移住がおすすめの理由、おすすめの地域や都市について解説

移住がおすすめの理由、おすすめの地域や都市について解説

新型コロナウイルスなどの影響で、昨今では地方への移住が注目されています。

都会での生活や仕事に加え、感染拡大に伴う自粛ムードで疲弊している方も多いことでしょう。そのようななかで、地方への移住の需要が高まってきています。

この記事では、様々なパターンの移住に適した地域を紹介します。

移住はおすすめ?移住の現状とは

移住はおすすめ?移住の現状とは

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、リモートワークが推奨されています。そのため、会社への出勤という機会が少なくなっている方もいます。この機会に、移住を検討している方も増えているのではないでしょうか。

本社を地方へ移転する企業も増えつつある現状です。
パソナグループは兵庫県淡路島に、株式会社ルピシアは北海道のニセコへの移転を行う予定とされています。企業も移住する時代になっているのです。

関連記事

地方への移住・定住を考えていて「移住と定住はどう違うの?」「移住・定住に役立つ制度はある?」など、言葉の意味するものや支援制度について詳しく知りたい方は多いようです。支援制度を活用すれば、数十万円もの補助金を受け取ることもできます。この[…]

IMG

移住する地域によってメリットは違う

移住する地域によってメリットは違う

移住先を決める際に、単身か家族で移住するのかや、仕事かセカンドライフなのかによって適した地域が違います。

このように移住する理由は様々です。移住にはどのようなパターンがあるのかを紹介します。

移住先を決めるポイント

移住先で田舎暮らしをしたいというようなスローライフなら、候補地は多くあります。
しかし、ほかの特徴をきちんと把握することも大切です。

移住先を検討する際にはいくつかポイントを決めておくと絞りやすくなります。
子どもがいる場合は教育は欠かせないポイントですし、地域の安全も重要になってきます。

また、仕事が無ければ生きていけない場合もありますし、移住先の検討に行政は不可欠な要素です。

今回は、「教育」「安全」「仕事」「行政」で特徴的な地域を紹介します。

関連記事

移住で後悔しないためには、綿密な計画が必要です。「何から始めればいいのか?」「どんな手順で進めていくのか?」移住には様々な悩みがつきものです。この記事では、移住計画の手順や注意点について紹介します。移住計画で何をしたらいいのか迷った[…]

IMG

海が近い地域も移住先としておすすめ

海が近い地域への移住を考えている方に向けて、どの地域がおすすめか紹介します。
それぞれの地域のメリット・デメリットを踏まえて検討してみましょう。

関連記事

海が近い地域への移住を考えていているけれど、どの地域が良いのか分からないという方は多いでしょう。それぞれの地域のメリット・デメリットを知ることで、自分に合った移住先を探しやすくなります。また、ほかの地域と比較もしやすくなるでしょう。この[…]

IMG

「教育」に重きを置く方におすすめの移住地域

「教育」に重きを置く方におすすめの移住地域

移住を考える方で、お子さんがいる場合に大切なのが「教育」です。

大学への進学を考えた際に、塾や予備校などはどうしても都会地のほうがレベルが高い傾向にあります。

そんななか、教育に適した地域は「福井県」です。幸福度ランキング1位にして、教育面の指数が軒並み高いことで有名です。

今回はそのなかでも、移住に適した地域として「あわら市」を紹介します。

幸福度ランキング1位の福井県

日本海に面した福井県は化石発掘の名所で、日本本土の中部地域に位置しており、京都、滋賀、岐阜、石川が隣接しています。観光名所は、東尋坊や丸岡城、恐竜の化石発掘が有名な福井県立恐竜博物館などがあります。

そして、福井県は2014年から全国幸福度ランキング1位をキープしています。

全国幸福度ランキングは47都道府県の「仕事」「子育て」「生活」等の統計データを元に作成されており、福井県はそれらの総合的指数が最も高い県です。

福井県は教育ランキングが軒並み1位!

