テレワーク導入のデメリットとは?課題と解決策を解説
  • 更新:2022年3月8日

テレワーク導入のデメリットとは?課題と解決策を解説

新型コロナウイルス感染症の流行から注目されているテレワークには、メリットだけでなくデメリットもあります。

この記事では、テレワーク導入を検討している企業に向けて、

・テレワークのデメリットやどのような課題があるのか
・デメリットを解決する方法
・テレワークによりもたらされる企業へのメリット

この3点に軸を置いて、テレワークを取り入れることへの判断材料をご紹介していきます!

目次

テレワークのデメリット

テレワークのデメリット
まずは、テレワークのデメリットとして挙げられることが多い課題を、企業側従業員側のそれぞれの視点の立場で紹介していきます。

企業側から見たデメリット

適切な勤怠管理が必要

今までは、従業員が出勤状況や仕事状況が可視できていたものが、テレワークになるといつどこで何をしているかが把握できなくなります。仕事の作業のログが残るツールの導入などを検討する必要があります。

セキュリティリスクの徹底管理

社外で社外秘のデータを扱うことになるので、外部への情報漏洩には十分注意を払うことが必要です。最近は、不正アクセスによるマルウェア感染の事例が多発しているので、社内ネットワーク回線の見直しも検討しましょう。

従業員のマネジメント管理体制

直接顔を合わせて働くメリットは、仕事の状況確認と指示がスムーズに行えることだと思います。テレワークだと、何かしら連絡ツールを使わなければ意思疎通ができないのでもどかしさを感じるでしょう。

人事評価方法の見直しが必要

成果を出すために仕事をどんな過程で取り組んでいるかというプロセス的な面は、目の前で確認できていたと思います。テレワーク導入後は、勤務態度やどれだけ頑張っているかという数字の成果面以外のところがどうしても見えづらくなってきます。プロセス評価重視の人事制度を取り入れているならば、見直しが必要です。

採用活動方法の見直しが必要

採用で判断する材料として、その人の実力はもちろん雰囲気や態度面も重視したいポイントですよね。対面が自粛されている中で採用プロセスをどうしていくのかや効率の良い面接開催方法などを考えなければなりません。

従業員側から見たデメリット

コミュニケーションが不足する

テレワークのデメリットとしては「コミュニケーションが不足する」ということが挙げられます。テレワークではオフィスに出勤する必要がないため、1日中家にいることも増え、誰とも話さない日を過ごす方も少なくありません。

コミュニケーションが極端に減ったと感じる方も増えており、孤独感を抱く方もいるでしょう。また、テレワーク中のコミュニケーション不足は仕事上の伝達ミスにもつながりかねず、仕事に影響を与えてしまう可能性も秘めています。

家族がいて仕事に集中できない

テレワークを自宅で行う場合、家族が家にいて仕事に集中できないことがデメリットになります。特に自宅で仕事をする習慣のない方の場合、書斎などを設けていないことも多く、家族のいるリビングなどで仕事をしなければいけないケースもあるでしょう。

仕事中に育児を行う必要があったり、家事をしなければならない状況があったりすると、度々仕事を中断することになり、集中して仕事を行うことができなくなります。

運動不足や健康面が不安

テレワークのデメリットとして、運動不足や健康面に不安を感じるという声も耳にします。
オフィス勤務の場合、デスクワークが中心であっても、通勤で歩いたり階段を上ったりと意外と運動する機会があります。

しかし、テレワークの場合は自宅から一歩も外に出ないまま1日を過ごすという方も多く、運動不足に陥ってしまう可能性も否めません。運動不足に陥ることで、健康面に不安を感じる方もいるでしょう。

モチベーション維持が難しい

テレワークでは、モチベーション維持が難しいということも、デメリットの一つに挙げられます。

テレワーク中は上司や同僚の目がないため、テレビやネットの誘惑に負けたり、ついボーっとしてしまったりと、仕事に集中できないことも増えてしまうでしょう。テレワークはモチベーションを保つことが難しいため、時間を管理して仕事を行う必要があります。

メンタルヘルス不調の原因にも

テレワークは、メンタルヘルス不調の原因にもなりかねません。
特に在宅勤務では、自宅というプライベートな空間に仕事を持ち込まなければならず、オンとオフの切り替えが難しくなります。

また、本来自宅は仕事を忘れて疲れをとる場所ですが、自宅で仕事を行うことで緊張感が持続し、リラックスできる空間を失ってしまうのです。緊張状態が続いてしまうことで、自律神経の乱れやメンタルヘルスに不調をきたす可能性が高くなるというデメリットがあります。

テレワークのデメリットを解決する方法は?

テレワークのデメリットを解決する方法は?
では、テレワークのデメリットを解決するにはどうすれば良いのでしょうか。続いては、テレワークのデメリットの解決方法を紹介します。

勤怠管理ツールの導入

テレワークで懸念される点は、業務で必要な外出移動時間や子どもの送り迎えなどの中抜け時間をどう管理するのかではないでしょうか。パソコン作業のみを行う社員限定ですが、業務可視化ツールが役に立ちます。業務可視化ツールとは、パソコンでどのアプリケーションをどのぐらいの時間利用していたか1分ごとにログが確認できる仕組みです。自己申告制のツールと一緒に導入することで、事実の照らし合わせ確認が可能です。

オンライン会議やチャットツールを活用

テレワーク中のコミュニケーション不足を解決するためには、オンライン会議やチャットツールを活用しましょう。
チャットツールでは気軽な相談が行いやすいため、マメなコミュニケーションを取りやすくなります。また、オンライン会議では顔を見て会話をすることができるため、相手の思っていることが伝わりやすく、積極的な情報共有を行うことができるでしょう。採用に関する面接の際も会議ツールを利用し、対面面接は最終面接のみ行うなど、なるべく感染症リスクをさけた取り組みを心がけましょう。

