Jターンとは?地方移住のメリットやUターン・Iターンとの違い

Jターンとは?地方移住のメリットやUターン・Iターンとの違い

多様性のある働き方が認められるようになった昨今、Jターンをはじめ地方に移住して働くことを希望する方が増えています。

この記事では、Jターンとは何か、地方移住のメリットやUターンIターンとの違いなど、Jターンに関することを紹介します。

Jターンを検討している方はぜひ参考にしてください。

Jターンとは?

Jターンとは?

Jターンは地方出身者が首都圏などの都市部に進学・就職後、地元からアクセスの良い地方都市に移住することを指しています。

例えば、「三重県出身の方が東京で就職した後、名古屋市で転職する」「長崎県出身の方が東京に進学した後、福岡市で就職する」など、地元ではなく、地元近くの地方都市に移住することをJターンと呼んでいます。

Jターンで地方移住するメリット

Jターンで地方移住するメリット

地元以外の地方都市で働くJターンにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

まずは、Jターンのメリットを紹介します。

生活がしやすい

地方都市に移住するJターンは、生活がしやすくなることがメリットの一つです。

地方都市は大都市に比べて物価が安いため、家賃や食費など生活費を大きく削減することができます。

また、地方都市は田舎とは違って適度な娯楽や交通アクセスの良さ、程よい自然があり、生活しやすい環境が整っています。

交通の便が良い

車社会の地方では1人1台の自家用車が必須と言えるほど、車がなければ生活が不便になります。

しかし、地方都市は田舎に比べると交通の便が良いことから、車だけでなく、電車やバスなども利用しやすい環境です。

また、大都市のような通勤ラッシュに巻き込まれることも、満員電車でストレスを溜めることも少なくなるでしょう。

子育てがしやすい環境

首都圏を中心に待機児童問題が深刻化していますが、地方都市では保育園や幼稚園に入りやすい場合も多く、共働きしやすい環境が整っています。

子育て支援サポートに力を入れている自治体も多いことや、地元が近いことで子育てを親に手伝ってもらえる環境でもあることから、Jターンは子育て世帯にもメリットがあります。

ワークライフバランスを重視した働き方

Jターンを希望する方のなかには、ワークライフバランスを重視した働き方を望む方も多いでしょう。

最近では、親の介護などを理由に地方に移住する方も増えているため、企業側もワークライフバランスを重視した働き方を理解することが増えてきました。

特に地方都市にある企業の場合、都市部でスキルを培った優秀な人材を確保したいと望む場合も多く、ワークライフバランスを重視した働き方を提示することで、働きやすさをアピールしています。

関連記事

地元以外の地方都市で働くJターンが人気を集めていますが、Jターンにはどのようなメリットがあるのでしょうか。この記事では、Jターンのメリットを中心にJターンがおすすめの方や、Jターンを希望する方が増えている理由について紹介します。[…]

IMG

JターンとUターン・Iターンとの違い

JターンとUターン・Iターンとの違い

Jターン、Uターン、Iターンという言葉はどれも地方移住のときに使われますが、それぞれにどのような違いがあるのかでしょうか。

次に、地方移住に関するJターン・Uターン・Iターンの違いを紹介します。

JターンとUターンの違い

Uターンとは、もともと地方出身の方が都市部で進学や就職をした後、しばらくして地元の田舎に戻ることを指しています。

JターンもUターンと同じく、地方から都市部に出た後に再び地方に移住することを指していますが、UターンとJターンには、「地元に戻る地方移住(Uターン)」と「地元から近い、地元以外の地方都市への移住(Jターン)」という大きな違いがあります。

JターンとIターンの違い

Iターンとは、もともと都会生まれの方が就職・転職を通じて地方に移住することを指しています。

JターンとIターンの違いを簡潔に言うと「地方出身者と都会出身者の違い」です。

ただし、Iターンは地方都市・田舎のどちらに移住する場合であってもIターンになります。
そのため、JターンとUターンのように移住先による言葉の区別はありません。

関連記事

都市から地方に移住する方法としては「Uターン」「Iターン」「Jターン」などの種類があります。Uターン・Iターン・Jターンにはどのような違いがあるかご存知でしょうか。今回は、都市から地方に移り住むUターン・Iターン・Jターンの違いやそれぞ[…]

IMG

Jターンはどんな人におすすめ?