福井県が全国の指数で最も高いのが教育部門です。
「学力」「社会教育費」「社会教育学級・講座数」など全国的に推奨されている生涯学習においても高い数値となっています。

これは福井県は他県に比べて学校からの宿題が多いことが理由と言われています。
そのため、塾などに行かなくても学校の授業と宿題のみで十分であり、学校での教育方法が他県とは大きく違うのです。

例えば、ノートの取り方を直接指導したり、将来就きたい職業を明確にするなど、現在から未来にかけて自分が進む道と現段階での課題等を見えやすくしています。

その結果、学力は全国1位、国公立大学への進学率も全国1位を獲得しています。これは特別なことではなく、基礎的な部分に重点を置いた結果が表れたと考えられます。

学力1位の根本は生活の安全面!

学力で全国1位の福井県はその根本に生活基盤の安定という施策が見て取れます。

「働く」という面から見ても有効求人倍率(人口においての求人倍率)が2.18と全国1位です。さらに、女性の有業率は54.6%と全国2位の高水準です。

大卒者の進路未定者数は全国で最も少なく、就職率は1位となっています。
その結果、県単位での所得ランキングは大都市を押さえて全国4位と県民全体が生活できていることを表しています。

そして、「生活」に関しては、待機児童率が全国で最も低く、生活保護受給率も全国で3番目に低いです。

つまり、働き口がきちんとあり収入が安定していることから生活に余裕ができ、子どもたちも学業に専念できる環境が整っていると言えます。

福井県のなかでもおすすめの地域はあわら市

福井県への移住を考えている方におすすめするのは、あわら市です。

あわら市は、福井県の北端に位置し、JR北陸本線、国道8号、北陸自動車道が南北に縦断しており、福井市や金沢市をはじめ、周辺市町へのアクセスが良いのが特徴です。

「あわら温泉」や、雄大な自然やアートの森など、居住地としては子育てしやすく暮らしやすい地域になります。

また、フルーツの栽培も有名なため、農業を考えている方にもおすすめです。
多彩な果樹が迎える「坂井丘陵フルーツライン」には、道路沿いに多くの果樹園があり観光農園として盛んです。

移住を考えた際に、自然や農業が近い地域は子育てする場合にも重要です。

「安全」「安心」に重きを置く方におすすめの移住地域

「安全」「安心」に重きを置く方におすすめの移住地域

移住を考える際に、安全な地域を候補にする方は多いです。自然災害に対してや事件事故など地域の安全性は重要です。そのような点から、移住地としておすすめなのが、鳥取県です。

鳥取県は安全と安心が高い地域

鳥取県は中国地方の日本海側東部に位置し、人口が約55万人と全国で最も少ない県です。

県の中央に伯耆富士と言われる大山(だいせん)があり、日本海も近く海の幸と山の幸が豊富な県です。大山どりや松葉ガニ、二十世紀梨に富有柿が名産で最近では新甘泉という新品種の梨や輝太郎(きたろう)という柿も有名です。

また自然環境が豊富で、安全性や安心感の強い県として認知されています。
大きな災害や事件事故の少なさ、生活するうえでの安心感のある地域です。

鳥取県は災害などが少ない

鳥取県は、5年以内の台風直撃がありませんでした。これは、台風の通り道である太平洋側(瀬戸内海側)に中国山地があることと、大山のおかげで台風の進路が変わると言われています。

また、大地震に関しては、鳥取県は2000年に鳥取県西部地震、2016年に鳥取県中部地震が発生しました。

2000年の鳥取県西部地震の規模はマグニチュード7.3で、最大震度6強と大きかったのですが、死者はゼロでした。人口密度が低い鳥取県ならではと言えるでしょう。

さらに、2018年に発表された「今後30年以内に震度6弱以上の地震に襲われる確率」に関して鳥取市は5.6%で、鳥取県西部に近い観測地点である島根県松江市は3.9%と確率は低いです。

事故の確率も低く、交通事故件数は全47位と最下位で、火災総件数は45位です。「人口1千人あたりの犯罪発生件数ランキング」は全国30位で「典型7公害苦情件数ランキング」は40位と事件や公害も低いことが分かっています。

