移住におすすめの地方都市ランキング

移住におすすめの地方都市ランキング

東京、大阪などの大都市に住み働いていると、ふとしたときに地方移住へと思いを巡らせることはありませんか?

満員電車や混雑した街なか、自然になかなか触れることのできない都市部ではなく、不便を感じない程度の地方都市への移住を考える方も多いでしょう。

東京への人口集中を解消するため、国や県、地方自治で様々な取り組みが行われています。企業の移転や有名人の地方移住が話題にあがることも増え、地方移住は人生を豊かに過ごすための方法の一つです。

この記事では、地方移住のメリット、デメリットに加えて、多くの移住者に選ばれているおすすめの地方都市をランキング形式で紹介します。

地方移住のメリットとデメリット

地方移住のメリットとデメリット

地方移住を考える際、一番最初に考えるべきはそのメリットとデメリットです。

地方移住は人生の大きな決断になるため、後悔をしないように、受けられる恩恵と妥協を覚悟するべきことを事前に知っておきましょう。

移住のメリット①:土地や家賃が安い

地方都市の魅力の一つに都市部に比べると土地代や家賃が安いことが挙げられます。

東京都内の平均賃貸料はワンルームであっても約8〜10万円ほどです。場所によってはさらに高くなることも珍しくありません。家族で住めるマンションを借りるとなると10万円〜20万円が相場となります。

毎月の固定費となる家賃はできるだけ抑えたいところですが、都市部ではなかなか難しいのが現実です。

一方、地方都市ではワンルームは安いところであれば3万円台から見つけることが可能になります。

家族のために大きな家を借りたとしても、家賃は10万円以下ということも珍しくなく、住まいの選択肢も十分に用意されています。

地方都市であればマイホームを持つことも現実的になるため、家を持つことを目的として地方移住を考えるのも良いでしょう。

移住のメリット②:自然に囲まれてのんびり暮らせる

地方都市の二つ目のメリットは自然のなかで暮らせることです。田舎でなくとも地方都市であれば、自然との距離が近いのも特徴です。

自然のなかで趣味のアクティビティをしたり、美しい景色を見ながら生活をしたいという方は都市部よりも地方都市のほうがメリットは大きくなるでしょう。

移住のメリット③:食べ物が美味しい

地方都市は自然と隣接しているため、新鮮な海の恵みや山の恵みが手に入りやすく食事も美味しく、運送費もかからないため、お値打ちなのも嬉しいポイントです。

また、土地も都市部に比べると安く広いため、畑を購入して趣味で野菜を育てるという暮らし方ができるのも大きなメリットとなるでしょう。

移住のデメリット①:車社会である

地方都市は都市部に比べると交通の便が整っていない場所もあります。

移動には車が必要になるため、車の購入費や維持費、ガソリン代がかかってくると考えておきましょう。車の免許が必要なく取得していなかった場合は移住に合わせて免許の取得は必須になります。

移住のデメリット②:仕事の選択肢が限られている

地方都市では仕事の選択肢が限られていることもあります。企業数・求人数が最も多いのは東京や都市部になり、給与に幅があるのも都市部です。

しかし、近年は企業が地方都市へと本社を移動させることも増えています。2020年に始まった新型コロナウイルスの影響でテレワークを採用する企業が増えているのも事実です。

好きな場所に住みながらオンラインで仕事を行える未来がやってくる日も遠くないでしょう。

しかし、現時点では地方で仕事を見つけるのなら給与が下がることや、求人の選択肢が減ることは覚悟をしておきましょう。

移住のデメリット③:アクティビティは限られている

都市部に住んでいると外食、テーマパーク、映画、スポーツ観戦など数多くのアクティビティを気軽に楽しむことができます。

地方都市は自然に囲まれてのんびりと生活ができる一方、このようなアクティビティには限界があります。

自然を利用して自然のなかで楽しむ術を身に着けておくと良いでしょう。

後悔しない移住先の選び方とは?

後悔しない移住先の選び方とは?

