小田原ワーケーションでイベント参加者募集中!四季折々の自然を満喫
  • 更新:2022年5月11日

小田原ワーケーションでイベント参加者募集中!四季折々の自然を満喫

リモートワークが普及した近年、仕事と旅を掛け合わせた「ワーケーション」が注目され、ワーケーション先として選ばれているのは、「都市圏に近い自然豊かな場所」。

その中でも、東京から最短30分の距離にある「小田原」は、候補地として多くのリモートワーカーから選ばれています。

小田原が選ばれている理由は、こちら!

選ばれているポイント

①良好なアクセス
新宿から特急ロマンスカーで最短59分、東京から新幹線で約30分

②自然豊か
海も山もある自然のいいとこどり

③観光コンテンツ満載
城下町としての歴史・文化など、多くの観光コンテンツが集積している

④海の幸や農産物グルメ
旅に欠かせない地元グルメである海鮮類が豊富で、野菜が多く採れる

このように、ワーケーションに好環境である小田原では「小田急電鉄」が主体となり、「小田原ワーケーション」という名で、5月31日まで実証実験を実施しており、それまでの間、ワーケーションにちなんだイベントを開催しています。

この記事では、

・小田原はどんな場所なのか
・小田原でワーケーションを通して体験できること
・小田原ワーケーションで行われるイベント

この3点を中心に小田原×ワーケーションの魅力を紹介します。

小田原ってどんなところ?

都心からのアクセスが良く、自然と観光コンテンツが満載の小田原の特徴を紹介します。

海と山に面している

小田原市の南西部は、箱根連山と呼ばれる山々が、東部には曽我丘陵と呼ばれる丘陵地帯が広がります。

また、栢山や、国府津・曽我丘陵をウォーキングしていると西側に富士山を見ることができます。

市の中央には酒匂川が南北に流れ、南部は相模湾に面しています。

夏は涼しく冬は暖かいという気候でもあり、明治時代から現在まで保養地として多くの著名人から一般人までに愛されてきました。

城下町が広がる

小田原は、後北条時代に関八州に号令する要地であり、明治になるまで、城下町として、東海道五十三次の屈指の宿場町として、小田原城を中心に商業・文化が栄えました。

現在も市内外に遺跡が点在しており、歴史を感じる街並みが一部残っています。

新鮮で豊富な食材がある

相模湾ではイワシ、カツオ、アジなど海の幸が獲れ、農地では、温暖な気候を活かしてみかんが栽培されています。

朝どれの新鮮な食材が手に入り、地元の食材を使用した飲食店も多くまちなかに点在します。

小田原ワーケーションでできる体験

こちらでは、小田原でできる自然豊かな環境と特産物にちなんだ体験を紹介します。

柑橘狩り体験


柑橘狩りが出来るイベントをご用意しております。

もぎたての柑橘はここでしか味わえない美味しさ!

グルメを堪能

小田原漁港で地元の海鮮類を味わうことができます。

「漁師の浜焼あぶりや」は、海鮮焼きランチがおすすめ。

なみのこ村では、食材を「湘南メンチ」から調達でき、手ぶらBBQが楽しめます。

森林の自然を感じる体験


森の生態系やサバイバル術を学ぶワークショップを開催しています。

サバイバル術や、食べられる植物、害虫・害獣対策に関する座学は新鮮。

久野字舟原のヒノキ林では、森林伐採体験が可能。

チェーンソーで木材を切ることでストレス発散!

男女問わず楽しめて、ランチも体験についているので、お昼の心配なしです!

まち歩きツアーに参加


ガイド付きの小田原かまぼこ通りのまち歩きツアーでは、かつて北条氏の時代から「船方村」と呼ばれ、多くの漁師が住み相模湾の恩恵を受けて栄えた歴史を感じながら、海の香りが漂い、漁師町風情残す「小田原かまぼこ通り」で美味しい食べ歩きをお楽しみください。


また、小田原は夜になると繁華街が盛り上がりを見せます。

夜のまち歩きツアーに参加すると、ケントスコーヒーの店主と夜のまち歩きをするツアーで、ディープな小田原を紹介してもらえます。

街中でカフェ巡り


小田原の街を歩きながらカフェをはしごするのもおすすめ。

ワークスペースが充実しているカフェが多くあります。

小田原にはワークスペースがいっぱい!

小田原市内には、市街地から観光スポットまであらゆる場所にワークスペースが点在します。

森の中や、海の眺めの良い場所、城下町内のカフェなど様々なジャンルのワークスペースがあります。

野外で作業をする人も多く、浜辺でパソコンを広げて作業する人もちらほら。

小田原市内を移動しながらワークスペースをはしご利用するのもおすすめです。

以下、おすすめのワークスペースを一部紹介します。

CAFE SANNOMARU

1階はカフェで、2階の席は集中して作業ができそうなスペースになっています。

電源もWi-fiもあって便利。

なみのこ村

バーベキュー後の、仕事に最適!

開放的な空間で考え事をすると新たな発想が生まれそうですね。

小田原ワーケーションイベントの参加者募集中!

小田原ワーケーションのイベントのうち、小田急電鉄主催のワーケーションイベントを紹介します。

まだ、ワーケーションをしたことがない人もこの機会に参加してはいかがでしょうか?

【2022年5月21日と28日開催】ひだまりワーケーション

城下町の雰囲気を楽しみながらワークした後に、小田原の食やお酒を堪能できる小田原の魅力が詰まったイベントです。

♦︎おすすめPOINT

✓城下町の雰囲気を感じるなりわい交流館・広場でワーク
✓小田原かまぼこ通りをまち歩き
✓おでん・海鮮浜焼き・神奈川県13蔵の純米酒などを堪能

 

【2022年5月28日開催】海が見える絶景コワーキングdeワーケーション!

海が見える根府川のコワーキング施設「U(ユー)」を6/1の正式オープン前に先行利用できます。

そこで、仕事作業をしながら地元の人や参加者同士の交流をしていただきます。

一緒にランチしたり、地元の名産品を軽食として用意した交流会なので、地元グルメを味わいながら仕事関係の交流もできて一石二鳥なイベントとなっています。

♦︎おすすめPOINT

✓6/1に開業する根府川のコワーキング施設「U(ユー)」をオープン前に先行利用!
✓ 海が見える絶景コワーキングで集中して作業
✓地元の人や参加者同士の交流
✓ 地元の名産を味わう(昼食付き)

 

小田原でワーケーションした人の声

実際に小田原でワーケーションを体験した人の声を紹介します。

「地域の方々や他の参加者との交流で新たな発見があった」

 

「参加者との交流を通じて、人脈が広がった」

 

「街歩きを通じて、今まで知らなかった地域の魅力をしることができた」

 

「ワーケーションを通じて、自然豊かで食事も魅力的な小田原が好きになった」

 

「小田原へまた来たいと思うようになった」

 

次、ワーケーションするなら小田原に!

山も海も好き!

自然の中でリフレッシュしたい

いつもと違う環境で仕事したい

オフの時間を充実させたい

人や地域に関りたい

全て、小田原で気軽に体験できます!

小田原でワーケーション計画を立ててみませんか?

\こちらをチェック!/

小田原ワーケーションでイベント参加者募集中!四季折々の自然を満喫
最新情報をチェックしよう!
WRITER