鳥取県は生活においての安心面が高い県

大山には多くの保水力に優れたブナの森林があり、山に積もった雪は時間をかけて山全体に貯水される仕組みです。

そのため、大山から平地にかけて多くの伏流水(地下水脈)があり、自然にろ過された水が豊富です。県内の水道で使用している地下水の割合は実に97%と全国1位です。

自然にろ過された水なこともあり塩素などの殺菌の必要があまりなく、純粋で綺麗な水が水道の蛇口から出てきます。県内には、多くの水源もあり良質な水を求めて移住してくる料理人も多くいます。

また、移住後に家を建てようと考えた場合、土地の相場はかなり安く1平方メートルの地価は3万4,925円で「都道府県別公示地価 」は全国44位です。

さらに医師数も多く「人口10万人あたりの医師数ランキング」は全国5位で、なかでも鳥取県米子市は大型総合病院が市内に4つあり、医療に特化した地域です。

鳥取県のなかでもおすすめ地域は大山町

安心、安全な県として指数が高い鳥取県でおすすめの地域は「大山町」です。

大山のおひざ元で、海の幸が豊富で日本海まで近いため、漁業も盛んで、農業、漁業、林業と第1次産業での生計も可能な地域です。

また、山間部には「中山温泉」もあり、中山温泉団地には1戸ごとに温泉の供給もあります。大山に惚れ込んで移住してきた方も多く、移住者たちのコミュニティも充実しています。

「仕事」に重きを置く方におすすめな移住地域

「仕事に重きを置く方におすすめな移住地域

移住を考えるときに重要となるのが仕事です。

そのなかで、自然環境も適度にあり、仕事にも困らない地域でおすすめなのが広島県です。
多くの大企業の支社もあり、発展した地域です。

移住した際に、転職などまだバリバリ仕事をしたいと考えている方は広島県も検討してみてはいかがでしょうか。

工業・商業で発展した広島県

広島県は、広島カープや原爆ドームなどが有名な中国地方の発展都市です。

明治時代には日本で最も人口の多い県だったほどの大都市で、瀬戸内海に隣接していることもあり、造船、鉄鋼、自動車などの重工業の発展、電気機械や電子部品などの先端産業も盛んです。

製造品出荷額等は、中国・四国・九州地方で1位と、西日本では大阪に次ぐ大都市でもあります。

東広島市は広島県のベッドタウン

広島県は、工業・商業で発展した都市でありながら、瀬戸内海で採れる牡蠣を中心とした漁業や、豊かで魅力ある里山風景や資源に癒される中国山地での農業も盛んでバランスの取れた県として認知されています。

そして、その中心に位置するのが東広島市です。西側に広島市を南に呉市が臨む地理は、移動に最適です。

新幹線も停車する東広島市はベッドタウンとして発展し多くの方が住んでいます。

また、広島国際大学や広島大学、近畿大学など大学入学のために流入してくる若者も多く、そのまま定住する方もいます。

大学生の地域貢献度は高く、古民家を改装し図書館にしたり、近畿大学工学部の研究室が主となって古民家を改装し夜空を眺める「星降るテラス」に改築するなど、古き良きものを若者のアイデアで、再生させるなど地域の活動が活発です。

大学入学と共に東広島市に移住しそのまま広島県内の企業に就職するという事例が多くあります。

「行政」対応に重きを置く方におすすめな移住地域

「行政」対応に重きを置く方におすすめな移住地域

愛媛県に移住を考える方の多くは、西日本在住者か、Uターン者ではないでしょうか。

それほど、愛媛県という場所は知名度的には東日本的には低い地域です。しかし、近年は若年層からの支持が増えています。

多くの若者からの支持を得た理由には行政の努力がありました。

愛媛県は安定した気候が有名

愛媛県は四国地方の北西に位置し、高知と香川を隣接し、瀬戸内海を挟んで山口、広島と隣接しています。
県庁所在地の松山を中心に温暖で安定した気候で住みやすい地域です。