地方移住で最も不安に感じるのは、場所を選んで実際に移住した後に後悔しないかということでしょう。

すべてが理想通り、というわけに行かなくても移住後の生活で譲れない点と妥協点を明らかにしておくのはとても大切なことです。

地方都市はそれぞれ特徴があるため移住先を選ぶためのポイントを抑え、後悔のない選択ができるようにしましょう。

どんな生活を送りたいのかを明確にする

一言で地方移住といっても、都会での生活をある程度残したまま不便を感じない程度の地方都市に移住をするのか、大自然に囲まれた地方都市にほど近い田舎の町に移住するのかによってその後の生活は異なります。

地方移住に何を求めるのか、その後の人生をどのように過ごしたいのかを明確にしておきましょう。

街の雰囲気や文化が肌に合うか

単身での地方移住であれば自分が住みやすいと感じる場所を中心に移住先を選べば良いですが、家族がいる場合は少し難易度が上がります。

気候、言葉、文化の異なる地方都市に家族全員が馴染んで快適に生活ができるのかどうかは移住を成功させる大事な要素になります。

収入源を明らかにしておくこと

地方移住で家賃や食費などの負担は少なくなるものの、車の維持費やガソリン代など別の出費がかさんでくる場合もあります。

生活全体がすべて格安になるわけではないため、移住を決める前に、どこからどのようにして収入を得るのかは必ず明らかにしておきましょう。できることなら移住前に移住後の仕事先を見つけておくのが望ましいです。

先輩移住者が継続して生活しているか

地方移住を成功させるためには、必ず先輩移住者の意見をチェックすることを心がけましょう。

田舎暮らしや地方都市暮らしに憧れる方が多いなか、移住先の生活に馴染めず都会へと戻る方も一定数存在します。先輩移住者の意見を集めて継続して生活ができそうかを判断する冷静さを身に着けましょう。

地方移住の支援が充実しているか

地方移住には国や県、地域の支援がある場合も考えられます。
住宅支援や職探しのための支援など内容も様々なため、事前にチェックしておきましょう。

支援が充実しているエリアへの移住であれば個人での負担が減り、目標の地方移住がスムーズに行えます。

移住におすすめの都市ランキング

移住におすすめの都市ランキング<

地方移住者に人気・おすすめの都市をランキング形式で紹介します。

今移住者が増えている都市も、昔から人気の高い都市も大きな魅力を秘めています。

移住におすすめの都市1位:長野県

移住者に人気の都市ランキングで長年1位に輝くのが長野県です。

以下がその人気の理由になります。

  • 東京からもほど近く先輩移住者が多い
  • 大自然を満喫できる(自然を使ったアクティビティが豊富)
  • 移住支援制度がとても豊富
  • 家賃相場が安い(土地も広い)

    地方移住に必要な要素を兼ね備えた県と言えるでしょう。

    長野県は東京から近いことが移住の大きな魅力の一つになっています。

    時間をかけて失敗のない移住を望む方が何度も足を運びやすいことや、週末は田舎で過ごしつつ完全に移住を目指すスタイルも取りやすいのが強みです。

    東京から近い場所にあるにも関わらず、本州では3番目の広さを誇り大自然が残されているのも特徴です。海はありませんが、美しい山、高原、湖、そして川で満たされた長野県は自然のなかで暮らしたいという夢を叶えてくれる場所です。

    長野県が多くの移住者に選ばれるのは、充実した支援も影響しています。

    住宅購入のための支援金が支給されるもの、中古住宅のリノベーション費用を補助してくれるなど家に関するものだけでなく、資格取得のための費用を補助してくれるもの、農業従事者に対しての支援金、起業をする方に対しての支援金など様々です。

    自治体によっては子どもの医療費が高校卒業まで無料であったり、出産お祝い金など独自の政策を行っているところもあります。

    先輩移住者も多いため情報が得られやすいのも人気の高い秘密と言えるでしょう。

    長野県佐久市について詳しい記事はこちら

    移住におすすめの都市2位:北海道

    日本最北の土地、北海道も移住者に人気の高い場所です。
    自然を満喫し、自然のなかで暮らしたいという理由で移住を考えている場合は、北海道は有力な候補となります。

