テレワークに適した環境とは?環境次第で仕事の効率が上がる!
  • 更新:2022年3月10日

テレワークに適した環境とは?環境次第で仕事の効率が上がる!

新型コロナウイルス感染症の流行によって、ますますテレワークが推進されていますが、なかにはテレワークの環境が整っておらず、効率的に仕事ができない方もいるのではないでしょうか。

この記事では、快適なテレワーク生活を送りたい人これからテレワークを始める人に向けて、以下の点に注目し効率的に仕事ができる環境作りのコツについて紹介していきます。

・テレワークに必要な環境と道具
・テレワークに必要なオンラインツール
・自宅以外でテレワークができる場所

テレワークとは

テレワークとは

そもそもテレワークとは、場所や時間にとらわれることなく働ける勤務体制を指しています。自宅で行う在宅勤務や移動中などに行うモバイルワーク、コワーキングスペースやサテライトオフィスを使った施設利用型テレワーク、観光地や帰省先で行うワーケーションなど、テレワークには様々な種類があります。

テレワークの環境を整えると仕事の効率が抜群に上がる

テレワークは本当に自分に合った仕事道具が揃えられるので、職場よりも仕事の生産性と発想力の向上が期待できるでしょう。では、オリジナルの仕事空間を作るために何の準備が必要でしょうか。必要なものは、大きく「空間」「仕事道具」「ネットワーク回線」の3つです。次で詳しく解説していきます。

自宅にテレワーク環境を作るのに最低限必要なモノを紹介

自宅にテレワーク環境を作る方法
ここでは、自宅で快適なテレワークをするに当たって、必要な部屋の間取り数や、必要最低限な環境、道具について紹介します。

部屋の広さ

自宅でテレワークをするなら、仕事がしやすい作業環境を整える必要があります。
厚生労働省によると、テレワークを行うための部屋の空間は、テレワーク設備(デスク・椅子など)の占める容積を除いて、10立方メートル以上の空間が必要です。

机上の照明

照度300ルクス以上の明るい環境が望まれ、パソコンのディスプレイは500ルクス以下で輝度やコントラストが調整できるものが好ましいとされています。窓などの換気整備を設け、パソコンディスプレイに太陽光が射してしまう場合は、窓にブラインドやカーテンなどを設けましょう。

パソコンデスク

パソコンやそのまわりの道具など必要なものが配置できるサイズのものであること、作業中に脚などが窮屈にならない体型に合った高さのものなどを選ぶことが推奨されています。

座り心地の良い椅子

さらに、安定していて簡単に移動ができる椅子や、身体に負担をかけないよう傾きを調整できる背もたれのある椅子を選ぶことで、テレワークを行いやすい環境を整えることが可能です。

イヤホン

家族がいる家やコワーキングスペースなど、人がいるところで会議をする際に必ず必須のアイテムです。盗聴対策としてセキュリティ面でも安心です。ひとまずは安価なもので構わないので、テレワークが始まる前に真っ先に用意しておきましょう。

webカメラ

最近のパソコンにはカメラ機能がついているものがほとんどですが、少し機種が古いとついていない可能性もあります。カメラがなくてもミーティングには参加できますが、顔が見える方が相手も安心するので、イヤホンと一緒に揃えておくと良いでしょう。

ネットワーク環境

オンライン環境で必要な回線速度は下りが10~30Mbps、上りが1Mbpsと言われています。これは、オンライン会議が問題なくできるレベルです。また、必要なアプリがきちんと作動する速度であるかも確認しましょう。

あるとテレワークがより一層快適になるモノを紹介


今すぐなくても困らないものではありますが、あるとテレワークが捗る道具を紹介します。

サブモニター

ノートパソコンを利用している人は、サブモニターとしてデスクトップを1台用意すると便利でしょう。会議中にモニターを見ながら、ノートパソコンでメモを取ったり、別のアプリを起動できるので会議の内容についていけなくなる心配がありません。