1年を通して温暖で雨が少ない反面、冬季の山間部では積雪が多いのが特徴で、冬山ではスキーやスノーボードが楽しめるなど四季を通したレジャーが盛んで、松山温泉など保養にも最適です。台風の通過も太平洋側の高知県などに比べると少ないのです。

愛媛県西条市は行政対応がバツグン

愛媛県のなかでも、移住におすすめな地域は西条市です。

愛媛県の松山市の北東にあり、タレントの眞鍋かをりの生誕地としても有名です。「うちぬき」と呼ばれる湧き水が豊富で、多くの家庭において水道水がおいしいです。

また、ICT教育にも力を入れており、小・中学校の普通教室等に、電子黒板などを設置し、遠隔授業も盛んで、日本ICT教育アワードの最優秀賞も受賞しています。
そのうえ、農業・工業都市としては愛媛一の発展を誇っています。

移住候補地の良いところも兼ね揃えており、行政の努力が伺えます。

例えば、羽田空港から西条市までの往復の交通費や、宿泊費、食事代など、すべての費用が無料の移住体験ツアーを実施したり、西条市の職員自ら、移住希望者を案内し移住のキーマンとなり得る方を紹介するなど尽力をしています。

西条市は移住促進を行った行政としては、「小さく初めて大きく育てる」をモットーに細かいトライ&エラーを繰り返し移住者のニーズを把握する努力を行いました。

近年では、中小事業者の資金繰りを支援するなど、西条市で起業する方の応援なども行っています。

移住先に人気の地方都市は?

地方移住をする方が増えていると言っても、実際にどの地方が移住先として人気なのでしょうか?
ここでは、移住先として人気のある県や、おすすめの地方都市を紹介します。

関連記事

地方移住という言葉が、昔に比べて身近なワードになったのではないでしょうか。以前は老後の第2の人生として都市部から離れた地方に移住する方が多かったものの、最近では若者や家族による地方移住も少しずつ増えてきています。この記事では、地方移住の[…]

IMG
関連記事

東京、大阪などの大都市に住み働いていると、ふとしたときに地方移住へと思いを巡らせることはありませんか?満員電車や混雑した街なか、自然になかなか触れることのできない都市部ではなく、不便を感じない程度の地方都市への移住を考える方も多いでしょう[…]

IMG

移住先で仕事を探す方法

地方移住で気になることと言えば、移住先で仕事が見つけられるかという点でしょう。
移住先で仕事を探す方法や年代に合わせておすすめしたい資格、移住者を募集している地域について詳しく紹介します。

関連記事

近年、新型コロナウイルス流行の影響で、地方移住への関心が高まっています。人口密度の低い地方都市、または地方都市近くの田舎の町での暮らしを実現させるために、まず考えるべきは収入源です。地方都市、地方都市近くの田舎町での暮らしを軌道に乗せるた[…]

IMG
関連記事

昨今、年齢を問わず大きな関心を集めているのが首都圏から地方都市や田舎への移住です。自然に囲まれた良い環境で生活したい、田舎でのんびりと生活をしたい、地方創生の一端を担いたいなど理由はそれぞれですが、新型コロナウイルスの流行により人口密度の[…]

IMG
関連記事

移住を希望する40代が、現実的によく考えないといけないのが「安定した仕事を得られるか?」という問題です。憧れの地に移住することができても、収入を得られなければ、生活を維持することはできません。この記事では、40代が移住先で仕事をうまく探す[…]

IMG

補助金など移住支援制度もある

地方移住の場合、移住先によっては市や自治体から様々な支援が受けられることもあります。
「助成金」、「家賃補助」、「住宅譲渡」などあるので、対象者や申請方法などもチェックしておきましょう。

関連記事

2020年に流行が始まった新型コロナウイルスの影響もあり、出社日数が少なくて済むテレワークを導入する会社が増えています。オンラインで仕事ができる環境が整うのであれば、東京やそのほかの大都市ではなく田舎で暮らしたい、と考えている方も多いのでは[…]