    最大の街である札幌市内に住居を構えたとしても、少し足を伸ばすだけで自然に出会えるのは魅力です。

    都会からの移住でも不便を感じにくい札幌市近郊への移住は、田舎暮らしと街暮らしの良いところがあるためとても人気があります。

    また、農業が盛んなため野菜の直売所が多いのも特徴です。北海道ならではの新鮮な野菜が格安で手に入ることも多いです。

    北海道は都市部からの移住を推し進めているため制度も充実しています。気になる街に短い期間住んでみる体験移住「ちょっと暮らし」制度が活発に利用されていたり、就職支援制度や住宅支援制度も充実しています。

    北海道深川市について詳しい記事はこちら

    移住におすすめの都市3位:広島県

    温暖な気候と美しい風景、できれば海も山もと欲張りな方におすすめの移住先は広島県です。
    「カープ移住」という広島カープを応援するあまり広島県に移住する方の多さも話題になりました。

    コンパクトで住みやすい街に美しい風景と住む環境はこれ以上ないほど整っています。交通の便も良く、車を持たないまま地方移住を望んでいる方にもおすすめの場所です。

    広島市は中国地方で最も大きな都市のためエンタテイメントも充実している一方、少し足を伸ばすだけで瀬戸内海の島々や県内にある6つの自然公園などを満喫できるバランスの良さも魅力です。

    広島県はモノづくりが豊富な地域で、求人数が多いのも特徴です。有効求人倍率は1,19倍(2020年9月時点)と、新型コロナウイルスの影響を受けたにも関わらず高い数字を保っています。

    中国地方で最も大きな都市である広島市には企業も多く、移住に伴う転職でも仕事を見つけられる可能性が高いでしょう。

    広島県庄原市について詳しい記事はこちら

    移住におすすめの都市4位:山梨県

    東京の左隣、山梨県も移住者にはとても人気の高い場所です。

    県内の78%が森林に囲まれている緑豊かな県で、東京へもアクセスがしやすく、山梨県内東部に住居を構えれば都内へ通勤することも可能です。

    のひのびとした雰囲気の山梨県内で暮らしながら、仕事は都内で行うのは新しい移住の形と言えます。

    自然のなかで子育てをしたいという方が山梨県を選ぶのは、自然の多さと都心へのアクセスの良さが理由です。子育て支援も充実しているためファミリーでの移住者にとって魅力的な県です。

    土地も安く、東京では一坪平均で約343万円程度しますが、山梨県では一坪3万円程度です。
    山梨でマイホームを購入し、平日は東京で働きながら暮らすのも良い選択と言えるでしょう。

    移住におすすめの都市5位:鳥取県

    近年、移住者が増えているのが鳥取県です。

    日本一人口の少ない鳥取県ですが、美しい海も山もある魅力的な移住先です。冬には雪が多く寒くなりますが、自然災害が少なく春夏は晴天の日が多い穏やかな気候も人気の秘密です。

    特に移住者への補助がとても手厚いのが特徴です。

    移住者に対しての家賃補助や住宅の購入に対しての支援金、農業や漁業に従事する方への補助金制度などが設けられています。小学校・中学校では少人数制のクラス作りが行われており、県単位で教育にもしっかりと力が注がれています。

    鳥取移住の大きな壁となるのは仕事探しです。求人数は少なく、農業や漁業などの第一次産業が多くなります。

    農業や漁業を志している方にとっては補助もあるため良い移住先となるでしょう。加えて鳥取県は全国で初めて起業者に対して有利な融資を行う「創業支援資金」制度が作られています。鳥取に移住し、資金を利用して起業するという選択も魅力的です。

    ランキングを参考に最適な移住先を見つけよう

    ランキングを参考に最適な移住先を見つけよう

    地方移住は人生の大きな決断となります。

    地方移住を決めたならまずはしっかりと情報収集をし、利用できる支援を受けながら一歩ずつ実現へと向かって行きましょう。

    どこにしようかと迷っている方は、ランキングで紹介した人気の高い県をぜひチェックしてみてください。移住先としてふさわしい、納得の行く街を探してみてはいがかでしょうか。

    移住について詳しくはこちら

  • 移住におすすめの地方都市ランキング
    最新情報をチェックしよう!
    WRITER