Jターンはどんな人におすすめ?

地方移住するということ自体は、Jターンだけではなく、UターンやIターンも同じです。

では、地方移住のなかでもJターンがおすすめなのはどのような方なのでしょうか。

地元で就職先が見つからない

地元に戻りたいと思っていても、田舎は求人数や職種が限られているため、就職先が見つからないことも多々あります。

地元に帰りたいけれど就職先が見つからないという方には、Jターンがおすすめです。

田舎と比べて地方都市は求人数が多くなるため、希望の職種で就職できる可能性が高まるでしょう。

地元で就職先が見つからないときは、アクセスの良い地方都市での就職を検討してみてはいかがでしょうか。

都会から離れて子育てがしたい

都市部から離れて子育てがしたいという方にも、地方都市でのJターンがおすすめです。

都市部での生活は地方に比べると非常に便利ですが、首都圏の待機児童問題など都市部の子育て環境に頭を抱えている方も少なくありません。

また、都市部では自然や公園が少なく、子どもを外で自由に遊ばせることも不自由です。

しかし、地方都市では、待機児童問題は都会と比べると少なく、子育て支援も整っている傾向にあります。

また、公園をはじめとした程よい自然があるため、子育て環境として適しています。

地元の親の介護が必要

地元の親の介護が必要という方にも、Jターンがおすすめです。

Uターンのほうが親と同居して介護をすることができますが、同居によって介護サービスが制限されてしまうことがあるため、注意が必要です。

場合によっては、Jターンで別居をしながら、近くにいる親の介護をするほうが良いという場合もあります。

また、地元ではできる仕事が限られてしまうため、転職が難しいこともあります。

仕事がないことには親の介護だけではなく、自分たちの生活も成り立たなくなる可能性があります。

しかし、地方都市は田舎に比べると求人数が増え、さらには都市部からの優秀な人材を募集するJターンの斡旋を行っていることもあるため、転職しやすい傾向にあります。

地域貢献がしたい

地域貢献をしたいと考えている方にも、Jターンはおすすめです。

近年では優秀な人材確保を目的として、地方企業や自治体が都会に住む方向けに就職説明会などを行っています。

都市部でスキルを培ってきた優秀な人材は地方で重宝されるため、地域に貢献したい、新しいことに挑戦したいと考えている方に適した環境だと言えるでしょう。

都会の喧騒から離れたい

都市部の喧騒に疲れたという方にも、Jターンがおすすめです。

地方都市は田舎に比べて利便性に優れているため、生活しやすい環境が整っています。

また、都市部のような人混みや満員電車からも解放され、自然も程よく感じられるでしょう。

都会の喧騒から逃れ、落ち着いた暮らしがしたいという方にJターンは向いていると言えるでしょう。

関連記事

新型コロナウイルス感染症の流行に伴って、JターンやUターン、Iターンといった地方移住がますます注目されています。なかでも地元に近い地方都市で働くJターンは、今最も人気の高いおすすめの移住スタイルの一つです。この記事では、Jターンがおすす[…]

IMG

Jターン転職は難しい?知っておきたいポイントとは

Jターン転職は難しい?知っておきたいポイントとは

地方移住をするJターン転職に興味がありつつも、実際には難しいのでは?と考える方もいるでしょう。
Jターン転職は実際に難しいのでしょうか。

そこで次に、Jターン転職をするうえでの注意点を紹介します。

転職先が決まる前に退職するのはリスク

Jターンする地方都市は、基本的に田舎に比べると求人数は多くなります。

しかし、求人数があるといっても、良い転職先がすぐに見つかるとは限らないため、早く地方移住したいからといって、転職先が決まる前に会社を辞めてしまうのはリスクがあります。

