ワーケーションでおすすめな温泉地7選を紹介
  • 更新:2022年2月7日

ワーケーションでおすすめな温泉地7選を紹介

仕事の合間にバケーションを取り入れるなら「温泉に浸かりたい」と温泉好きの人は誰しもが思うのではないでしょうか。ここでは、北から南までの日本全国のワーケーションにおすすめな温泉の地域を7つ紹介します。

温泉とワーケーションの相性が良い理由とは?

温泉に浸かることで身体だけではなく脳のリフレッシュ効果まで期待できます。温泉の効果には大きく2つあり、体を温める温熱効果と温泉成分で体の不調な部分を癒す温泉治癒力が働いています。さらには、「総合的生体調整作用」が働いている事が医学で発表されています。この「総合的生体調整作用」とは、温泉に入って気持ちがリフレッシュしたり温泉地の雰囲気を楽しむことで発揮されている効果であり、自律神経やホルモン値を整える効果もあるのです。入浴後に仕事をすることで、デスクワークもいつも以上に捗りますね!

続いては、日本全国のワーケーションにおすすめな温泉の地域を7つ紹介します。

山形県湯野浜温泉(ゆのはまおんせん)

鶴岡市の中心地から車で25分の場所にある湯野浜温泉。湯野浜に広がる白い砂浜と海沿いに黒松がずらりと並んだ景色は美しく観光客を魅了します。湯野浜の歴史は古く、浜辺で亀が沸いた温泉湯で傷を癒していたことから過去に「亀の湯」と呼ばれていました。湯野浜は、古くからサーフィン発祥の地と言われており、江戸時代である1821年にまで遡ります。そんな歴史のある湯野浜海水浴場は夏になると毎年多くのお客さんで賑わいます。

長野県上諏訪温泉(かみすわおんせん)

東京から電車で2時間強、JR上諏訪駅から歩いて約10分の場所にあり、アクセス良好です。1日15,000キロリットルの湧出量を誇る温泉地として有名です。諏訪市内の至る所に足湯が設けられているので、観光しながら足の疲れを癒せるメリットも!温泉と一緒に諏訪のグルメである、鰻や手打ちそばもご堪能ください。日本最古の温泉保養施設であり、国指定重要文化財である「片倉館」の千人風呂は、ステンドグラスや周囲の彫刻、装飾がされており芸術的な温泉として評価されています。

長野県軽井沢温泉

都心から電車に乗って気軽にワーケーションする場所としておすすめの温泉地です。東京から新幹線で1時間とアクセス良好。JR軽井沢駅周辺には温泉施設が点在しているので、観光スポットを巡りながら疲れたら温泉に入るという過ごし方ができます。レストランやお洒落な雑貨屋さんが立ち並ぶハルニテラスや軽井沢高原協会などを巡ってアートな観光スポット巡りが楽しめます。途中、温泉施設に行くなら「星野温泉 トンボの湯」がおすすめです。木のテクスチャーを基調としたお洒落な建物で雰囲気がよく、飲泉ができる新鮮な温泉湯が流れています。

神奈川県箱根湯本温泉(はこねゆもとおんせん)

「箱根二十湯」と言われるほど数多くの温泉施設があり歴史も古く、箱根湯本温泉の開湯は奈良時代にまで遡ります。箱根町も東京から、小田急ロマンスカーを使って1時間10分とアクセスが良く、手軽に行きやすい温泉地です。小田急駅から温泉街である箱根湯本駅まで箱根登山電車を使い四季折々の山の風景を楽しむ旅もおすすめ。芦ノ湖という神奈川県最大級の大きい湖は、晴れの日には富士山が綺麗に見えます。芦ノ湖周辺にはキャンプ村があるのでアウトドアが好きな人は温泉に加えてキャンプも一緒に楽しむ事ができます。