IMG
関連記事

仕事のために都市部に住んでいたけれど、テレワークの導入で地方への移住を検討しているという方が増加傾向にあります。この記事では、地方移住の支援制度としてもらえる補助金や人気地方の支援制度を紹介します。費用の問題から地方移住を決断できずにい[…]

IMG
関連記事

都市部から地方へ移住する際に、移住先によっては市や自治体から様々な支援を受けられることをご存知でしょうか。支援の存在を知っているとお得に地方移住を実現することが可能です。この記事では、移住支援制度について紹介します。金銭的に余裕がなく移[…]

IMG
関連記事

若いうちに都会でバリバリ働いて、老後は田舎に移住してのんびり暮らしたいとなんとなく思い描いたことはありませんか。現役時代に地方に住んでも、仕事がなかなか見つからなさそうと仕方なく都市部で生計を立てている方もいるのではないでしょうか。将来[…]

IMG
関連記事

テレワークの普及などによって働き方が自由になった昨今、地方への移住を考えているという方も多いかもしれません。もし移住を検討した場合、まず考えなければならないのが生活の基本となる住環境です。実は自治体によっては、家を無料で提供してくれるこ[…]

IMG
関連記事

日本国内の47都道府県の各地域では、移住促進のための支援制度が整えられています。特に、移住に際して住宅を新築・改修する場合や起業する場合に、高額の助成金がもらえるケースが多いです。この記事では、移住促進している地域の支援制度について紹介し[…]

IMG

移住で失敗しないために知っておくべきポイント

地方へ移住を考える人は誰しも「失敗したくない」と感じるでしょう。
知らない土地へ移住しても失敗しないよう、移住準備のポイントなどを紹介します。
参考にして楽しい移住生活を送ってください。

関連記事

最近は地方へ移住を考える人が増えてきましたが、「移住に失敗したくない」「移住のために何を準備すれば良いか分からない」と感じている方もいるでしょう。知らない土地へいきなり移住となるとうまくやっていけるか不安ですよね。しっかりと移住の準備と[…]

IMG

移住相談もできる

移住で失敗しないためには、相談窓口で移住に関する相談をするのもおすすめです。
どこで相談ができるのかということや、聞いておくべきことについて紹介します。

関連記事

地方への移住を考えたときに困ってしまうのが「どこに相談すればいいのか」ということではないでしょうか。生活環境や子どもの教育、医療など、移住に関して聞きたいことがたくさんあっても、移住候補地が遠いという場合には、足を運んで自分で調べるのも難し[…]

IMG

移住体験をしてみよう

移住体験をしてみよう

実際に移住する前に、興味のある地域の住宅に居住体験をするのがおすすめですす。
自治体や物件シェアサービスなどを利用することで移住体験ができます。

例えば、U-bokuという物件シェアリングサービスでは、賃貸契約の面倒な手続きなしで、大きな費用もかけず最短3日から移住体験をすることが可能です。

関連記事

最近では、ゆったりと暮らせる環境の良い地方への移住が注目されています。リモートワークの普及もあり、満員電車に揺られて通勤する必要性が減ってきたことも一因です。しかし、いきなり移住をするとミスマッチが起こる可能性があります。そのため、移住を[…]

IMG
関連記事

田舎への移住を検討している方のなかには、住みやすそうな場所や理想的な移住先が見つからないといった悩みを抱えている方もいるでしょう。そのような悩みを持った方へおすすめしたいのが「移住体験」という制度です。移住者を募集していたり活性化を図っ[…]

IMG

移住を検討している方はおすすめの移住地域をチェックしておこう!

移住を検討している方はおすすめの移住地域をチェックしておこう!

移住後に後悔しないためには、各地域の特徴を把握することが重要です。

自分がどのような生活をしていきたいかを考えて、移住を検討する必要があります。

また、移住ツアーなどに参加し、地域の特徴を感じることも大切です。どのような場所かどのような方が近所にいるかなど、自分の目で実際に見て移住先を考えてみると良いでしょう。

CATEGORY

移住