移住で失敗しないためには?成功例から学ぶポイント

移住で失敗しないためには?成功例から学ぶポイント

最近は地方へ移住を考える人が増えてきましたが、「移住に失敗したくない」「移住のために何を準備すれば良いか分からない」と感じている方もいるでしょう。
知らない土地へいきなり移住となるとうまくやっていけるか不安ですよね。

しっかりと移住の準備と失敗しないポイントを守れば、楽しい移住生活を送ることができます。
この記事では、移住に失敗しないためのポイントなどについて紹介します。

移住に失敗する人の特徴

移住に失敗する人の特徴
移住に失敗する人は「なんとなくうまくいくだろう」と考えている人が多いです。また、田舎に住むだけと考えていては失敗してしまうことがあります。
そこでどんな方が移住に失敗するのか、特徴を紹介していきます。

地方移住に対する理想が高い

地方移住の理想が高すぎると後悔する可能性があります。
よくイメージされる近所の人がとても優しくて、野菜をもらって生活できることに憧れを持っている方もいるかもしれませんが、必ずあるわけではありません。田舎が助け合いの世界だからです。

そのため自分から行動を起こしていかないと何も生まれません。そのため、田舎暮らしの理想が高い方はギャップを感じることがあるでしょう。

移住先について調べない

移住先について調べないと予想外なハプニングが起きることがあります。特に家の問題や近くにどのようなお店があるかはとても重要です。

実際に住んでみると設備が整っておらず生活の質が下がるという可能性もあります。下調べをせず後悔しないためにも事前に住むところだけではなく、移住先周辺についてはしっかりと調べるようにしましょう。

人付き合いが苦手

人付き合いが苦手だと地域の人とうまくやっていけず苦労することもあるでしょう。なぜなら田舎は都会に比べて近所付き合いが多いためです。

人付き合いが苦手な場合、関係性を築けずに居心地の悪さを感じることもあるかもしれません。そのため人付き合いが苦手な方は、移住後に人付き合いがストレスになる可能性もあるでしょう。

遊び好き

パチンコやお酒好きといった遊びが好きな方は移住に失敗しやすい傾向にあります。理由はお金の管理が苦手な方が多いためです。

移住先では住居や車やそのほかの趣味などで出費がかさむことがあります。そのため、自分のお金の管理が苦手な遊び好きな方は移住に向いていないでしょう。
また、田舎には都会に比べて娯楽施設が少ないことも多く、退屈に感じてしまう方もいます。

移住に失敗しない人の特徴

移住に失敗しない人の特徴
移住に失敗しない人の特徴は以下の点が挙げられます。

  • 移住の目的が明確にある
  • 移住サポートが充実した場所を選んでいる
  • コミュニケーション能力が高い
  • お金の管理ができている
  • 移住の目的が明確にある

    移住する目的とその理由が明確にある方は失敗する可能性が低いです。なぜならやることが決まっていて軸がぶれないためです。
    「仕事をするため」「自然豊かなところでゆっくりしたい」「お店を開くため」などその目的を持っています。

    例えばお店を開くなら、お店の雰囲気を工夫して「誰に来てもらい、どうなってほしいのか」といった、自分がお店をしたい目的が明確にあることが重要です。
    移住失敗しないためにも目的や理由を持つようにしましょう。

    移住サポートが充実した場所を選んでいる

    移住サポートが充実した場所を調べて選んでいることは移住成功の大きなポイントになります。なぜなら自治体によってサポート体制が異なるためです。

    地方移住を推進している自治体の実施例を挙げると、借りた家を20年住めば無料になるサービスやリフォームの費用を500万円まで出してくれる自治体があります。
    そのため自分にあったサポート体制のある場所を選ぶことが大切です。

    コミュニケーション能力が高い

    コミュニケーション能力が高いと移住生活がうまくいきやすくなります。コミュニケーションをとることで地域の人と関係構築ができるため、地域で活動しやすくなるからです。

    田舎ではコミュニティ内で何かをするということが多いため、地域との交流をしたいという方は新しい環境に馴染めることでうまくやっていけます。
    苦手な人でもまずはあいさつから始めてみると良いでしょう。

