつかあり、なんとどれもが温泉!

毎日、気軽に温泉に入れるのが鳥取流なんです。

市街地で観光やお買い物
提供:とっとりWorkationNetwork協議会

休日には、鳥取城跡を尋ねたり、個性的な書店や民藝品を扱うショップをのぞいてみたりすると、鳥取市の奥深い魅力を感じられます。

駅周辺にはカフェや飲食店が点在
提供:とっとりWorkationNetwork協議会

落ち着いた雰囲気の和食店や、おしゃれな洋食店など鳥取の地元食材が食べれるお店が駅周辺に多くあります。

日替わりでいろんなお店を楽しんではいかがでしょうか。

▶︎市街地ワーケーション

迷ったらここ!定番観光スポット4選

5通りのワーケーション、どれも魅力的ですよね。

しかし、「鳥取市に行くのが初めてだから、どこに行けば良いか分からない。」「おすすめがたくさんありすぎて迷う」という方も多いと思います。

そんな方に向けて、ワーケーションの休暇の合間に楽しめる定番観光スポットを4つ紹介します。

鳥取のシンボル「鳥取砂丘」を散策

提供:鳥取市 協力:(一社)日本ワーケーション協会

こちらは、鳥取にきたら絶対外せない観光スポット。

初めての鳥取砂丘は、まず「砂丘センター(砂丘展望台)」にいきましょう。

鳥取砂丘の全体像をチェックすることができます。

ここは、お土産、レストラン、スイーツのメニューも豊富なので砂丘散策の基点としておすすめです。

その後は、小高い丘「馬の背」や日本海を臨む海岸方面まで散策するのがよいでしょう。

「砂の美術館」で鳥取市の民藝を堪能

提供:とっとりWorkationNetwork協議会

「砂で世界旅行」をコンセプトに、毎年テーマを変えて展示を行なっています。

全ての作品は、凝固剤など一切使用せず、砂と水だけの塊を彫って作られたものです。

繊細な彫刻に感動すること間違いなし!

国の重要文化財「仁風閣・鳥取城跡」

提供:とっとりWorkationNetwork協議会

鳥取城内に建つ仁風閣は、明治40年、時の皇太子(後の大正天皇)の山陰行啓に合わせて、かつて鳥取藩主であった鳥取池田家が「鳥取の迎賓館」として建築したものです。

フレンチルネッサンス様式を基調とした木造瓦葺の建物は、その外観の優雅さや日本庭園の美しさが相まって現在は国指定重要文化財として一般公開されています。

館内にある支柱のない木造の螺旋階段は国内唯一と言われ、鳥取で人気の写真スポットです。

温泉天国「鳥取いなば温泉郷」を巡る

提供:とっとりWorkationNetwork協議会

鳥取の街から車で20分程度走ると、雄大な日本海や温泉、歴史・自然・文化に彩られた西いなばエリアがあります。

鳥取のまちなかで鳥取温泉を楽しんだ後は「西いなば」へ移動し、鹿野温泉・浜村温泉・吉岡温泉と、温泉三昧の、のんびり&ゆったりワーケーションはいかがでしょうか。

鳥取市でおすすめのコワーキングスペース

鳥取市内には、コワーキングスペースが複数点在します。

その中でもおすすめな場所をこちらで紹介します。

コワーキングスぺース「SAND BOX TOTTORI」

提供:SAND BOX TOTTORI

日本最大級の鳥取砂丘を拠点にしたコワーキングスペース「SAND BOX TOTTORI」が、5月にオープン!

最先端ビジネスにチャレンジする県外の企業が入るサテライトオフィスや、ワーケーションに利用できるコワーキングスペース、会議室などが利用可能です。

現在でも1日平均4000人が訪れる鳥取砂丘の観光客も気軽に立ち寄り、最先端の技術に触れてもらえるよう、建物の周囲には芝生を敷いたイベントスペースも用意しています。

提供:SAND BOX TOTTORI

その他、市内のコワーキングスペースはこちらです。
マーチングビル
Tobelmo(トベルモ)
国民宿舎山紫苑(ワーケーションルーム)