箱根町のおすすめ宿泊施設「ROUTE99」

完全に一軒家貸切の別荘です。元箱根にある一棟貸切テラスは、BBQパーティにも最適。
最大14人(最適は8〜10人)で利用でき、バーカウンター、バーベキューができるテラスが付いています。チーム合宿やご家族での利用に最適です。

和歌山県白浜温泉(しらはまおんせん)

白浜町は和歌山県の南岸にあるリゾートタウンです。南紀白浜空港から車で10分とアクセスが良いので全国各地から観光客が多く訪れます。自治体の取り組みによる、企業のワーケーション誘致、IT系のサテライトオフィスやワーケーション施設の設備強化が行われている町です。海岸沿いには温泉施設が点在し、広大な浜辺を見ながら入浴を楽しめる施設が多くあります。また、白浜町内には足湯を楽しめる場所が点在しており、休憩がてら温泉湯を楽しめます。

白浜町のおすすめ宿泊施設「リゾート&ビジネスホテル銀翠」

こちらは、白浜駅より車で10分。ホテルの目の前には観光地・海水浴で有名な白良浜(しららはま)が広がっています。また、温泉施設とコンビニも目の前なのでワーケーションの合間のちょっとした休憩で利用するのに便利ですね!気分転換に浜辺を散歩するのもおすすめです。

静岡県伊豆温泉

伊豆温泉は、エリアが広く「東伊豆」「中伊豆」「南伊豆」「西伊豆」と4つの伊豆エリアが分けられています。オーシャンビューの温泉、富士山を望める温泉地、静かな自然に囲まれた温泉地、歴史的文化を感じる温泉地と、温泉地のテーマが豊富なのであなた好みの温泉ワーケーションが叶う場所です。東京から手軽に新幹線で行きたいなら熱海や伊東がある「東伊豆」エリアがおすすめです。熱海には新幹線で40分程度で行くことができます。

東伊豆町のおすすめ宿泊施設「地中海風別荘」

完全に一軒家貸切の別荘です。オーシャンビューのお洒落なお部屋で、天気の良い日には水平線の向こうに大島などの伊豆諸島を臨むことができます。最大6人での利用が可能で平日5泊6日プラン¥25,000円。クオリティが高くありながらコスパが良く人気の物件です。

大分県別府温泉(べっぷおんせん)

地獄の湯で有名な別府温泉は、別府市内中に温泉街が広がる九州最大級の温泉地です。新幹線で別府駅に到着すればすぐ温泉街を楽しむ事ができます。別府温泉は「別府八湯」と言われ、別府・明礬・堀田・柴石・鉄輪・観海寺・亀川・浜脇と分かれています。湯けむりがもくもくと街中のあらゆる箇所で立っているのが特徴です。おすすめは、明礬温泉の「岡本屋旅館」。お湯の色が綺麗なミルキーブルーで、硫黄成分が大変多く含まれており肌触りの柔らかなお湯です。浴場からはアーチ橋の景色が堪能できます。「別府八湯」の湯にはさまざまな種類・効能があるので事前に下調べをして好きな温泉施設を決めて巡るのがおすすめです。

別府市のおすすめ宿泊施設「Calm house Beppukitahama」

JR別府駅から徒歩10分以内にあるカジュアルテイストな遊びごごろあるお部屋です。駅前は趣のあるお店や飲食店が並び、アーケード商店街はレトロでお洒落な雰囲気を醸し出しています。宿の周辺には温泉施設が多く点在するので、温泉巡りをするのに最適なお部屋です。

温泉地のワーケーションは宿泊サイトU-bokuがおすすめ

平日5泊6日限定の宿泊サービスU-bokuですが、最近では1泊2日プランもリリースされており気軽にワーケーションを体験しやすくなっています。全国各地のお部屋を取り扱っているので、温泉地でワーケーションをする際に、ぜひ活用してみてください!

ワーケーションでおすすめな温泉地7選を紹介
最新情報をチェックしよう!
WRITER