何年間も生活できる資産を持っていれば別ですが、転職先が見つかるまで無収入となるのはリスクになります。

Jターン転職では面接を受けに行くための交通費が多くかかることや、移住後に必要な生活費も考えて、Jターン転職は仕事をしながら進めるのがおすすめです。

企業によっては車の免許が必要

地方ではまさに車社会であるため、日常生活だけではなく、通勤にも自家用車が必要となることも多いです。

さらに、就職する企業によっては普通自動車の運転免許が必須な場合もあります。

地方都市といっても家や会社近くに駅やバス停がないこともあるため、Jターンを考えるときは運転免許を取ったり、自家用車の購入資金を貯めたりと、車社会に備えておくことも大切です。

給与・年収が下がることを覚悟する

いくら地方都市とはいえ、都市部に比べると給与額は低くなる可能性があります。

都市部と同じような仕事内容なのに給与が下がってしまうことも多く、なかには「こんなはずではなかった」と後悔する方もいます。

Jターンで地方移住をするにあたっては、毎月の給与額や年収が下がることを覚悟したうえで、何を優先するかを考えながら転職活動を行うことが大切です。

Jターン転職する地域のことを知る

Jターン転職では、移住先となる地域のことをまったく知らないまま地方移住してしまうと、実際に住み始めた後で、土地柄と合わないなどのミスマッチが起こり得ます。

そのため、Jターン転職をする候補地が決まったら、お試し移住や週末移住、ワーケーションなどを使って現地の雰囲気を感じてみてはいかがでしょうか。

また、自治体によってはJターンに関する移住相談会や移住に関するセミナーなどを開いていることもあり、実際にJターン転職をした先輩方のリアルな声を聞く機会が設けられています。

ぜひ積極的に参加し、地域のことを知る機会を増やしましょう。

Jターンにおすすめの就職活動のやり方

Jターンにおすすめの就職活動のやり方

Jターンをするにあたって、お試し移住、週末移住、ワーケーションなどを活用し、移住前から地域や地域の方々と触れ合い、その土地の情報収集をしたり、人脈作りをしたりしながら就職活動を行うことがおすすめです。

次に、Jターンの就職活動のやり方としておすすめの、お試し移住や週末移住、ワーケーションについて紹介します。

お試し移住

お試し移住は、主に地方自治体が行っている移住推進活動の一つです。

地方への移住を考えている方が、観光目的の滞在ではなく、移住を検討するために移住体験を行うことができるという制度になります。

また、地方自治体だけではなく、お試し移住ができる物件サービスを提供する企業も増えているのです。

お試し移住は短い期間から滞在することができ、地域の生活を体験するなかで地域に住んでいる方々と触れ合い、その地域の魅力を肌で感じることができます。

お試し移住により実際の暮らしを体験することで移住後のミスマッチを防ぐことができるため、地方自治体でも積極的に取り入れられています。

Jターンで就職をする前にお試し移住をすることで、その地域での実際の暮らしを体験するだけではなく、地域の方々から就職に関する情報を得ることも可能です。

また、お試し移住中に転職活動を積極的に行うのも良いでしょう。

週末移住

週末移住とは、週末や休日に普段生活をしている拠点とは異なる地域で暮らすことを指しており、地域活性化を目的として国土交通省が推奨する暮らし方の一つとなっています。

週末だけの移住ですが、その土地に何度も訪れて実際に生活をするため、旅行と比べるとより深く地域と関わることができます。

働きながらJターンを検討するときは、週末移住をしながら住みやすさや子育てのしやすさなど様々な面を確認し、就職活動に向けた情報収集を行うと良いでしょう。

ワーケーション

ワーケーションとは、休暇中に観光地やリゾート地で働く過ごし方のことを言います。

リモートワークができる職種であれば、働きながら旅行先に長期滞在をすることができるため、Jターン転職を考えている地方都市でワーケーションを行ってみるのもおすすめです。

ワーケーションなら働きながらその地域の情報収集をすることができるため、自分の仕事に支障をきたさず、Jターンの転職活動を行えるでしょう。

関連記事

近年は、地元で働きたいけれど地方では自分の希望する転職先がなかなか見つからないなどの理由から、地方で働くJターン転職を希望する方が増えてきています。この記事では、Jターン転職とは何か、Jターン転職が人気の理由や始め方について紹介します。[…]

IMG
関連記事

地元に近い地方都市で働くJターン就職を希望する方が増えていることをご存知でしょうか。この記事では、Jターン就職が増えている理由や後悔しないJターン就職のやり方などを紹介します。 目次[…]

IMG

新卒でもJターンはできる?

