ワーケーションをする場所の選び方とは?用意したい持ち物も紹介

ワーケーションをする場所の選び方とは?用意したい持ち物も紹介

ワーケーションとは、仕事(ワーク)と休暇(バケーション)を組み合わせた造語です。自宅やオフィスではなく観光地やリゾート地などに働く場所を移し、休暇を楽しみながら仕事もする新しい働き方として注目を集めています。

しかし、初めてワーケーションを行う場合、まず迷うのは場所選びではないでしょうか。
この記事では、ワーケーションを行う場所の選び方や、ワーケーションを行うために必要な持ち物などを解説します。

ワーケーションにおすすめの場所は?選び方を紹介

ワーケーションにおすすめの場所は?選び方を紹介
ワーケーションは場所選びが重要だと言われています。

最近は仕事ができるインターネット環境やワーキングスペースが整備されたホテルや旅館も多く、コワーキングスペースなども普及しています。いずれにしても、どんな場所を選ぶかがワーケーション成功の鍵となるでしょう。

もちろん、仕事だけでなくバケーションを楽しめるような、アクティビティや気分転換に適した場所を選ぶことも大切です。

そこでまずは、ワーケーションを行う場所の選び方について、どのようなポイントに注目して選べば良いのかを紹介します。

行ってみたい地域から選ぶ

初めてのワーケーションで最初に重視したいのは、行ってみたい地域ややってみたいことです。ワーケーションは仕事ができればどのような環境でも良いわけではなく、休暇を楽しめる場所を選ぶことが大切になります。

自然を満喫できる場所、海辺の景色やマリンスポーツが楽しめる場所、行ってみたい観光スポットがある場所など、休暇の目的も重視して選んでみましょう。

ワーケーションプランのあるホテルから選ぶ

最近は、ワーケーションプランを提供するホテルも増えてきました。

無料Wi-Fiなどのインターネット環境やデスクが整備されているだけでなく、ワイヤレスイヤホンやプリンター、モニターなどワーケーションに役立つアイテムを貸し出すサービスを行っているホテルもあります。

さらに、1泊での利用はもちろん、割引が適用される連泊プランを提供しているホテルも多いので、長期滞在にもおすすめです。

支援制度のある自治体から選ぶ

ワーケーションは、働く人にとってメリットの高い働き方ですが、受け入れ側の自治体にも関係人口の創出や地域活性化といったメリットがあります。
そのため、様々な自治体でワーケーション誘致を目的とした支援制度を実施しています。

自治体のホームページでワーケーションに使える施設の紹介や、ワーケーションのためにかかる交通費や宿泊費の一部を助成したり、支援制度を活用することでお得にワーケーションを始められます。

ワーケーションの支援制度の詳細は自治体によって異なるため、ワーケーションで行きたい場所が決まったら、自治体のホームページなどで支援制度がないか調べてみると良いでしょう。

ワーケーション向け施設から選ぶ

ワーケーションができる施設としては、ホテルや旅館だけでなく、コワーキングスペースやレンタルスペースなどがあり、特に観光地周辺ではワーケーション向けの施設が数多くみられるようになりました。

また、よりリラックスしてワーケーションを楽しむなら、U-bokuなどの物件シェアサービスを利用するのもおすすめです。U-bokuは、最短3日間から古民家をはじめとした一軒家やマンションの1室などを貸切ることができる物件シェアサービスです。

敷金・礼金、保証金などの初期費用や面倒な賃貸契約手続きをすることなく、ホテルのような感覚で利用日数に応じた料金の支払いのみで物件を借りることができます。

物件には、インターネット環境やデスク、家具家電などのインフラも整っているため、パソコンさえあればすぐにワーケーションを始めることも可能です。

ワーケーションの場所選びでチェックしたいポイント

ワーケーションの場所選びでチェックしたいポイント
ここからは、ワーケーションの場所を選ぶ際に気を付けたいポイントを解説します。ワーケーションを行う施設選びの際に参考にしてみてください。