    お金の管理ができている

    お金の管理ができる方は移住後もうまくやっていけます。というのも移住には意外とお金がかかります。田舎では車は必須になることが多く、家もガスや水道料金が高くなったりと、固定費がかかる場合があるのです。

    そのため自分が何にお金を使っているか把握できていれば、移住してもお金で苦労することが減ります。日頃から家計簿をつけてお金管理の意識付けをしましょう。

    移住で失敗しないためのポイント

    移住で失敗しないためのポイント
    次に、移住で失敗しないためにすべき4つのポイントを紹介します。

    移住の目的を明確にする

    先述しましたが、移住の目的を明確にすることは重要です。
    目的がないと自分は何をしたかったのか分からなくなり、移住を後悔することにつながります。

    そのため、「どんなことをしたいのか」「どんな場所がいいのか」「どんな人と関わりたいのか」「気候はどうか」「海がいいか山がいいか」など、自分にとっての移住のビジョンを考えましょう。どのような移住生活をしたいのか目的が見つかれば、移住しても後悔することはなくなるでしょう。

    移住の候補地についてしっかり調べる

    移住の目的が見つかったらそれに適した場所を探しましょう。
    探すときのポイントは、地方自治体の事例を参考にするのがおすすめです。また子育てを考えている人向け、豊かな自然あふれる場所といったテーマやキーワードをもとに検索し、いくつかピックアップしましょう。

    気になる場所をいくつかピックアップできたら、補助金制度や移住者の体験談を比較しながら一つに絞ってみてください。
    ここで自分に合った居住地が見つかれば移住のイメージが一気に見えてくるでしょう。

    実際に移住先を訪れる

    移住したい候補地を絞り込めたら、実際に訪れて現地の雰囲気を感じることが大切です。
    現地に足を運んでみるとイメージと違う部分もあれば、情報にはなかった新しい発見ができます。

    町並みや風景、どのようなお店や人がいるのかは行ってみなくては分かりません。
    「百聞は一見にしかず」という言葉があるように、実際に訪れて現地の雰囲気を感じて移住のイメージをしてみましょう。

    プロの移住相談員に相談してみる

    実際に訪れてから移住までの間に移住相談員に相談をして悩みは解決しておきましょう。
    細かな情報や、どんなサポートがあるのかも聞いてみることで本当にその地域で良いかを考えることが大切です。

    相談員は移住したことのある方が担当していることもあるため、生活の悩みといったことにも親身に相談に乗ってくれます。
    移住前の不安を相談員と話して解消しておき、移住の準備を完了させましょう。

    お試し移住で失敗するリスクが減らせる?

    お試し移住で失敗するリスクが減らせる?
    ここまで「移住に失敗する人しない人の特徴」や「失敗しないためにはどうするか」ということを紹介してきました。

    とはいえ、「本当に大丈夫なのか」「正直まだ不安がある」という方もいるでしょう。
    やはりどれだけ下調べをして準備をしても住んでみないと分からないことがでてきます。そこでおすすめなのが、「お試し移住サービス」です。

    お試し移住とは、地方への移住を検討している方向けに実際に田舎暮らしを体験できるサービスです。地方自治体や企業がお試し移住サービスを実施しています。

    例えばU-bokuというサイトでは、最短3日から1万円前後で体験できるサービスを提供しています。設備やアメニティも充実しており、自分は移住先の暮らしに抵抗がないかを確かめることができます。

    自分に合った場所と期間に合わせて移住体験ができるため、実際に住んでみてから移住を検討すると良いでしょう。

    移住で失敗しないためのポイントをおさえよう

    移住で失敗しないためのポイントをおさえよう
    移住に失敗する人や成功する人の特徴から、移住に失敗しないためのポイントについて紹介しました。

    「これをやってみたい、これだけはゆずれない」といった軸が見つかれば、移住先も絞り込みやすいでしょう。また、移住先に訪れることで移住後のイメージをつかむことができます。

    移住するか悩んでいるという方は、ぜひお試し移住サービスなどで実際に住んでみることがおすすめです。

    移住について詳しい記事はこちら

    移住で失敗しないためには?成功例から学ぶポイント
    最新情報をチェックしよう!
    WRITER