新卒でもJターンはできる?

新卒でもJターンで地方移住をすることは可能です。

近年のJターンは、都会の若者に向けて地方自治体が就職サポート支援や誘致を行い、優秀な人材を集めるために奮闘しています。

さらに、地方企業は都会の優秀な若者に向けて、Jターンがしやすいよう都会で就職説明会を行うことも多くなっており、新卒でもJターンがしやすい環境が整ってきているのです。

しかし、新卒での地方移住には注意をしなければいけない点がいくつかあります。

例えば、Jターンでは地元に近い地方都市で働きますが、初めて住む土地での就職はストレスが溜まりやすいです。

また、都市部に比べると娯楽が少なくなるため、住んでみたら退屈だった、刺激が少ないなどと感じることもあるでしょう。

せっかく新卒で働くのであれば、満足のいく土地で就職をしたい方も多いです。

新卒でのJターンでも、まずはお試し移住や週末移住を活用して、実際にどのような生活になるのかを体験してみることをおすすめします。

また、お試し移住や週末移住をすることで、地域の特性が分かるだけではなく、地域の方々と触れ合うことができ、知り合いを増やすことができるでしょう。

少しでも知り合いを増やすことで、初めて住む場所での心細さを軽減することができます。

関連記事

最近、Jターン就職を検討する方が増えていて、新卒のなかにもJターンで地方移住したいと考える方が多いようです。Jターンとは、地方出身者が地方から都市部に進学・就職し、地元から近い地方都市に移住・就職することを指しますが、新卒でもJターンは可[…]

IMG

Jターンで地方公務員を目指すのもおすすめ

Jターンで地方公務員を目指すのもおすすめ

Jターンで地方に移住をするなら、地方公務員を目指すのもおすすめです。

地方公務員は社会的信用度が高く、収入面の安定や福利厚生も充実していることから、男女問わず人気の高い職種です。

また、地方公務員は30歳までといった年齢制限が設けられていることから、近年では新卒・第二新卒でのJターンで地方公務員を目指す方が増えています。

しかし、地元以外の場所で就職するJターンでは、面接官から「地元ではなく、なぜ○○市を選んだのですか?」といった質問が繰り出される可能性が十分にあります。

その地域の特性を知らない場合、志望動機が不十分になることもあるため注意しましょう。

Jターンで地方公務員を目指す場合も、お試し移住や週末移住を利用して、希望しているJターン先の地域特性や実際の雰囲気など、事前に情報収集をしておくことをおすすめします。

関連記事

公務員は人気の職業として知られていますが、最近は、地元に近い地方都市で働くJターンで公務員を目指す方が増えています。この記事では、Jターンで公務員を目指したい方に向けて、おすすめの方法を紹介します。 目次 […]

IMG

Jターンを考えているならお試し移住から始めてみては?

Jターンを考えているならお試し移住から始めてみては?

いくら地元から近い地方都市に移住するからといって、必ずしもその土地が自分に合うとは限りません。

Jターンを検討するときは、お試し移住や週末移住、ワーケーションなどを活用し、その土地の暮らしを体験しておくことをおすすめします。

Jターンを検討する際におすすめのU-bokuというサービスがあり、地方都市のマンションの一室や一軒家などの物件を探すのに便利です。

U-bokuで紹介している物件は敷金・礼金、保証金、仲介手数料といった賃貸契約が必要ありません。

最短3日から借りることができ、各種インフラや家具家電なども揃っているため使用料だけでお試し移住を始めることが可能です。

この機会にぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

CATEGORY

Jターン