ワーケーションにおすすめの施設、ホテル、宿を紹介

ワーケーションにおすすめの施設、ホテル、宿を紹介

働き方改革や長引く新型コロナウイルスの影響で、リモートワークの普及は今後ますます高まるものと予想されます。

リモートワークの拡大によって、よく耳にするようになったワーケーションですが、意味を理解していないままの方も多いかもしれません。しかし、ワーケーションは新しい働き方として、今後ますます浸透していくと言われています。

この記事では、ワーケーションの働き方やメリット・デメリット、快適に過ごすためのコツを紹介します。  

ワーケーションとは?

ワーケーションとは?

ワーケーションとは、Work(ワーク)とVacation(バケーション)を融合させた造語で、温泉リゾート地や都市部のホテルなどの宿泊施設に滞在しながら仕事をすることです。

始まりは2000年代のアメリカでインターネット技術が急速に発達したことで、徐々に浸透していったと言われています。

結局休暇がメインになって仕事がはかどらないのではというイメージもあり、体験してみたいけど行動に移せていない方が多いのではないでしょうか。

ワーケーションのメリット

ワーケーションのメリットをいくつか紹介します。

有給が取りやすい

毎年有給をほとんど消化できないという方も多いです。

長期休暇を取りたいけど、1日だけ会議が入っていて休暇が取れないという場合は、思い切って休暇を取って会議はリモートでの参加に切り替えてしまいましょう。

国がリモートワークを推奨している今、この流れに上手に乗ることでワークライフバランスの実現が可能です。

新しいアイデアが生まれやすい

いつもとは違う環境に身を置くと、新たなインスピレーションやアイデアが生まれやすくなります。

また、自然を眺めながら作業ができる場所であれば、脳がリラックスして自律神経のバランスが整い、作業がはかどりやすくなるという研究結果も出ています。

目新しい経験をしたというインプットが資産になり、その環境のなかで良質なアウトプットができるのです。ワーケーションを上手く活用すれば、一石二鳥です。

ワーケーションのデメリット

施設側、企業側、従業員側にもまだまだ課題の多いワーケーションには、デメリットもいくつかあります。

仕事に身が入らない

仕事に身が入らないことが1番の課題となるでしょう。
しかし新しいことを始めるときは、この問題は発生しやすいです。

初めは目標を高く設定しすぎず、まずは簡単な仕事から持ち込むところから始めるほうが良いかもしれません。

労災認定の線引きが難しい

旅先で万が一事故に遭ってしまった場合、労災保険の給付は業務上の災害に限っての適用になるため、労働時間と休暇時間を明確に分けておく必要があります。

2019年4月より労働安全衛生法が改正され、すべての労働者の労働時間を把握することが義務付けられました。そのため、労働時間はきっちりと勤務時間管理ツールなどを使用して管理する必要があります。

ワーケーション施設の選び方

ワーケーション施設の選び方

実際にワーケーションができるホテルには、どのような設備が整っているのでしょうか。

リモートワークが広がるなかで、施設側もワーケーションに対応できるように様々な工夫をしています。

Wi-Fi環境は必須

無料のWi-Fi環境はもちろんのこと、情報漏えいに対するセキュリティ対策も万全なインターネット環境を提供し、客室とは別にパソコン作業に適した別室を提供しているホテルや、OA機器を自由に使えるビジネスルームの提供など、仕事をしやすい配慮がされている施設がおすすめです。

温泉・プール・サウナでリラックス

温泉に浸かりながら耐水性のメモパッドを使用できる温泉宿もあります。

まずは近場でワーケーションを体験してみたいと思ったら、ホテルの日帰りプランを利用してみてはいかがでしょうか。

シティホテルではプール、ジム、サウナが利用できるなどの様々なワーケーションプランが実施されています。その場合、なるべく普段は見られないような景色やインテリアのホテルを選ぶのが良いでしょう。

見たことのない斬新なインテリアや、高層階の見晴らしの良い非日常空間のなかでは集中力も上がりやすくなります。

自治体が用意する施設も

地域の良さを体験してもらうことでリピーターの獲得や移住を視野に入れてもらえるよう、自治体と連携して様々な取り組みがなされています。

地方分散への意識が高まるなか、自然体験や地方の特産品、そして地域交流の場になるような様々な施設がワーケーションの場としても活用されています。

和歌山県では、廃校になった元小学校の校舎をテレワーク用の施設に改装し、ワーケーションをしながら農業体験や里山の散策などを体験することができます。

また、親子でも安心して滞在できるように、親がテレワークの間に子供が自然体験ツアーなどに参加できる「親子ワーケーション」も好評です。

全国に点在する施設を渡り歩く

フリーランスの方をターゲットにしたサービスとして、サブスクリプション方式を採用し、全国に点在する系列の宿泊施設に期間内は無制限で泊まることができるものもあります。

