移住促進をしている地域は?支援制度など詳しく紹介

移住促進をしている地域は?支援制度など詳しく紹介

日本国内の47都道府県の各地域では、移住促進のための支援制度が整えられています。特に、移住に際して住宅を新築・改修する場合や起業する場合に、高額の助成金がもらえるケースが多いです。

この記事では、移住促進している地域の支援制度について紹介します。

移住促進のための支援制度がある

移住促進のための支援制度がある
地方への移住促進のための支援制度は、すべての都道府県にあります。全国一律で同じ制度というわけではなく、都道府県内でも各市町村によって違う支援制度がつくられています。

支援制度の内容は、主に住宅や仕事、子育てに関するものです。農業が盛んな地域では、就農者を増やすために、移住から農業で暮らしが成り立つまで相談に乗ってくれたり支援金の給付がある場合もあります。

長野県

長野県は農家数が全国で1位ですが、精密機械やIT関連の工場の数も多く、完全失業率が全国で最低となっています。
長野県の支援制度の例を紹介します。

ソーシャル・ビジネス創業支援金

ソーシャル・ビジネス創業支援金は、地域の課題を解決するビジネスをイノベーション(技術革新)により創業する方を支援する事業です。
創業に必要な経費の2分の1の支援金が支給され、支援金額の上限は200万円になります。

環境配慮型住宅助成金

環境配慮型住宅助成金では、最新の住宅省エネ基準に適合し、県産木材を活用した住宅を新築する場合と、住宅の性能向上リフォームをする場合に費用の一部を助成します。
リフォームの場合は工事費の20%、最大50万円が助成されます。

広島県

広島県は、レモン・ネーブルオレンジ、牡蠣といった全国で上位を占める産品が多くあり、世界でもトップレベルのものづくり技術を持つナンバーワン企業やオンリーワン企業が多くあります。
広島県の支援制度の例を紹介します。

空き家再生・活用補助制度

空き家再生・活用補助制度とは、空き家バンクに登録されている物件を購入、賃借した方を対象に空き家を改修するための費用の一部を助成する支援制度です。
支援金額は、経費の2分の1で上限が30万円になります。対象となる経費は、トイレ、風呂、台所などの生活に必要な部分、起業する場合は、店舗に必要な費用です。

定住促進事業補助金制度

定住促進事業補助金制度は、江田島市内に住宅を購入、新築をして定住する方を対象に費用の一部を助成する支援制度です。
移住前の2年以上を江田島市以外に定住していた方、移住後5年間は定住することなどが条件になります。支援金額は、上限30万円です。

静岡県

静岡県は、富士山をはじめとした山や海、川や湖などの豊かな自然に恵まれた地域です。世界に誇る観光地だけあり交通アクセスにも優れているため、移動がしやすいという特徴があります。
静岡県の支援制度の例を紹介します。

静岡市空き家改修事業補助金

静岡市空き家改修事業補助金は、静岡市空き家情報バンクを利用して空き家を購入して改修した場合に助成するされる支援制度です。
過去にこの支援制度を利用していない方、空き家を個人で利用することなどの条件があります。支援金額は、改修費用の3分の1になり、上限が70万円です。

転入子育て世帯マイホーム取得応援事業

転入子育て世帯マイホーム取得応援事業は、焼津市外に在住している、夫婦の双方が40歳以下、または中学生以下の子どもがいる世帯、ひとり親の場合は中学生以下の子どもがいる世帯が対象になります。

指定の土地を購入して住宅を新築した場合に助成される支援制度です。支援金額は、上限100万円になります。

北海道

北海道は、農産品の一大ブランドとして認知されているほか、林業や漁業など第一次産業が主な地域です。観光業や太陽光発電や風力発電などの環境エネルギー産業も盛んに行われています。
北海道の支援制度の例を紹介します。

山村定住促進補助金制度

山村定住促進補助金制度は、江丹別町に転入して居住する場合に、住宅の新築費用や購入費用を助成する支援制度です。
支援金額は、最大300万円になりますが、義務教育終了前の子どもがいる世帯は加算の対象になります。

住宅建設等費用助成

住宅建設等費用助成は、転入者が新築した場合に、費用を助成する支援制度になります。税金や使用料などの滞納がない方、平成23年7月1日以降に移住し、移住前1年間で市内に住所がない方などが対象です。
支援金額は、新築購入で最大150万円、中古購入で最大50万円になっています。

山梨県

山梨県には6つの自然公園があり、水と緑にあふれる地域です。日照時間が長く降水量が少ないという気候で「果樹王国」とも呼ばれています。
山梨県の支援制度を紹介します。

移住支援金制度

移住支援金制度は、「移住する直前の10年間のうち5年以上、東京23区内に居住していた」「東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県の除外地域以外に住み、5年以上23区に通勤していた」のどちらかが当てはまり、山梨県のマッチングサイトの中小企業に就職した場合に受けることができます。

移住元の仕事をテレワークで実施し、内閣府が実施するプロフェッショナル人材制度等を活用して就職した場合、「起業支援金(やまなし地域課題解決型企業支援金)」の対象に選ばれた場合も要件が合えば対象です。
支援金額は、最大100万円が上限になっています。

福岡県

福岡県は、本州と九州を結ぶ交通の要衝になります。卸売・小売業やサービス業などの第3次産業が盛んな地域です。
福岡県の支援制度を紹介します。

朝倉市移住支援事業

移住前の10年間のうちの5年以上を東京23区に在住、通勤し、朝倉市へ移住した方が、移住支援金対象の中小企業に新規就業した場合、社会的事業分野で起業した場合に助成されます。
支援金額は、単身での移住の場合には60万円、世帯での移住の場合には100万円です。

新潟県

新潟県は米どころで、米の産出額が全国1位の農業王国です。洋食器などの金属加工をはじめとした製造業も盛んに行われています。
新潟県の支援制度を紹介します。

東京圏から新潟県へ移住した方に最大で100万円を支給

これは一定の条件を満たして東京圏から県内に移住した場合に助成する支援制度です。
支援金額は、単身の世帯の場合が最大60万円、2人以上の世帯が最大100万円になります。しかし、2人以上の世帯の場合は、移住元の住民票で同一世帯に属していることや平成31年4月1日以降に移住していることなどの条件もあるため、事前に確認しておきましょう。

移住を促進している地域にお試し移住してみよう

移住を促進している地域にお試し移住してみよう
いざ移住しようと思うと、費用や仕事、子どもの教育など、いろいろなことが気になります。

移住促進のために地域の市町村では様々な支援制度が用意されていますが、支援制度だけで選ぶと移住後のミスマッチが起こるかも知れません。

そのため、自分に合った支援制度を行っていたり、気になる地域は一度、住んでみることが大切です。

そのような地域があれば、お試しで移住体験ができるU-bokuのような物件シェアサービスを利用してみるのも良いでしょう。

U-bokuでは、最短3日から住むことが可能です。生活に必要なインフラなども揃っているため、気軽に移住の暮らしを体験することができます。

移住促進している地域の支援制度を活用しよう

移住促進している地域の支援制度を活用しよう
移住を考えるなら、候補地の移住促進のための支援制度を活用しましょう。
支援は、住宅購入や改修の費用、引越し費用から起業に際しての費用、子どもの出産のお祝い金や保育料など地域の市町村により様々です。

支援制度を活用すれば、より良い移住計画を立てられるでしょう。移住してみたい地域で、自分がどのような支援制度の対象になるのか調べてみてはいかがでしょうか。

移住について詳しい記事はこちら

移住促進をしている地域は?支援制度など詳しく紹介
最新情報をチェックしよう!
WRITER