九州への移住で家がもらえる?メリット・デメリットを解説

九州への移住で家がもらえる?メリット・デメリットを解説

テレワークの普及などによって働き方が自由になった昨今、地方への移住を考えているという方も多いかもしれません。
もし移住を検討した場合、まず考えなければならないのが生活の基本となる住環境です。

実は自治体によっては、家を無料で提供してくれることがあり、それを利用する移住者も少なくありません。では、無料で家をもらうことに関して、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

この記事では、九州に移住して家をもらう方法や家をもらうことについてのメリット・デメリットを紹介します。

九州への移住で家がもらえる方法がある?

九州への移住で家がもらえる方法がある?
移住に関して、もっとも重要なのが「どこに住むか」という点です。

実は九州に移住することで、無料で家がもらえる方法があります。どうすれば、九州への移住で無料の家をもらうことができるのでしょうか。

空き家バンクを利用する

九州に移住して無料で家をもらうためには、空き家バンクを利用する方法が便利です。

空き家バンクは自治体などが運営するサービスになります。住む場所を求めている移住者と、空き家を貸したい人・売りたい人との橋渡しをしてくれるのです。

空き家のなかには有償の物件もありますが、よく探せば無料で借りたり、譲ってもらえたりできる空き家が見つかることもあります。

補助金制度を利用する

移住を促進するために、支援制度や補助金制度を設けている自治体もあります。

例えば、鹿児島県薩摩川内市では定住のために家を購入した人に対して最大250万円の補助が、佐賀県鹿島市では空き家の改修費用として最大200万円の補助を受けることが可能です。

このような支援制度を上手に利用することで、実質無料で住まいを確保することができます。

個人で交渉する

もし移住先に知人・友人がいるという場合には、物件の持ち主と直接交渉するという方法もあります。

家をもらう交渉などできるわけがないと思うかもしれませんが、空き家になっている物件の場合、取り壊すにもお金が必要になります。さらに取り壊した場合でも、土地に固定資産税が掛かるといった理由から、空き家を持て余している人も多いものです。

そのため、交渉次第では無料で家を借りたり、もらえたりということも珍しくありません。知り合いがいない場合でもSNSやネットの掲示板などで持ち主を見つければ、直接の交渉が可能になります。

九州に移住して家をもらうメリット

九州に移住して家をもらうメリット
移住する場合、住む場所はもらう以外にも買う、借りるといった方法があります。
では、家をもらうということにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

家賃がかからない

家をもらう最大のメリットは、家賃がかからないということです。家計に占める家賃の比率は生活費のなかで最も大きくなります。

また、固定費のため、節約することも難しいです。しかし、家をもらうことができれば、家賃が不要になり生活が楽になるでしょう。

生活に余裕が出来る

移住して間もないときには、まだ慣れないこともあり、思ってもみない出費が必要になることがあります。さらに移住先で新しく仕事を始めるという場合には、当面の生活費の面で不安を感じることもあるでしょう。

家をもらい、住む場所を確保することは生活の安心だけでなく、金銭面での不安の解消にもつながります。不安などを感じることが多い移住生活で、家があるということは大きな安心材料になることでしょう。

別のことにお金を回せる

これまでとは違う新しい生活をスタートさせるときには、なにかとお金が必要です。そんなとき、家賃の負担が大きいとどうしてもうまくお金が回らず、せっかくの移住生活もスタートからつまずいてしまう可能性があります。

しかし、移住の時点で家をもらっておくことで自由に使えるお金が増えるため、不本意な我慢や節約の必要がなくなり、気持ちよく新生活を始めることができるでしょう。

九州に移住して家をもらうデメリット

九州に移住して家をもらうデメリット
「家がもらえる」というと、良いことばかりのように思いがちですが、実際には家をもらうことでデメリットも起こります。

家をもらうデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

補修費用がかかる

無料でもらえる家の場合、長い期間人が住んでいなかったり、手入れがされていなかったりということがほとんどです。そのため、快適に暮らすためにはある程度の補修が必要になります。

自分たちでDIY補修を行い、費用を押さえることもできますが、トイレが水洗ではない、給湯器が設置されていないといった基礎的なインフラに問題がある場合にはどうしても専門の業者に依頼する必要があり、費用も高くなってしまいます。

家は無料でも課税される

空き家バンクなどを利用して、無料で家をもらうと聞くと、お得でお金がかからないと考えてしまうものでしょう。しかし忘れてはいけないのが、無料で手に入れた家でも、税金はかかるということです。

仮に無料で家をもらった場合でも、贈与税や不動産取得税、固定資産税も必要になります。そのため、家自体は無料であっても、納税の時期にはまとまったお金が必要になる場合もあります。

気に入らなくても住み続けなければならない

どのような家でも、本当の良し悪しは住んでみなければ分かりません。静かな環境を望んでいたのに夜になるとトラックの通り道が近くにあってうるさかったり、山が近く虫などに悩まされたりといった、暮らしてみて初めて分かるトラブルも少なくないものです。

通常なら引越しをしたくなることがあっても、無料でもらった家の場合には、気に入らないからといってすぐに引っ越すことも難しいでしょう。

九州への移住で家がもらえる前にお試し移住を

九州への移住で家がもらえる前にお試し移住を
移住で家をもらうことには様々なメリットやデメリットがあります。
家をもらうと家賃が不要になり、移住先での新しい生活をスムーズに進められるようになる反面、補修費用や税金など思ったよりもお金がかかってしまったというケースも多いものです。

もしその土地が合わなかった、イメージしていた移住生活と違ったという場合でも、一度もらった家は簡単に手放すことが難しいです。そういったミスマッチを防ぐには、本格的に移住生活を開始する前に、短期間の「お試し移住」を行うと良いでしょう。

実際にその地域に住んでみると、雰囲気や暮らし方などが理解できるだけでなく、地元の人とのコミュニケーションも経験できます。お試し移住に関しては、自分で手配するという方法もありますが、移住のサポートを行っているサービスを利用するのがおすすめです。

例えば、物件のシェアサービスを行っている「U-boku」では、移住先として様々な場所を選べるのはもちろん、宿泊先の予約やそれぞれの自治体が実施している移住制度や子育て制度を知ることができるため、お試し移住をしてみたいという方には便利です。

九州移住で家をもらえるには事前の準備が大切

九州移住で家をもらえるには事前の準備が大切
「移住すれば家がもらえる」という話を聞けば、メリットだけを考えて思わず飛びついてしまいがちですが、実際には様々なデメリットもあり、思っているよりもお金がかかってしまうことも考えらえます。

それを防ぐためには、事前の準備や情報収集などが重要です。また、お試し移住で実際に暮らしてみると、移住生活を成功に導くことにつながります。

移住について詳しい記事はこちら

九州への移住で家がもらえる?メリット・デメリットを解説
最新情報をチェックしよう!
WRITER