Uターンとは?就職や転職のやり方、家族との移住について徹底解説

Uターンとは?就職や転職のやり方、家族との移住について徹底解説

満員電車の通勤や職場の人間関係に疲れたとき、ふと地元に帰りたいなと思ったことはありませんか。
都心部の暮らしは自分に合わないからと、地元に戻ることは決してマイナスなことではありません。

この記事では、Uターンの意味やUターンをする理由、地元に戻る際の就職や移住のポイントを紹介します。

Uターンとは?

Uターンとは?
地方で生まれ育った方が都心部に進学や就職をきっかけに移住し、その後生まれ育った地方に戻り就職や転職をすることです。
地方から都心部、そして地方へと、移動の際に描かれるラインが、Uの字を描いているため、Uターンと呼ばれています。

Uターンと似た言葉にIターンやJターンがあります。移住して就職という点では同じですが、それぞれにどのような違いがあるのでしょうか。

IターンやJターンとの違い

Uターンは、「北海道の地方で生まれ育った人が就職を理由に東京へ移住、スキル獲得や人脈形成など、様々な経験を積んだ後に、生れた育った地方に戻る」となります。
また、進学のために東京へ移住し就職、経験を積んだ後に地元に戻り、就職や転職したというケースもUターンに該当します。

Iターンは、都市部で生まれ育った方が地方へ就職や転職することです。例えば、東京で生まれた育った方が北海道の地方都市で働くこととなります。
地方を訪れた際に強い魅力を感じた方、その土地ならではの自然や歴史など都市部にはないものに憧れを抱いた方がIターンを選ぶ傾向があるようです。

Jターンは、生まれ育った地方から都市部に移住した後、生まれ育った地方には戻らず、周辺域にある地方都市に移住することを言います。
Uターンを希望していた方が、地元に希望する就職先がなかった場合にJターンを選択する傾向があるようです。

Uターンをする理由

高齢化社会は日本が抱える問題の一つです。
都市部にある自分の家に親を呼び、同居している方もいますが、住んでいる家や地元を離れたくないという親の心情も無視することはできません。
地元には昔からの知り合いや親しい方がいる場合もあります。また、行きつけの病院があれば、これまでの経過も知っているため相談しやすくなるでしょう。

親の介護のほかには、都市部で身に付けたスキルを地元で役立てたい、地元を活性化させたいという理由でUターンをする方もいます。
地方都市も優秀な人材は常に求めているため、双方がマッチすれば活躍の場に期待が持てるでしょう。

関連記事

大都市圏から住居を地方に移して就業するということを「Uターン」や「Iターン」と言います。地方に住むことによる様々なメリットを求めたり、地方出身者が地元に帰ることを目的としたりして行われます。この記事では、UターンとIターンの違いやそれぞ[…]

IMG

Uターンのメリットとは

Uターンのメリットとは
Uターンは生まれ故郷に身を移すため、地元ならではのメリットがあります。
Uターンによるメリットを紹介します。

地元の風土や生活感を知っている

生まれ育った地域のため、そこで暮らす方々の価値観や生活感という地元ならではの風土を肌で知っているでしょう。
同じように都市部を離れても、ほかの地方で暮らした場合ではこの点が異なり、生活リズムにストレスを受けてしまいます。

また、土地勘があるのも大きなメリットです。
地元を離れている間に景観の違いはあったかもしれませんが、雰囲気や懐かしさが残っているでしょう。

経済的負担の軽減

都市部に比べて地方の物価が安いことが多いです。特に住居に関してはその傾向が強いと言えるでしょう。

地方に移住することで年収が下がる場合もありますが、物価全体が安いことが多いため、年収が下がるといった影響は少ないと考えられます。

子育てがしやすい

豊かな自然環境のなか、子供をのびのびと育てるためにUターンを選択する方もいるでしょう。
都市部に比べて地方のほうが空気や水質がきれいな場合も多いです。
また、社会問題になっている待機児童の状況も都市部ほどではない点も、子育てのメリットとして挙げられます。

子育てがしやすい理由として、親元が近くなることで支援を受けられることもあります。経済的支援もありますが、何かあったときに子どもの面倒を見てもらえるというメリットは大きいと言えるでしょう。Uターンに際して、共働きを想定している家庭には心強い点です。