ホワイトボード

大きく文字を書くことができ、使用後は手軽に消せるのが便利です。タスク管理や、オンライン会議でのちょっとした図解説明をしたい時にとても役に立ちます。

タンブラー

マグカップを使用するのも良いですが、タンブラーだと保温性もあり蓋がついているので、衛生的で何度もお茶の入れ直しをする手間が省けます。

テレワークにおすすめなビジネスツール

社内の情報共有連絡ツール

チーム内で情報を共有できる連絡ツールを用意しましょう。slackチャットワークは、グループを案件ごとに分けて作成できるので、大変便利です。

タスク管理ツール

今遂行している業務とまだ残っている業務をコンテンツで分けて一目でわかる使用になったツールがあります。Trelloはチーム内で共有することができるのでおすすめです。

オンライン会議ツール

社内会議、社外での商談で会議ツールは欠かせないダウンロード必須アプリです。一般的に多くの企業で取り入れられているのは、zoomGooglemeetです。Microsoft officeをつかっているならMicrosoftTeamsも会議設定がしやすく大変おすすめです。

データ格納ツール

データを社内で共有し、保存できるクラウド保存型のアプリも必須です。契約して容量関係なく無限に保存ができるBoxは企業でよく取り入れられているアプリです。

テレワークの環境が揃ったおすすめの場所

テレワークの環境が揃ったおすすめの場所

テレワークに必要な環境のポイントを紹介しましたが、テレワークの環境が整った場所としては、自宅以外にどのようなところがあるのでしょうか。
続いては、テレワークにおすすめの場所を紹介します。

コワーキングスペース

コワーキングスペースとは、異なる職種の人たちが集まって共有で使えるオフィス型空間のことです。比較的リーズナブルに長い時間利用することができ、インターネット環境や机、椅子、電源などテレワークに必要な環境が整っています。

また、オープンスペースをシェアするタイプのコワーキングスペースが多く、様々な職種の人たちが集まるため、ビジネスチャンスが広がる可能性もあるでしょう。

しかし、ほかの人の声や騒音が気になる場合や、個室スペースが少ないコワーキングスペースの場合、覗き見や盗難などの情報漏洩リスクもあります。コワーキングスペースを選ぶときは、個室や個別ブースの整った環境を選ぶと良いでしょう。

ビジネスホテル

普段は宿泊のために利用するビジネスホテルは、テレワーク環境としてもおすすめです。
ビジネスホテルは、電源やインターネット環境、机や椅子がある個室のため、静かで仕事に集中できる空間を確保することができます。

さらに最近では、 テレワーク応援プランなどを実施しているホテルも増えてきており、日帰りでも長時間滞在できるプランをリーズナブルな料金で利用することができます。

物件シェアサービス

物件シェアサービスとは、マンションの一室や一軒家などを短期間から借りることができるサービスのことです。インターネット環境やデスク・椅子、電源などのテレワークを行える環境が整っているため、すぐにでも仕事を行うことが可能です。

また、物件を貸切って利用することができるため、覗き見や盗難など心配もありません。地方にある物件をテレワークに利用することで、自然豊かな場所でリフレッシュしながらテレワークを行うことができるほか、仕事をしながら休暇や田舎暮らしを体験するワーケーションもおすすめです。

例えば、U-bokuは全国の様々な場所に物件があるため、自然に囲まれた静かな環境にある地方物件を選ぶことも可能です。通信環境などのインフラや、テレワークを行いやすいワークスペースも整っており、提供している物件はすべて貸切ることができるため、パソコン画面の盗み見や盗難被害に遭う心配もありません。

テレワークに適した環境で働こう

テレワークに適した環境で働こう

テレワークに適した環境を作る方法、テレワークに必要な環境や場所選びのポイントについて紹介しました。

テレワークを行う際には、必要な道具を揃えるだけでなく、環境が大切になります。ネット環境やセキュリティ対策のできる環境といった基本的なものだけでなく、自分が仕事をしやすい環境を整えることで仕事もはかどるでしょう。

テレワークの環境に悩んでいる方やこれからテレワークを考えているという方は、ぜひ参考にテレワークの環境を整えてみてはいかがでしょうか。

テレワークについて詳しい記事はこちら

テレワークに適した環境とは?環境次第で仕事の効率が上がる!
最新情報をチェックしよう!
WRITER