セキュリティ対策で信頼できる回線を使用する

マルウェア感染や情報漏洩の対策として、データの暗号化やパスワードをかける習慣をつけることが大事です。また、社内ネットワーク回線にはセキュアブラウザという回線を使うことをおすすめします。セキュアブラウザとは、社内ネットワーク接続に特化して作られたシステムで、システム管理者がユーザーに対してデータのダウンロードや観覧の制限を行える機能が備わっています。

人事評価に目標管理制度を取り入れる

プロセス面での評価も大事ですが、どうしても勤務態度面はテレワークでは見えづらいところです。そこで、一人一人に目標を与えてどれだけ達成できたかという成果の面を中心に評価する仕組み作りが必要となってきます。

タスク管理ツールで従業員(部下)の仕事を見える化する

勤怠管理ツール同様、社員の1日の仕事ToDoを共有できるタスク管理ツールを導入することをおすすめします。社員は仕事ToDoを自己申告制で記載することになりますが、誰が何をしているかをチーム内で大体把握しておくことで仕事量の不公平が起きることを防げます。

テレワークにはメリットもたくさんある

テレワークにはメリットもたくさんある
テレワークのデメリットについて紹介してきましたが、テレワークにはメリットもたくさんあります。そこで続いては、企業側従業員側のそれぞれの視点の立場で紹介していきます。

企業側から見たメリット

出社しない分削減できるコストがある

オフィスの光熱費などの設備費用や従業員の交通費など、テレワークに切り替えることで節約できる費用があります。

貴重な人材の離職率低下

テレワークは、離職率の低下につながるというメリットもあります。
これまでは育児や介護、病気などを理由に退職せざるを得なかった方も、テレワークの導入によって、自宅や実家などオフィス以外の場所で働くことができるようになります。

優秀な人材を確保できる

テレワークが可能になると、場所にとらわれない働き方ができるようになります。
そのため、地方に住んでいる方が都市部の企業に勤務するということも可能となり、働く側にとっては仕事の選択肢が広がるため、希望の仕事に就ける可能性が高まるというメリットがあります。その観点から企業にとっても優秀な人材の確保がしやすくなるというメリットがあるでしょう。

従業員側から見たメリット

通勤にかかる時間・コスト削減

テレワークでは、オフィスに出勤しなくても良くなるため、通勤にかかる時間がなくなります。また、通勤にかけていた交通費もいらなくなるため、コスト削減につながるでしょう。
さらに、企業にとっては広いオフィススペースが必要なくなるため、家賃や光熱費などの負担を軽減することができます。

満員電車のストレスがない

満員電車に揺られて仕事に行くことは、かなりのストレスを抱えるものです。
しかし、テレワークであれば満員電車に乗る必要がなくなるため、満員電車のストレスから解放されるのも大きなメリットとなるでしょう。

育児・介護をしながら仕事ができる

これまでは育児や介護、病気などを理由に退職せざるを得なかった方も、テレワークの導入によって、自宅や実家などオフィス以外の場所で働くことができるようになります。

従業員がテレワークを快適に行うためのおすすめな施策

定期的にチームで集まって一緒に仕事をする

テレワーク中のモチベーションや集中力を高めるために、チームで働く場所を変えてみるのもおすすめです。
最近では、テレワーク向けプランのあるホテルや仕事しやすい環境の整ったコワーキングスペース、物件シェアサービスなどもあるので、積極的に活用すると良いでしょう。いつもと違う場所でテレワークをすれば、気分をリフレッシュすることができ、仕事に集中しやすくなります。

リモートランチ会を行う

いつも一緒に仕事しているチームで、定期的に昼休憩中の食事をたわいも無い話をしながら一緒にするのも良いことです。モチベーションが高まり、午後からの仕事がはかどります。

ワーケーションを福利厚生に取り入れる

長期間テレワークを続けるうちに、ストレスに悩まされたりモチベーションが維持できなくなったりする場合は、ワーケーションを活用するのもおすすめです。
ワーケーションとは、仕事(Work)と休暇(Vacation)を組み合わせた言葉で、旅行先に長期間滞在しながらテレワークで働く働き方のことです。

温泉地などの観光地で仕事をすることで、開放感が得られるだけでなく、仕事を片付けたら露天風呂や美味しい料理が頂けるというご褒美ができるため、仕事への集中力やモチベーションも高まるでしょう。

テレワークのデメリット解消はワーケーションがおすすめ

テレワークのデメリット解消はワーケーションがおすすめ
テレワークのデメリットを解消する目的で、ワーケーションを始める方が増えています。
ワーケーションプランの提供を始めるホテルや旅館も増えてきましたが、ワーケーションにはU-bokuのような物件シェアサービスを利用するのもおすすめです。

U-bokuではマンションの一室から一軒家まで、全国にある様々な物件を最短1泊2日から貸切ることができます。通信環境などのインフラやデスク、椅子など仕事に適した環境が整っているため、すぐに仕事を始めることも可能です。

U-bokuでは敷金・礼金、保証金、仲介手数料などの賃貸契約に必要な資金は不要で、使用料負担のみで全国の物件を借りることができます。気分を変えてたまには自宅以外の場所で働いてみてはいかがでしょうか。

テレワークについて詳しい記事はこちら

テレワーク導入のデメリットとは?課題と解決策を解説
最新情報をチェックしよう!
WRITER