鳥取に来たら絶対食べるべき「カニ」


鳥取市で取れるカニは、身がしっかり詰まっていて風味が豊かです。

山陰地方で獲れるこのズワイガニは「松葉ガニ」と呼ばれ、同じ種類でも水揚げされる場所によって他県で呼び名が変わります。

食べ方は、茹でる以外に刺身として、カニしゃぶ、カニすき鍋、カニ味噌の甲羅焼きなどがあります。

カニは焼くと風味と甘味がさらに増してより美味しく召し上がれます。

▶︎「松葉ガニ」は「ズワイガニ」?鳥取で食べるべき絶品極上のカニとは

カニだけじゃない!鳥取の極上魚介類を紹介

モサエビ


クロザコエビのことで、鳥取では幻のエビ「モサエビ」といわれています。

幻のエビといわれる理由とは、、、

鮮度劣化が早いため県外には出回らないこと、
旨味成分「タウリン」が一般的な甘エビの3.5倍もあること、
カニと同じシーズンが重なり、漁師さんがカニ漁により多忙で獲る機会が少ない

などの理由があります。

けんさきいか

鳥取の夏の風物詩として、居酒屋や和食料理のお店で食べられるけんさきいかは柔らかく濃厚でとろけるような味わい。賀露港では、毎年7月中旬に、「賀露 白いか祭り」という白イカをはじめ鳥取の夏の海鮮が食べられるグルメイベントが開催されます。

▶︎カニだけじゃない!鳥取で味わえる極上の魚介類

鳥取市のワーケーションモニターツアーに参加しませんか?

鳥取市では、市内のワーケーション計画「ラーニングワーケーション@鳥取市鹿野町」に参加していただける方を募集しています。

参加条件:鳥取県外に本社をおく企業・団体にお勤めの方

場所:鳥取市鹿野町ほか

実施期間:2022年10~11月
*現地でのモニターツアーの前後にオンライン研修を実施します

特典:モニターツアーにつき特別料金!
(現地までの交通費、食事代はご負担いただきます)
▶︎詳しくはこちら!

企業誘致にも積極的!補助金制度を紹介

オフィスの検討段階から実際にオフィスワークを始めるまで、鳥取市と鳥取県の両制度で、段階に応じた支援を用意しております。

オフィス移転支援事業補助金:補助率1/2、上限額1,000万円
とっとり先駆型ラボ誘致・育成補助金:通算4年間最大530万円
ワーケーション実施企業支援事業費補助金:補助率1/2、上限額7.5万円

鳥取市でワーケーションをした人の体験談

こちらでは、ワーケーションを体験した人の声を複数紹介していきます。 提供:鳥取市

食べものがおいしい!
長期滞在するなら移住おためしハウスが面白そう!
鳥取市役所がキレイ。市民の憩いの場になっているのを感じました。
吉岡温泉は比較的若い世代が盛り上げている感じがあって素敵でした。

鳥取市内をしっかり観光したのは今回が初めてでした。「鳥取観光マイスター」を持つドライバーさんが、訪問する先々の情報を伝えてくれたおかげで、鳥取市のことをよりよく知ることができました。
今回の旅で気がついたことは、鳥取市には温泉施設が充実していることでした。鳥取駅から徒歩圏内のホテルや旅館をはじめ、大衆浴場などかなり充実しています。仕事して、疲れたら温泉を廻るワーケーションでも十分楽しめそうです。これなら鳥取駅周辺だけでも完結できるので、遠出が苦手な人にもオススメできそうです。

鳥取市のホームページでもっと詳しく紹介していますのでこちらをご覧ください。
▶︎体験者の声を見る
また、東京のIT企業が鳥取市でワーケーションをした体験談を動画で見ることができます。

体験のメリットがすごく分かりやすい動画になっているのでこちらも要チェックです!

【前編】

【後編】

まとめ:鳥取市はワーケーションの宝庫

様々な楽しみ方のできる個性豊かなワーケーションプランを紹介しました。

観光で一度行ったことがある人も、まだ鳥取市に来たことがない人もこの記事を参考にワーケーションプランを立ててみてください。

お問い合わせは「とっとりワーケーションネットワーク協議会運営事務局」まで!
▶︎メールでのお問い合わせはこちら

鳥取市でワーケーション!コンパクトな都市と自然が共存するまち
最新情報をチェックしよう!
WRITER