そういった宿泊施設では、リゾートホテルと比べると、小さい規模でアットホームなところが多く、ワーケーションで滞在している方たちとの交流がしやすい特徴があります。

そこには、特定の住所を持たずに全国をワーケーションで転々とする方もいるため、そのような方から貴重な情報をもらえるかもしれません。

このように、ワーケーションができる施設はホテルに限らず、廃校や古民家を改装した施設や民泊施設など、様々な形態があります。
自分の目的や仕事のスタイルに合った施設を選ぶことがポイントです。

ワーケーション施設で快適に過ごすために押さえておきたいポイント

ワーケーション施設で快適に過ごすために押さえておきたいポイント

ワーケーションを行う際のポイントを紹介します。

1日のルーティンをはっきりさせる

仕事もしっかり終わらせて休暇も楽しみたいという壮大な理想を掲げてワーケーションに臨んだものの、結局どちらも中途半端になってしまったという声も耳にします。

最初は簡単な仕事から持ち込み、慣れてきたら徐々に仕事量を増やしていきやる気を維持させることも重要です。

早起きをして午前中に集中して一気に仕事を片付け、午後は観光や温泉などでリラックスするというように、1日のルーティンをはっきりさせてワーケーション用の仕事の型をつくると良いでしょう。

自炊しよう

1、2泊であれば、その地域の名物料理を堪能しながらワーケーションを楽しめますが、毎日外食が続くと胃腸も疲れてしまいます。

滞在日数が長くなれば長くなるほど、自炊が出来る簡易キッチンや共同キッチンのある所を選んだほうが便利です。
近くにスーパーがあるかどうかもチェックしておきましょう。

ナイトライフ

仕事がメインのワーケーションであれば、ほとんどの場合は1人で滞在することになります。

昼間は1人孤独にひたすらパソコンと向き合い、ようやく仕事が片付いた頃には夜も更けていたとなれば、夜の街に繰り出して晩酌でもしたくなります。
しかし、夜遅くまで営業しているお店が少ないと、なんだか寂しい気分になってしまいます。

特に、夕方以降が1番仕事に集中できるという方は、ついつい遅くまで仕事をしてしまいがちなため、その地域に遅くまで営業しているお店があるかを調べておくと良いでしょう。

地域とのつながり

どんなに高級なホテルに泊まっても、どんなに美味しい料理を味わっても、いつになっても色あせない思い出は、旅先で出会った方達との心のふれあいでもあります。

施設側が、宿泊者同士のコミュニケーションが取りやすい場所や交流する機会などを提供しているかも、違いが出てきます。

また、宿泊施設が地域住民とのコネクションが強ければ、穴場の飲食店やお店を紹介してもらえるかもしれません。

ワーケーションにおすすめの施設3選

ワーケーションにおすすめの施設3選

おすすめのワーケーション宿泊プランを紹介します。

しこつ湖鶴雅リゾートスパ 水の謌

北海道千歳・支笏湖を望む水の謌は、森と水の力を取り入れた癒しの時間を過ごすことができます。

Webミーティングにもおすすめな個室ワーキングルームが4時間利用できるワーケーションプランは大人1名・1泊2万6,950円から宿泊できます。

有馬グランドホテル

兵庫県神戸市の有馬温泉街を見渡せる絶景ホテルです。
9階最上階にある展望大浴苑からは温泉街はもちろん丹波の山並みを望むことができます。

連泊するほどお得な朝食付きのワーケーションプランは大人1名・1泊1万6,720円から宿泊できます。

FAX、コピー、印刷は1日あたり合計30枚まで無料などワーケーションプランならではの得点も豊富です。

ホテルモントレ沖縄スパ&リゾート

沖縄県の恩納村にあるホテルは英国スタイルをテーマとしているリゾートホテルです。
全室オーシャンビューの客室で、非日常的な時間を味わうことができます。

ワーケーションプランはティーラウンジ特典付きで、大人1名・1泊1万9,000円から利用できます。

ワーケーション施設を利用して気分転換を

ワーケーション施設を利用して気分転換を

新型コロナウイルスの拡大が首都圏を中心に歯止めがかからず、特に首都圏在住の多くの方達がリモートワークを余儀なくされています。

海外への渡航制限や国内での移動の自粛で自由に旅行に行けないなか、まずは近場で日常とは違う場所へ身を置き、ワーケーションを体験してみてはいかがでしょうか。

いつもとは違う非日常空間で、旅行気分を味わいながら仕事をすることで、普段思いつかないアイデアが生まれるかもしれません。

様々なスタイルのワーケーションが続々と登場しているなか、自分の状況と必要性にあったワーケーションをぜひ試してみてはいかがでしょうか。

ワーケーションについて詳しくはこちら

ワーケーションにおすすめの施設、ホテル、宿を紹介
最新情報をチェックしよう!
WRITER