Uターンのデメリットとは

Uターンのデメリットとは
次にUターンのデメリットを紹介します。

希望の就職先が見つからない

地方も人材を求めてはいますが、都市部と比べ仕事の窓口が少ない状況です。そのため、Uターンを望んでも希望の就職先が見つからない場合があります。

これまでの経験が活かせない職場に身を置くケースもあるかもしれません。
スキルが活用できない状況は、モチベーション低下にもつながる可能性もあるため、希望する職場についてはしっかりと調べておきましょう。

地元ならではの人間関係がある

Uターンのメリットで述べた、地元の風土や生活感の裏返しとも言えるデメリットです。地方には地元ならではの人間関係、近所付き合いがあるでしょう。

地元の行事には参加する必要など、地域の方との関わりが多くある場合もあります。
地方では、地域の方との関係が大切になるため、そのような関わりを煩わしく感じる方や苦手な方にとってはデメリットになるでしょう。

生活に物足りなさや不便に感じてしまう

このデメリットを心配される方は多いのではないでしょうか。
地方は都市部に比べ店舗やアミューズメント施設が少ないため、日々の暮らしに物足りなさを感じてしまう方もいるでしょう。

また、首都圏をはじめとする都市部では公共の交通機関が充実しているため、車がなくても不便を感じるケースはさほどないです。
しかし、地方では車ありきの場所が多くあります。都市部の生活に慣れた方ほど、交通の不便を感じるでしょう。

Uターンする際のコツとは

Uターンする際のコツとは
次に、Uターンする際のコツを紹介します。

Uターンをする理由・目的の明確化

何のために地元に戻るのか、ここをハッキリさせるのがUターンのコツと言えるでしょう。地元に貢献することや親の介護、もちろん都市部に疲れたから帰ってリセットするも立派な目的です。

一番避けたいのは、親元に転がり込めば何とかなるだろうという安易な考えです。このスタンスでは地元に帰っても仕事に就かずというパターンになる可能性もあります。

より理想的なのが長期的視野でUターンを捉えることでしょう。リセットで一息ついた後何をするか、親の介護をしつつ自分の生活も豊かにするにはどうすれば良いかを見据えておくと良いです。

箇条書きでも良いので、書き出してみると整理しやすいでしょう。書き出した項目により地元の情報を集めたり、支援制度があるかを確認したりとUターン後の生活に必要な行動につながります。

家族の理解を得る

Uターンに際して家族がいる方は、家族全員の理解は得ておく必要があります。自分は地元に帰るわけですが、家族にとっては初めて住むことになる場合もあるでしょう。

早い段階で理解を示してくれることもあるかもしれませんが、子どもの立場になって考えてみると、クラスや部活メンバーとの別れとなります。夏休みに父親の田舎に行く、祖父や祖母に会ってくるというレベルではないことを十分に理解しておきましょう。

自分だけでUターンを進めるのではなく、家族としっかり話し合い、納得してもらうことが大切です。

関連記事

生まれ育った地元にUターン移住したい、と考えている方もいるのではないでしょうか。しかし、家族がいる場合はそれぞれの生活が変わってしまうなどの不安を感じるでしょう。そのような不安を解消するためには移住について徹底的に調べることが大事です。[…]

IMG

Uターン就職や転職のポイント

Uターン就職や転職のポイント
生活するためには、働かなくてはなりません。
次に、スムーズにUターン就職やUターン転職を進めるためのポイントを紹介します。

情報収集をする

Uターンを含め行動を起こす際の重要ポイントが情報の収集です。
Uターン就職やUターン転職をすると決めても、求人自体がなければ話になりません。求人となるとハローワークが頭に浮かびますが、求人に関する情報はほかでも確認することができます。

人材確保のためUターン就職やUターン転職を待ち望んでいる自治体はたくさんあり、活用したいのが地方自治体のネットワークです。自治体発信の求人情報をはじめ、Uターン就職やUターン転職情報を網羅し、各都道府県の雇用対策課や地域振興課などが情報を発信しています。

発信された情報を知ることでUターン就職やUターン転職のスケジュールを組むことができるでしょう。
同時に年収の目安も分かるため、Uターン後のライフ設計も立てやすいです。

関連記事

近年の働き方改革や新型コロナウイルスの影響により密かに注目を浴びているのがUターン転職です。Uターン転職で「地元企業で働いて貢献したい」、「地元に戻って自分のライフスタイルを見直したい」と考えている方もいるのではないでしょうか。この記事[…]