Wi-Fiなどのインターネット環境

ワーケーションを行うにあたって、最も重要なのはWi-Fiなどのインターネット環境が整っているかどうかです。仕事と休暇を両立させるワーケーションの場合、インターネット環境がなければ仕事が滞ってしまうケースも多いでしょう。

宿泊施設にインターネット環境がない場合や、インターネット環境がない実家に帰省してワーケーションをするという場合は、近くにあるコワーキングスペースをあらかじめ探しておくと安心です。

ビジネススペースの有無

ホテルなどでのワーケーションを希望する場合は、その施設にビジネススペースがあるかもチェックしておきましょう。

急なオンラインミーティングなどが入った場合、周囲の環境によっては騒音が気になったり、ミーティングがしにくかったり、不都合がある場合もあるかもしれません。

コワーキングスペースを利用するのも良いですが、ビジネススペースやワーキングスペースのあるホテルを選ぶと、急な仕事が入ったときにも便利です。

アクセスや周辺環境

ワーケーションは仕事のみのために行うものではありません。仕事も休暇もともに楽しめるかどうかが重要です。

そのため、ワーケーションの場所を選ぶ際は、静かで仕事に集中できる環境があり、少し足を延ばせば観光地へと気軽に行けたり、アクティビティなどを楽しめたり、仕事と休暇を両立できる場所を選ぶのがおすすめです。

ワーケーションをする場所で用意したい持ち物

ワーケーションをする場所で用意したい持ち物
ワーケーションの場所には、自宅から普段仕事に使っているアイテムを持参するのが良いですが、忘れ物をしてしまったら困りますよね。事前にチェックしておきたいワーケーションのための持ち物を紹介します。

モバイルバッテリー

ワーケーション中、どんな場所に居てもパソコンやスマートフォンで仕事ができるようにしておきたいという方は、モバイルバッテリーを持参すると良いでしょう。

複数の機器を同時に充電できるタイプやACコンセント付きタイプなど、自分のニーズに合ったものを選ぶのがおすすめです。

パソコンケース

ワーケーションには、仕事に必要なパソコンなどの荷物も用意する必要があるため、荷物が増えやすい傾向にあります。

そのため、電子機器などもすっきり整頓できる多機能なパソコンケースやポーチなどがあると便利です。パソコンケースを用意することで、周辺機器が持ち運びやすいだけでなく、安全に持ち運ぶことができます。

ノイズキャンセリングイヤホン

旅行先で仕事も行うワーケーションでは、自宅と違って騒音が気になる場所で仕事をすることもあるかもしれません。

ホテルによっては貸し出しを行っている場合もありますが、持ち物としてノイズキャンセリングイヤホンを用意しておけば、オンラインミーティングなどの際も重宝するでしょう。

膝上テーブル

宿泊施設の環境によっては、デスクが使用できずソファや座椅子などで仕事をするというケースもあるかもしれません。

そんなときは、膝の上でノートパソコンやタブレットを操作できる膝上テーブルがあると、姿勢を崩さずにリラックスして作業ができておすすめです。

ワーケーションの場所選びは物件シェアサービスを活用しよう

ワーケーションの場所選びは物件シェアサービスを活用しよう
ワーケーションの場所選びは、仕事ができる環境があることはもちろん、休暇を楽しむという目的も忘れずに、目的に合った場所を選ぶのがおすすめです。

長期滞在しながら落ち着いてワーケーションがしたいという方は、U-bokuのような物件シェアサービスの活用もおすすめです。海の近くや自然に囲まれた場所、観光地に近い場所にも物件があり、オンラインで申込み、決済を完結することが可能です。

また、コワーキングスペースなどよりも情報漏洩リスクが低いため、安心して仕事に集中することができるでしょう。ワーケーションの場所選びは、ぜひU-bokuなどの物件シェアサービスを活用してみてください。

ワーケーションについて詳しい記事はこちら

ワーケーションをする場所の選び方とは?用意したい持ち物も紹介
最新情報をチェックしよう!
WRITER