気軽に田舎で生活!!お試し移住とは?

気軽に田舎で生活!!お試し移住とは?

気軽に田舎で生活できるお試し移住の生活がトレンドになってきています。最近はリモートワークが主流になり、パソコンとWiFiがあれば、いろんな場所で暮らせるような環境が整ってきました。お試し移住であれば、その地域の旬の物を食べることができ、都会に比べて森や海などの自然に囲まれる暮らしが体感できます。まだ移住はしないけれど、老後は田舎で暮らしたいなという方にお試し感覚で過ごせるお試し移住はおすすめです。

【お試し移住】気軽に田舎での暮らしを体験!?メリット・デメリットは?


お試し移住の暮らしは、気軽に田舎での暮らしを体験できるというところにあります。特にリモートワークをしていれば、好きな場所で仕事をして暮らせるので、田舎でのゆったりとした暮らしを体感するのであれば、お試し移住はとてもおすすめです。田舎の暮らしを実際に体感してみることで、メリットやデメリットも見えてきます。

メリット

・短期間で個室寮などの住居に泊まり、仕事ができる
旅行がてら仕事をしたいという場合は、旅費が安く収まりますし、稼ぐことができるのでおすすめです。近年では、政府も地域振興を目的にお試し移住も推奨しています。老後のんびり暮らす選択肢として、田舎での暮らしを体感してみるのもよいでしょう。
リモートワークの仕事をしているのであれば、お試し移住先でバイトをしながら、宿泊場所でパソコンを使って仕事をすることもできます。

デメリット

・あまり田舎に行き過ぎると、WiFiの電波が入りづらくネットが使えなかったり、電波が入らなくなってしまう。
移住先の電波状況やWiFiがちゃんと繋がるかどうかなどの設備部分を確認することをおすすめします。特に、田舎は夜は暗く、道が分かりづらいので、Googleマップなどに頼ることが多くなります。そんなときに電波が入らないかったり、パケットが使えないと迷子になってしまいますので、十分に注意してください。
また、環境によっては周りにお店がない場所もあるので、最低限生活に必要なものは出発前に準備しておき、キャリーケースの中に入れておくようにしましょう。

実際、お試し移住にかかる費用はいくらか?

実際にお試し移住にかかる費用は、場所によって異なります。

お試し移住のアルバイトを利用する場合

宿泊先との間に会社が入りますので、その会社との契約になることが多いです。
費用もどこまで会社側が出すかという詳細は、しっかりと電話などで聞いておくことをおすすめします。
ネットで申し込む場合、ざっくりとした料金は書かれていますが、細かいとこは聞かないとあとで支払いが増える可能性もあるので、気をつけておくようにしてください。

リモートワークでお試し移住をする場合

会社の雇用形態がさまざまなので、一概に言えません。もし自分で調べて、民泊などに宿泊してみて、その地域を体験したいという場合は、自分で経費を調べる必要があります。その際に交通費などは、特に注意をするようにしましょう。

お試し移住先への交通費

ネットで事前に購入したり、専用のアプリケーションを使う方が割引がきくので、通常より安く購入することができます。
事前に計画しておき、日程を決めたら、早めに交通費はネットか専用のアプリケーションで購入することをおすすめします。

WiFiの準備

WiFiを設置している地域でも、そもそも田舎だと設置しているWiFiが繋がりにくかったり、セキュリティがあまいことがあります。リモートワークで仕事をする際に、情報を取り扱うものであれば、WiFiをレンタルしたほうがよいでしょう。
もちろん設置されているWiFiが全て繋がりにくいわけではないですが、お試し移住先の民泊などは年配の方が多く、WiFiの機械に詳しくなく、WiFiが繋がりにくいことを伝えても、上手く改善されないことも多いので、持っていった方が安心です。
リモートワークは、パソコンとネット環境がないと仕事ができないので、ネットが繋がらないと命取りになります。気をつけてください。

お試し移住で都会の疲れを癒す田舎の生活


都会の疲れを癒す田舎の生活は、心身ともに健康的に空気のきれいなところで過ごすことができます。都会の疲れを癒やしてくれるものがたくさん揃っているので、心豊かに過ごすことができます。メリットでいうと、家賃がやすい食べ物が美味しい豊かな自然があり、レジャー関係も充実しています。

自然の中だと心にゆとりを持って、子育てをすることができます。リモートワークをしていれば、場所はどこでも好きな場所で自由に仕事ができるので、田舎の自然の中でゆっくりと過ごしながら、仕事をしていくことができます。子育てをしながら仕事をする母親も増えてきていますが、やはり子育てをするとなると、ゆとりをもったのびのびとした子育てができますのでおすすめします。

また、近年では田舎の過疎化をカバーするために積極的に移住者の受け入れをしている自治体も多いです。自治体の手厚いサポートを受けることができるので、自然豊かな場所で、より自由な子育てをすることができます。サポート内容としては、創業支援、物件紹介、保育料の減税や補助などもありますので、働きながら子育てをするママにはとても仕事と子育てを両立できる環境といえます。

実際お試し移住するための準備・必要なもの

準備しなければならないものを書き出し、備えていきましょう。

実際にお試し移住するための準備・必要なものを確認していきましょう。お試し移住を体験してみると決めたら、まずはお試し移住するための目的を決めていくことが必要です。目的は何でも構いませんが、なぜ田舎に行くのかの理由を考えて、掘り起こすようにして、できるだけ具体的にイメージするようにしてください。

例えば、食べ物や水が美味しいところでゆったりと暮らしたい、田舎でレストランを開きたいなどの目的です。何の目的によるかで、準備するべきものや必要なものも変わってきますので、何をしたいか目的を決め、準備しなければならないものを書き出し、備えていきましょう。

この目的がぶれてしまうとお試し移住の費用なども無駄になりますので、目的をしっかりと明確に立て、お試し移住に行きましょう。実際、お試し移住に行ってみて、イメージしたりしたものと違う可能性もありますので、引っ越しをする前のお試し移住は念入りに調べて、必要なものを準備していくようにしてください。

地方移住の専門の方に相談をする

またイメージがしづらかったり、何が必要なものなのか分からない場合は、地方移住の専門の方に相談をするようにしてみることをおすすめします。そのような地方移住に詳しい方であれば、思ってもいなかったものが必要になったり、都会は当たり前だけど地方に行くと、買えないものなども見えてきます。

田舎は自然やレジャーなどゆったりと暮らすことはできますが、必要なものが買えなかったり、そもそも売ってなかったりするので注意してください。ネットで購入することもできますが、配送料などもかかりますので、ネットであればまとめ買いするようにしたり、事前にもっていった方が安くつくものや在庫がいらないものに関しては、先に買ってもっていったり、臨機応変に工夫することをおすすめします。

U-bokuについて


ワーケーションの場所選びは、仕事ができる環境があることはもちろん、休暇を楽しむという目的も忘れずに、目的に合った場所を選ぶのがおすすめです。

長期滞在しながら落ち着いてワーケーションがしたいという方は、U-bokuのような物件シェアサービスの活用もおすすめです。海の近くや自然に囲まれた場所、観光地に近い場所にも物件があり、オンラインで申込み、決済を完結することが可能です。

また、コワーキングスペースなどよりも情報漏洩リスクが低いため、安心して仕事に集中することができるでしょう。ワーケーションの場所選びは、ぜひU-bokuなどの物件シェアサービスを活用してみてください。

気軽に田舎で生活!!お試し移住とは?
最新情報をチェックしよう!
WRITER