IMG
関連記事

Uターン転職は、注目を集めつつある転職パターンの一つです。地元に貢献したい、生活環境を変えたい、安心感のある地元で生活したいという方が、都心を離れて地方である地元に戻ることを言います。この記事では、Uターン転職のやり方や準備しておくべき[…]

IMG

支援制度を活用する

ハローワークや地方自治体のネットワークに、自分のスキルやビジネスアイデアを活かせる場がないとういケースも起こり得るでしょう。なかには最初から地方での起業を念頭に置いている方もいるかもしれません。

アイデアや信念があっても資金がない、といった問題に直面することもあるでしょう。
このような場合の資金調達は地方自治体の支援制度を活用しましょう。地方自治体は補助金や助成金を支給する制度を設け、Uターンや地方で起業する方を支援しています。

助成金などの制度は一定の条件を満たす必要はあるものの、当てはまるか確認したうえで有効に活用すべきです。
しかし、この制度はあくまでも地域活性化や経済活性化に寄与できるものが対象になるため、風俗関係やギャンブル関係は対象外となります。

関連記事

キャリアの選択肢の一つとしてUターン就職を検討している方もいるでしょう。進学で都市部に出てきたものの、地方に戻って働きたい方も少なくありません。今回は、そもそもUターン就職とは何か、Uターン就職のメリット・デメリット、 国・自治体の支援[…]

IMG
関連記事

Uターン転職を考えているけれど、どのようなことに気を付けたら良いのか、そもそも自分に合っているのかわからずに悩んでいる方もいるのではないでしょうか。進学や就職を機に上京するのはワクワクしますが、知らない場所での生活や仕事は不安から戸惑うこ[…]

IMG
関連記事

地方から上京して都会で就職はしたものの、このまま都会で生活することに疑問を持つ方もいるのではないでしょうか。上京したことにより、地元の良さを再認識してUターン転職を考えている方もいるかもしれません。いざUターン転職をしようとしたとき、自分[…]

IMG
関連記事

Uターンでは、政府や自治体が実施する助成金制度を活用することができます。しかし、Uターンで助成金を利用するためには、自ら情報を集めて申請しなければいけません。この記事では、Uターンに活用できる助成金制度について、どんな制度があるのかを具体[…]

IMG

Uターン移住するなら念入りに準備が必要

Uターン移住するなら念入りに準備が必要
就職先が決まった後に移住の準備をするのか、もしくは就職・転職活動と同時進行すべきなのが迷う方もいるでしょう。
実家に戻るという場合でなければ、就職先を先に決めると良いです。

移住を先にするということは、働いている方は職場を辞めてからということになります。退職金や預貯金があったとしても、定期的な収入は絶たれてしまうためです。
つまり、移住を先にしてしまっては、Uターン先の就職がなかなか決まらない場合、経済的負担が大きくなるため、移住は就職先が決まってからが良いでしょう。

就職先が決まっていれば、職場への距離を考えて移住先を選ぶことができます。
そのため、就職先の企業の採用が決まってから移住先を探すなどの移住の準備をすると良いです。

移住準備として現地で物件を探す際に、生活をするために納得できる物件を探したいということから一度ですぐに決まらないかもしれません。
もちろん、自治体情報などで物件の有無を知ることはできますが、実際に見るとイメージと違ったということがないように、気になる物件はしっかりと内見しておきましょう。

関連記事

都会の暮らしに疲れ、慣れ親しんだ地元で落ち着いて仕事がしたいとUターンを考える人が増えています。しかし、Uターンをして本当に後悔しないのか、迷いがあるという方も多いのではないでしょうか。この記事では、Uターンで後悔しないために知っておきた[…]

IMG

Uターンとは自分らしい生き方を始めるチャンス

Uターンとは自分らしい生き方を始めるチャンス
Uターンの意味やUターンをする理由に加えて、地元に戻るに際しての就職や移住のポイントについて紹介しました。
人により様々な理由はありますが、Uターンは、自分らしい生き方を始めるチャンスではないでしょうか。

Uターンを考えている方は、自分はなぜUターンを選択しようとしているのかを明確にして必要な情報を集めておくことが大切です。

CATEGORY

Uターン